しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

カテゴリ: エリアリンク

売上 169.08億(-1.5%)
営利   19.35億 (
-27.2%)
利益   11.42 億 (
-26.3%)
粗利率 28.21%(前期29.54%)
純資産 152.83億(
+4.5%)
自己資本比率 64.2%(前期75.7%)
ROE 7.6%(前期11%)
EPS 93.06円(-26%)
配当金 39円(+0%)(配当性向41.9%)
コンテナ+トランク 70651室(+16.57)    

今期予想
売上 194.47億(+15%)
営利  22.54億(+16.5%)
利益     13.53億(+18.5%)
EPS 110.31円(+18.5%)
配当金 40円(+2%)(配当性向36.3%)

終値 1373円(2017年2月17日)
今期PER 12.45倍(今期連結予想)
今期配当利回り 2.84%

減収減益ですが売買案件の反動なので問題ないかと。
コンテナなどのストックは順調です。
数字で気になるのはROEが低くて気になります。
商業開発のように底地ビジネスもやっているんですね。

日本管理センターが決算後の暴落からの急騰です。
ほっとしてます。
商業開発と入れ替えしようか思案中です。






昨日もM&Aキャピタルは絶好調ですね。今日は利益確定の売りで大きく反落するかと。
急騰は売り時が本当に難しいです。
ストライクとのPERの差が修正されることを祈るばかりです。
FPGは予想に反して下落でした。買い増ししようか思案中です。日本管理センターでは上手くいったので。

エリアリンク第3Q決算短信

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120161027422356.pdf


売上126.55億(-12.1%) 進捗率75%
営利   15.46億(-38.8%)    92%
利益     9.87億(-35.4%)        90% 
11月1日終値1223円
今期PER13.75倍(EPS88.9)
今期配当利回り3.18%(配当金39円)

進捗率高いですが、第4Qは3期連続で大きく落ち込んでいるので通期では発表通りという
感じです。
決算を受けて少し上がってます。 
決算発表のたびに買いたくなります。


 

決算ラッシュはどきどきですね。これも株式投資の楽しさの一つかと。
エリアリンクは決算発表好調です。配当も33円から39円と増配も合わせて発表になりました。

売上88.5億(-20.3%) 進捗率52%
営利12.23億(-44.1%)    73%
利益  7.88億(-40.2%)    72% 
今期PER13.66倍(EPS88.9)
今期配当利回り3.2%(配当金39円)


 
日程進捗率から見て、上方修正は固いですね 笑。何か減損あるかも知れないですが。
トランクルームもこの1年で12%も増えています。
http://www.arealink.co.jp/images/news/937_989_1.pdf?20160731081904
稼働率も高水準で推移しているので、こういったストックビジネスは安心して見てられます。 

 

先週は少しだけ残っていたAITを全て売却し、トランクルーム大手のエリアリンクを打診買いしました。
結局また不動産関連銘柄です。なんだかんだ好きなんでしょうね。
買った途端に下げたのはお約束ですが 苦笑。
何度かこのブログでも書かせていただいたトランクルームの将来性とエリアリンクの内容を見てです。

2015年12月決算
売上 171.73億(前年比-5.2%)
営利   26.57億(+18.9%)
利益   15.5億(+0.6%)

2016年12月決算予想
売上168.06億(-2.1%)
営利  16.75億(-36.9%)
利益  10.91億(-29.6%)
EPS  8.89円
配当 3.3円(配当性向37%)

終値122円(6月10日)で計算すると
PER 13.72倍
配当利回り 2.7%

今期見込みが減収減益なのは前期の決算に収益物件の販売が大きく寄与したとのことだそうです。
見た目悪いので、このPERかと思いますが、それでも日本商業開発の7倍よりは全然高いです。

決算動画は個人的にはすごく良かったです。
http://www.irwebcasting.com/20160215/5/a4198189d2/mov/main/index.html

日本商業開発が不動産のフロービジネスなので、エリアリンクがストックなのはバランスが取れていいかも知れません。(勝手にそう思いたいのかも知れません)
機関投資家・アナリスト向けの決算投資家向け資料がアップされていました。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=31076&code=3252

マイナス金利で利回り商品にもっともっと資金がつくと予想していますが、実際どうなんでしょうね。
気長に待っていたいと思います。








 

先日ある投資物件の提案がありました。
借地に置いたトランクルーム仕様のコンテナです。
場所はバラバラで関東・北陸・東海などなど。
一部上場企業の10年前後(物件の土地の契約により異なる)の約10%の利回り保証付きです。 

一部上場企業の保証付きとはいえ借地に置いたコンテナで土地が契約満了で終了するリスクもあるし、
そもそも郊外や地方でそんなにトランクルームのニーズがあるのか?と思って保留にしていましたら、あっという間に完売してました。トランクルームは地方とはいえなかなか適地物件が見つからないそうです。
コンテナだけの投資なので償却が取れるのも大きな利点だそうです。
そんないい物件が売り出しされた理由は、決算対策の益出しとのこと。

同じく借地にバーベキューをやっているところの権利だけ(運営はもとの所有者がやるとのこと)という案件もありました。これも上場企業が一部買ったとのこと。

土地建物の所有と運営の分離は星野リゾートはじめよく聞きますが、借地での上物だけの所有と運営を分けて投資商品にしているのは、新たな市場なのか時代の仇花なのか、どっちなのでしょうか。

以前ブログにも書きましたがトランクルーム(ストレージ)市場は面白いかもしれません。
http://shin1111.blog.jp/archives/1035482569.html

 

NY大きく上げたので期待しましたが、9時すぎ現在はあまりパッとしませんね。

「なちゅの市川投資綜合研究所」さんが我らが日本商業開発の記事を書いていたので、リンクしておきます。
http://ameblo.jp/mtr-cyberbranch/entry-12054377883.html

不動産が凄い勢いで売れてます。
エリアリンクも販売用不動産が売れて大幅上方修正してます。
http://www.arealink.co.jp/images/news/856_858_1.pdf?20150728073202 
同じくサンセイランディックも
http://www.sansei-l.co.jp/files.php?id=000410

一昨日ランチしてた不動産投資をしている友人も、利回り6%でも物件がなくて厳しいといってました。
民主党政権のときは15~20%前後の物件も結構あったので、隔世の感があります。
もっと買っておけばよかった 笑

僕が年始に手放したスターマイカあたりも販売用不動産を大量に持ってるのでおもしろいかも知れません。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3230.T&d=1y

昨日ランチした友人はなんと福島のトランクルームで利回り40%出してるといってました。
土地を借りて、中古のコンテナ置いてるだけみたいです。
さすがにもうそんな土地は出ないといってましたが。
調べてみると結構投資物件としてもあるんですね

エリアリンク社長のブログを見ると、ストレージ業界(米国ではそう言うらしいです)は米国ではかなり規模もあり進んでいるようです。
http://www.arealink.co.jp/seeahead/2014/12/index.html?see_ahead_id=1064

エリアリンク以外でも上場企業調べてみると三協フロンテアという会社もあるんですね。
トランクルームは一事業部ですが。
http://www.sankyofrontier.com/

売上上位企業調べるとこんなブログが出てきました。
http://careerconnection.jp/biz/studycom/content_769.html

TOPのキュラーズがIPOしたら、ぜひ!検討したいですね。
http://www.quraz.com/
 

↑このページのトップヘ