しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

カテゴリ: 検討銘柄

ソフトバンクが最近大きく投資したエヌビディア(NVDA)が最近かなり気になってます。
4ヶ月くらい前にバロンズで特集されてるときに気になっていたので投資していれば 笑。

チャート画像


友人がテスラに乗っていて、東名高速を運転席無人で運転している動画を見せてもらいました。
高速道路を運転中はほぼ寝てるかスマホを見ているとのこと。
日本では本来違法ですが。自動運転はそこまで技術的にきています。
助手席に乗った友人が人間が運転しているほうが怖いといってました。
そういった話を聞いているとフォードを時価総額で抜いたのもあながちバブルとは思えないです。

AIの本命のひとつはは画像技術でひとつは自動運転、そしてもうひとつは医療、これも先日ニュースになっていました。
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17210340R00C17A6TJ2000/
時価総額9兆でPER48倍  高いような安いような 苦笑。

バークシャー株のレポートが出てたので、紹介しておきますね。
http://jp.wsj.com/articles/SB12741019684339324672104583160202246026538



レオス・キャピタルワークスの大量保有報告に出てたコインランドリーのWASHハウス。
新規上場ほやほやです。

企業HP
http://www.wash-house.jp/

数字のメモ
12月16日終値4870円
時価総額 158億
今期EPS 61.52円(前期76.42円)
今期PER 79.16倍
今期配当  16円
今期配当利回り 0.3%

チャート画像


ビジネスはコインランドリーのFC展開。本社宮崎を中心に九州エリアから関東・関西に広げています。
以前コインランドリービジネスは儲かると聞いたことがあり周りでも共働き世代を中心に結構ユーザーが
いるので、非常に興味深いですがいかんせん株価が高いです。

12月決算なので年明けの決算発表で株価低迷するようであれば、前向きに検討したいと思います。






 

本屋に立ち読みしたマネー雑誌(確かZAI?)で紹介されてた銘柄です。

PER2.94倍!にびっくりして少し調べてみました。
http://www.jasset.co.jp/
ドンキホーテのグループ会社。もとは不動産オークションサイトのジアースだったようです。
当時は美輪明宏さんのCMがかなり話題になってました。 

ドンキグループの入居物件をひたすら買って、管理運営している会社のようです。
ドンキの低迷ベンチャー買収からの業態転換 は以前sakiさんから教えてもらったアクリーティブを彷彿させます。

業績も順調なのに無配ですし、わざわざ上場しているグループ会社に物件を譲渡している意図がわからないのでちょっと簡単には手が出せない銘柄です。 

しかし円安がすごいスピードです。画像はこの10年の円・ドル推移です。

 

持株の凄いニュースが飛び込んできました。
M&Aキャピタルパートナーズ 同業のレコフ買収
http://www.ma-cp.com/pdf_files/20161024150107fbb79.pdf
どこまでいくか明日楽しみです。増資は必至かな 苦笑。

ウエルズ・ファーゴの不祥事のニュースを見た時に、アメックスの不祥事で暴落した株をバフェットが買って大儲けしたエピソードを思い出しました。
不祥事でBSは痛みましたが、稼ぐ力は変わらないとの判断でした。

最初はこのエピソードでウエルズ・ファーゴの投資を検討しましたが、企業文化にかかわる不正だとPCデポの二の舞の可能性もあり(また安値が恒常的との確定ではありませんが)、他に不祥事企業で株価が軟調な株がないかと考えクックパッドにいきつきました。

クックパッドのようなプラットフォームビジネスはもともと好きで、BtoB BtoCともにまだまだユーザーの伸びしろがあるしクロスセルの可能性も高いと考えます。
あとはこの本を読んで、ビッグデータとしての可能性も高いと思い、軽く打診買いしてみました。
昨日ツイッターで株主優待の改悪という情報が流れていて、今日は下がると思ったことも背中を押しました。

購入単価998円  前期EPS37.53円 PER26.6倍




いくつか持株のニュースがあったので、合わせて付記しておきます。

日本商業開発 ケネディクスリートに売却
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/nfmnews/15/101701846/

日本管理センター                                  保有割合
提出者:みずほ信託銀行                           8.19%(+2.11%)




 

ソフトバンクがみずほ銀行と組んでAIによるローン会社を設立しました。
これにからんだ東洋経済にでているソフトバンクが出資しているSoFi(ソ-ファイ)、面白ろそうですね。
http://toyokeizai.net/articles/-/136465


リクルートが最近発表したBtoB向けローンサービスも、飲食店向けPOSレジのエアレジで集めたビッグデータをAIで解析してスコアリングするモデルかと。

クラウド×ローンのレンディングクラブに投資して痛い目見たのですが、AI×ローンの会社には懲りずに投資したいです。

PS
先日上場企業のオーナーと話す機会がありました。個人資産管理会社で持ってる不動産をかなりの割合で売っていて、そのうちの物件のひとつは3年前に9%の利回りで買った物件を最近6%でリートに売ったとのこと。それだけで二桁億のキャピタルゲインだそうです。うらやましい!
銀座もピークからかなり落ちているみたいです。

金融緩和がさらにきてるなかでの、不動産市況の減速。持株にどういう影響があるのか悩ましいです。
経済減速する中で日本の金利上昇はないと予想しますが、引き続き注視はしていかないとですね。

 

FBで主要ネット系上場企業時価総額がシェアされていて155社のランキングをながめていると、意外な企業が上位にあり、びっくりしました。

40位 ブランジスタ 806億
http://www.brangista.com/ir/


 チャート画像

チャートを見るとすごい急騰です。
以前保有していたネクシィーズの子会社で電子書籍をやってることぐらいしか知識がなく、
業績を調べてみると

今期売上28億 営利5億

近藤社長のブログを見ると、
http://ameblo.jp/kondotakami/entry-12152180071.html
時価総額900億から20億まで下がり、2社合計で過去最高値の900億を超えたと書いてありました。
ネクシィーズ単体でも約220億あります。ブランジスタの持株比率が約半分あるので、その観点から見れば超割安です。

チャート画像

「代理店事業はもうやりません」
過去の事業の変遷から見ると、大きな構造改革をしていました。

時価総額1000億とは営業利益で100億クラスの会社なので個人的にはバブルの匂いを感じますが、近藤社長の経営方針には共感します。

テーマ株(電子書籍)で流通量の少ない株は値動きが魅力的ですね。
売りが下手なので、手が出ないですが。






 

NYは小幅続伸でしたね。

昨日書いたエーアイティーを少しネットで調べてみました。

アナリストレポートを見つけました。
http://www.holistic-r.org/c_info/9381/index.html

 2010年なので、5年前ですね。このレポートを見ると日経ビジネスのインタビューとの相違がいくつかあります。
主な取引先が大手だと書いてあります。ニッセン、三菱商事、伊藤忠商事などなど。念のため新規公開時の目論見書をチェックしてみると、ニッセンが取引の15%だと書いてあります。

ただ取引先数をチェックしてみると、

2009年 2210
2010年 2398
2013年 3241
2014年 3278
2015年 3483 

となっているので、インタビューのほうがあってそうですね。
多分アナリストレポートの時は、 大手との取引を出したほうが信頼を得られると思ったのではないでしょうか。
この取引先数の伸びは100人の営業部隊による、どぶ板営業だと予想できます。

競合もないとのことでしたが、レポートを見ると内外トランスラインとありました。
https://www.ntl-naigai.co.jp/guest/index.do
アナリストレポート(会社が発注)もありました。
http://www.sharedresearch.jp/ja/9384
両社の社員クチコミの比較したものもありました。
http://www.vorkers.com/a0910000000Frvb/compa/a0C1000000TYfta/

内外トランスラインを調べてみると、エーアイティーの強みであるコンテナ一本にも満たない小口の直取引は少ないとありますね。それらを取りまとめている小さな代理店との取引が多いようです。
昨日はブログで独占型(参入障壁が高い)と書きましたが、全くの間違いでしたね。中小・零細しかない市場に大手が乗り込んでいってどんどんシェアを取っているという図式ですね。中小零細の参入は容易でも、大手は今さら参入してこないでしょうね。手間と市場規模で。

レポートの最後に2010年当時のPER比較が掲載されています。
エーアイティー     7.3倍
内外トランスライン    8.5倍

内外トランスラインのほうがPER高かったんですね。現在は業績に格差がついて逆転してますが。
同じ業界で同じビジネスモデルでも、経営力でここまで差がつく典型的なケースですね。バフェットが優れた経営チームかどうかを最重要視するのも納得です。


このブログで相互リンクしているゆうゆーさんと割安株投資研究所さんがともに2013年に銘柄分析をしていました。
http://yuyutoushi.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
http://maropiko.hatenablog.com/entry/2013/05/22/233517

当時からブログは読んでいたのですが、そのときは全く刺さらずスルーしていました。苦笑
ゆうゆーさんのブログを見ると、その後にすぐにエーアイティーを売ってアサンテに乗り換えてますね。
この2年のパフォーマンスを見るとアサンテのほうがいいですが、業績は圧倒的にエーアイティーなのでここが株の難しいところです。

最後にバフェット的にエーアイティーを分析したサイトを紹介しておきます。
http://matome.naver.jp/odai/2138414902578367201






 

ブログ更新少し間があいてしまいました。
ネタがないとなかなか書きづらいですね 苦笑。

今週の日経ビジネスの表紙はガンダム。僕はおもいっきりガンダム世代で今だファンなので特集楽しみにしていましたが、内容はなかりいまいちでした。ガンダムビジネスの考察かと思いきや、ガンダムから経営のヒントを得るというかなりこじつけっぽいものでした。残念!

先週から日経ビジネスで「連続増益企業」というシリーズがスタートしていて、今週取り上げられているエーアイティーという企業が素敵だったので、紹介させていただきます。13期連続増益!
http://www.ait-jp.com/

ビジネスは日本・中国のコンテナの小口配送。
コンテナ一本も荷物のない中堅・中小に特化。大手が出てこないニッチ市場で圧倒的なトップ。

市場が大手が出てくるほどないけれど1社であれば充分すぎるほどあって、独占できる商売は高収益を享受できるので投資家的には最高だと思います。バフェット銘柄でいえばローカール新聞みたいなものですかね。

決算説明資料も良く出来てます。
http://www.ait-jp.com/ir/setumei/pdf/201504101630054872.pdf


(2015.2)
粗利 23%
売上高営業利益率 7.5%

配当性向もすごいです。
15年2月     93%(記念配当込み)
16年2月(予定) 50%

一株利益も順調です。
2011年   30.55
2012年   32.84 (対前年7.5%アップ)
2013年   40.70 (23.9%)
2014年   47.29 (16.2%)
2015年   53.88 (13.9%)
2016年   59.12 (9.7%)

10月9日終値1007円で
PER17倍
配当利回り 3%

ブログのネタのためにももう少し銘柄あったほうがいいので、少し買ってみようと思います。











 

戻り早いですね。
金曜に1601円で管理センターの買戻しを実行して 、これでほぼ前回売った株数を買い戻しできました。
今回の売却・買戻しの結果は以下となります。

平均売却価格 2217円
平均買付価格 1756円


ホリスティック企業レポートから管理センターの最新版がアップされてましたので、紹介しておきますね。
http://column.ifis.co.jp/wp-content/uploads/2015/08/3276150828.pdf

レポートを読むと、下記文章があります。

今後 15 年 1 月の相続税改正による不動産流動化の促進が見込まれる ことから、下期はサブリース戸数の積み上げとイーベスト事業を拡大 させる方針である。 

ちょうど読んだタワーマンション節税で有名な沖さんのでも、相続税市場は30年続くとありました。








この恩恵を受けている銘柄のひとつが日本M&Aセンターでしょう。

チャート画像


8月28日終値4875円  発行株数3999万株
時価総額1949億

今期
EPS 110.28円
PER 44倍
配当金 39円
配当利回り 0.8%

同業のM&Aキャピタルパートナーズ

チャート画像

8月28日終値1954円  1324万株(8月31日で2分割)
時価総額258億

今期
EPS 59.52円(第3四半期決算見るとEPS110.05円で2分割すると)
PER 32倍
配当金 0円

事業承継は間違いなく急増します。
広義の意味ではFPGも相続税銘柄だと思ってます。同族経営の場合、次の代に株を引き継ぐタイミングでのオペレーションリースは有効ですからね。









 

注目している成長市場の筆頭にクラウドサービスがあります。
サーバーを提供するAWS(アマゾン)のようなサービスではなくソフトウエアそのものを提供する会社に強く魅かれます。

MarketHackさんで紹介されていたエリー・メイは興味ありますね。
http://markethack.net/archives/51975489.html

住宅ローン審査をサポートするクラウドで顧客は金融機関のローン担当者です。
一審査あたり7ドル節約できるとのこと。



チャート画像


5年で8倍ですね。
実績PER151倍なので、今はちょっと手が出ないです。

既存ビジネスからクラウドに転換して大成功した例でいうと、グラフィックソフトのアドビがあります。

チャート画像

こちらも順調ですね。
実績PER159倍です。クラウドバブルですね。

マイクロソフトがクラウドに移行してますが、まだ株価は様子見ですね。

チャート画像

日本株でクラウド転換組みだと、サイボウズでしょうか。
業績ついていってないので軟調ですが、セールスフォースの対抗馬「kintone」(筋斗雲をかけてるそうです)次第ですね。結構売れてるみたいです。
https://kintone.cybozu.com/jp/

チャート画像


経理システムのオービックもクラウドサービス初めてます。まだ業績の寄与はほとんど無いですが。

チャート画像


経理システムのクラウドの大本命はまだ未上場ですがfreeeでしょう!
http://www.freee.co.jp/
元グーグルの方が創った期待のベンチャーです。
中小向け経理ソフトは早晩壊滅すると思います。

大きく資金調達しているので、IPOしたらぜひ!買いたい銘柄です。最初は加熱してPER100倍とかいきそうですね。時期にもよりますが。証券会社と仲良くして公募手に入れたいですね。

先日IPOしたBOXはさえないですね。

チャート画像

まだ赤字で最初の期待が大きすぎた反動でしょうね。赤字縮小したら検討したいです。

クラウドビジネスは不動産でいえば賃貸業でしょうか。最初の投資が大きく投資回収までは赤字ですが回収終わったら売上のほとんどが粗利ですからね。AWS(アマゾン)も気がつけば四半期で営利2.65億ドル(330億円)ですから、通期で1300億まで来てます。
http://markethack.net/archives/51963395.html






 

いつもコメントをいただくsakiさんから教えていただいたアクリーティブの自分なりの見解を書いてみたいと思います。
http://www.accretive.jp/

聞いたことない銘柄だと思ってたらフィデックが社名変更してました。
フィデックのときは何度か投資を検討したことがありました。

ビジネスモデルは支払いサイトの長い 会社の代わりに、手数料を払えばすぐに現金化できるという貸金業だと理解してます。
以前電通さんと取引していて300万以上はサイトが120日で、すぐに現金化したい場合にはグループ会社のファクタリング会社がありますと言われ、 ちょっとびっくりしたのを思い出しました。

アクリーティブは電通がドンキホーテに代わった感じですね。
ドンキホーテのように支払先(仕入れ先)が多い会社には経理業務を軽減化するメリットがあり、
http://www.accretive.jp/service_shiharai_merit.html
仕入れ先は簡単に売り掛け債権を現金化できるメリットがあるサービスです。
 http://www.accretive.jp/service_nonyu_merit.html
 
sakiさんのコメントにあったインバウンド向けサービスの「外貨によるレジ精算サービス」
http://www.accretive.jp/pdf/ir_release/20150217_gaika.pdf
間違いなくニーズはありそうですね。
ただ利益貢献がどれぐらいあるかが、まだ見えないですが。

数字をメモしたので、表記しておきます。

      売上    営利    営業CF   経常   当期利益   
2010 109億   0.74億  4,5億   1.1億  -34億
2011 119億   3.3億   -16億   3.6億  -22億
2012 134億   7.5億          7.8億   7億
2013 138億   9.3億   20億    9.8億   8.5億
2014 158億   11億    4.5億   11.4億  11.8億
2015 181億   14.5億  26億    14.9億  14.6億
2016(予定)    15.7億  -4.4億  16億    15.3億

      粗利    販売管理   純資産    負債    自己資本比率
2010 20.3億   15.7億   16.2億  169億    8.4%
2011 22.2億   15.5億   12.9億  156億    7.3%
2012 26.2億   15.4億   20.1億  153億    11.3%
2013 28億     15.9億   28.2億  175億    13.9%
2014 29.3億   16.2億   39.6億  157億    20.2%
2015 33.4億   17.3億   54.3億  154億    26%

          EPS     BPS        配当金
2013     19.69円  65.13円      0円
2014     27.38円  92.39円      0円
2015     33.96円  126.66円    2.3円
2016(予定) 35.7円                               2.9円

大きな懸念点としては、

■いまだ親会社のドンキの比重が半分と高い
■新規事業の外貨レジサービスの収益の寄与が見えない
■配当が極端に少ない

のと一番はPER22倍と見かけ上は妥当ですが過去の累損で当期利益がかさ上げされているので、実態は40倍近いのでちょっと投資するには危険水域かと。

合わせて教えていただいたネクステージ
http://www.nextage.jp/
IRのページにあるフィスコのレポート見ると面白そうですね。
http://www.fisco.co.jp/uploads/nextage20150223.pdf

PER10倍と成長株としては破格に低いですが、前回業績悪化の原因としている消費税増税がもう一回あることを考えるとその影響が読みにくいですね。
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/31860/232746e0/070b/4251/b939/4df04839866e/20150119173703958s.pdf

また聞きですが欧州では中古車販売業は存在しないそうです。
消費税にあたる付加価値税が欧州は20%以上と高く、中古車はほとんど個人間売買らしいです。

中古ビジネスは間接税に大きく影響を受けるんですね。
















      

 

満を持してゆーゆーさんに相互リンクをお願いしたら、早速対応していただきました。
おかげさまで来訪者も過去最高です。
ゆーゆーさんありがとうございました!

エンジャパン 上方修正ですね。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120150727459801.pdf
ディップもすごいので、求人は絶好調ですね。

米国ベンチャーのゴープロの戦略がすごいです!

ゴープロはビデオカメラメーカーです。こんな動画が撮れます。
http://matome.naver.jp/odai/2136687651346574701
 
撮った動画を充電中に自動でクラウド上に保存し、編集も簡単にできるような構想があるそうです。
うちもパナソニックのビデオカメラで子どもの運動会などを撮りだめして最初のうちこそDVDに保存してましたが、面倒くさくなってやらなくなったのでこのサービスはすごく欲しいですね。

先日の日経の記事でも社長が
「製造業ではない、コンテンツ産業」と自社を定義してました。
こちらのブログに記事が掲載されてましたのでリンクしておきます。
http://blog.goo.ne.jp/komamasa24goo/e/24f7e1e742870ae878308bc3ba807543

ゴープロで撮った動画のマネタイズまでサポートしてくれるようです。
発想がやはりメーカーではなく、まさにコンテンツ産業ですね。
http://markethack.net/archives/51974110.html

最新決算はこちら
http://markethack.net/?p=4 

アップルが先鞭をつけたネット(クラウド)×ハードで大きく化ける企業が出てくると思うので、この分野は要注意ですね。




 

レントラックス一瞬2倍届きましたね。今日は暴落してますが。
管理センター少しですが大株主売ってましたね。

3276 日本管理センター                                  保有割合
 提出者:デンバー・インベストメント・アドバイザーズ・
         エルエルシー                                  4.69%(-0.35%)

バフェットが最近大きく投資をしているIBM。
正直あまりピンと来てなくて、どうしてバフェットがそんなに入れ込んでいるのかが不思議でなりません。
リーマン直後の見事な逆張りといい僕らに見えていないものが見えているので、 ぜひ!理由が知りたいです。

最新決算はEPSこそいいものの、肝心の売上はさえません。
EPSも自社株買いのたまものですが。
 http://markethack.net/archives/51974147.html

バフェット研究家の東条さんは資産全額(6000万)をIBMに投資してますね。
http://ameblo.jp/snowballb/entry-12051390288.html

先日東京駅駅前のセールスフォースのオフィスにお邪魔しました。
現在日本法人700人で3,4年で3000人にするそうです。
オフィスも受け入れるために、大きな空きスペースがありました。
丸の内の一等地にすごい余裕です。

個人的にはまだ赤字ですが、こちらのほうにすごく魅かれます。
http://www.morningstar.co.jp/frstock_us/stock.html?symbol1=CRM

マイクロソフト買収の話をふったら、いつものことと冷めてました。
グーグルという噂もあったそうです。

これから間違いなくクラウドが主流になるので、どこが覇権を握るのかもう少し見極めてこの分野は投資をしていったほうがいいと考えてます。

個人的にはまだIPO前ですが、この会社来ると思います!
ドーモ株式会社
https://www.domo.com/jp/company/what-is-domo
すでに4.5億ドル調達していて、社員も700名以上。







https://www.release.tdnet.info/inbs/140120150604404824.pdf

オリコンの新規事業すごいですね。
「ビッグデータを駆使した株式運用」

上場前のホットリンクがツイッターなどのつぶやきを分析して、日経平均で運用するという
システムを開発して、すごい運用実績を発表してましたが。

上げ相場で実績を見せられても、あまりピンときません。

ある意味、将来が楽しみな事業だと思います。
乗る気はしませんが。







↑このページのトップヘ