しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

カテゴリ: 投資ばなし

先週は日本管理センター、エリアリンクを少し買い増ししました。
日本株かつ不動産株ばかりなので分散したいのですがなかなか自分好みの会社がなくて、悩ましいところです。

勝つ投資 負けない投資
片山晃
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2015-05-15



片山晃さんの本を読みました。
7年半で65万円を12億とまさに伝説の個人投資家です。ひふみ投信で有名なレオスキャピタルワークスにいたことでも有名な方です。

大株主の会社がこのサイトに出ていました。
株主プロ
http://www.kabupro.jp/edx/E31109.htm

投資先のチャートです。
チャーム・ケア・コーポレーション 大量保有報告2014年11月10日
チャート画像

日本ライフライン 2014年11月13日
チャート画像

パピレス 2015年8月19日
チャート画像

トリケミカル研究所 2016年3月29日
チャート画像

ヒロセ通商 2016年8月10日
チャート画像

どの銘柄も見事ですね!

この本で一番残ったのが共著者の不敗の投資家小松原周さんのパートです。
(111・112Pから抜粋)
学術上は、将来に稼ぐ現金、いわゆるキャッシュフローを、今の価格に割引いた時の価格が「理論価格」になります。過去の実績をバックテストして検証しても、非常に見事としかいいようがないのですが、この計算に基づいて算出された理論価格と実際の株価は、実はほとんどすれません。

同じことを橘玲さんも以前書籍で書いてました。株式の真理なんでしょうね。
そこにゆがみがあるのがこの書籍でもふれてますがフォロワーが少ない中小型株です。プロがいない中小型株はまさにブルーオーシャンかと。

PS
話題の君のの名は家族で見てきました。
面白かったです!
新海監督の他の作品も見てみようと思いました。





 

バフェット関係のブログを見て、ROEはあまり意識してないなと思い持株をチェックしてみました。
数字は前期決算短信からひろってきました。

          前期  前々期  自己資本比率  配当性向
日本商業開発    36%  35%    30%      21%   
日本管理センター    33%  30%    38%   41%
日本駐車場開発      19%  65%       31%      94%
M&Aキャピタル      34%  30%    34%   0%
FPG           48%  26%    23%      36%
エリアリンク      11%  12%    76%    31%
クルーズ        18%  21%    18%     12%
レントラックス       36%  67%      62%   0%
アメイズ       13%  34%    26%     36% 
持株で最高を黒太字、最低を赤太字にしてみました。

バランスがいいのは日本管理センターですね。来期見込みで見ると日本駐車場開発が群を抜いて
いいです。
その逆で一番だめなのがクルーズ。この指標が株価とどう連動するのか、どこかで検証したいです。 

先日ある投資物件の提案がありました。
借地に置いたトランクルーム仕様のコンテナです。
場所はバラバラで関東・北陸・東海などなど。
一部上場企業の10年前後(物件の土地の契約により異なる)の約10%の利回り保証付きです。 

一部上場企業の保証付きとはいえ借地に置いたコンテナで土地が契約満了で終了するリスクもあるし、
そもそも郊外や地方でそんなにトランクルームのニーズがあるのか?と思って保留にしていましたら、あっという間に完売してました。トランクルームは地方とはいえなかなか適地物件が見つからないそうです。
コンテナだけの投資なので償却が取れるのも大きな利点だそうです。
そんないい物件が売り出しされた理由は、決算対策の益出しとのこと。

同じく借地にバーベキューをやっているところの権利だけ(運営はもとの所有者がやるとのこと)という案件もありました。これも上場企業が一部買ったとのこと。

土地建物の所有と運営の分離は星野リゾートはじめよく聞きますが、借地での上物だけの所有と運営を分けて投資商品にしているのは、新たな市場なのか時代の仇花なのか、どっちなのでしょうか。

以前ブログにも書きましたがトランクルーム(ストレージ)市場は面白いかもしれません。
http://shin1111.blog.jp/archives/1035482569.html

 

株式投資で年収1000万を稼ぐサラリーマンさんにブログを紹介していただきました。
ありがとうございます!すごく嬉しいです!
http://nensyu10000man.seesaa.net/article/437341714.html?reload=2016-05-04T05:51:53

GW直前にベンチャーのイベントに参加してきました。
その時に聞いた話のメモを転記しておきます。

■フィンテック
ブロックチェーンとはHTMLレベルの技術で銀行のシステムがつくれる。今の銀行とセキュリティレベルでも数十億かかっていたのが、極論数十万でできる。
米国ではすでにこの技術を使って、手数料無料の証券会社も出てきた。
新興国の中央銀行からも引き合いが来ている。
ブロックチェーンとは記録認証の革命的なシステム。改ざんできないという強みがいかせるところとしては「勘定」「タイムカード」「稟議書」「不動産取引」などなどたくさんの応用が可能。
金融庁のお偉いさんも来ていて、下記コメント。
銀行がクラウドを使ってはいけないとは言っていない。推奨もしていないが。
ビットコインを通貨として認めるとはいっていない。あれば日経の罪。

■シリコンバレー、イスラエル、北欧のスタートアップ
一番びっくりしたのがイスラエル。政治家の半分が起業家およびVC出身者とのこと。首相もボストン・コンサルティング出身。ビジネスマインドが驚くほど高い。
人口800万でベンチャーに投入される資金は6000億と日本の5倍。
教育熱心な国で、幼稚園からプログラミング・物理を教えている。
アップル・フェイスブック・インテルで米国以外で初のR&Dはイスラエル。
北欧も5年前までは、起業するベンチャーにいくというと、親があまりいい顔をしなかった。
今は逆でむしろ応援してくれる。起業家へのリスペクトは日本30%北欧50%米国70%。
シリコンバレーの資金流入がここに来て急激に下がっている。
スタンフォードの前学長は元起業家。
最近は宇宙・創薬に資金が集まっている。ちなみにイスラエルは脳。

ブロックチェーンがすごいことになりそうです。
ネットが出てきてウォルマートを 超えるアマゾンが出てきたように、ブロックチェーンですごい金融機関が出てくると思うと、わくわくしますね。

「AI」「ビッグデータ」「ブロックチェーン」などの大きな技術革新が出てきてますが、そういった技術をサポートするソリューション系の会社よりもそれを使ってビジネスをする会社にすごく興味があります。

ビッグデータを使ってビジネスをしている上場企業はないかなと思っていたらバロンズで以下の会社の記事が出ていました。

イノベーロン・ホールディングス(INOV)
独自の医療データを病院・医師に提供している。似た症状の患者のデータも保有し、処置方法も提供できる。
売上5億ドル 利益1.5億ドル キャッシュ5億ドル

ヤフーファイナンスを見ると、株価16.78ドルでPER37倍です。
高PERの米国株はレンディングクラブ(今日も大暴落 泣)で痛いめ見てますが、かなりそそられます 笑。

GWは軽井沢の星野やに来てますが、雰囲気がよく超おすすめです!
今日は雨なので、一日読書と温泉になりそうです。





ウルフ・オブ・ウォールストリート [DVD]
レオナルド・ディカプリオ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-11-26


昨日、この映画を見ました。
新興証券会社の創業社長の話です。ぶっとびなストーリーにびっくり、実話とのことに二度びっくりです。
ディカプリオの演技も冴え渡ってます。

この映画に出てくるシーンでIPO株を投資家に大量にはめる(売る)ところがあるのですが、売ってる証券マンは玉石混合なのは百も承知で、そこを深く考えてる人はこの職場に向いてないんでしょうね、この野村證券の営業マンのような方は。
https://newspicks.com/news/1448753/body/

以前このブログで上場ゴールと書いたAppBank(アップバンク)も公開直後こそ高騰しましたが、その後の不祥事の連続を見れば、関係者は中身がボロボロなことは知っててIPO直前に大きな売出しをしたのではと勘ぐりたくなります。
http://shin1111.blog.jp/archives/1040572723.html
新興証券ならまだしも天下の野村證券がこういったIPOを手がけるので、日本の投資文化が広がらないと思うのは論理の飛躍でしょうか。

今回のエナフンさんのブログではないですが、企業の応援をするスタンスが大きなツキを呼ぶとあらためて確信しました。
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-12141088210.html
なちゅさんも似たようなことを丁度書いていました。
http://ameblo.jp/mtr-cyberbranch/entry-12140793079.html



 

ダイヤモンドZAIの記事です。
投資額を全額回収できた株(ツイッターの表題)
http://diamond.jp/articles/-/88005

記事からの抜粋

では、投資額を全額回収できた株はどんな銘柄なのか。その一つが、学習塾を経営する明光ネットワークジャパン(4668)だ。業績の拡大により、増配が続いたことで、保有から7年目には投資額を全額回収、15年間の配当総額は投資額のなんと4.8倍にもなっているのだ。
さらにこれだけではない。その一方で株価は15年間で19倍まで上昇し、配当総額と値上がり益で利益は24倍にもなったのだ。ちなみに過去15年間の配当性向は安定して30~40%を続けていた。利益の伸びと利益の一定割合を配当に回すという両輪が揃うことで、15年間で投資額を大幅に上回る配当総額を受け取り、値上がり益(含み益)も大化けしたわけだ。


成長株でありながら、高配当。
以前紹介したシーゲル博士の高成長低配当のIBM(今は違います)よりも低成長高配当のフィリップモリスのほうが配当再投資をすればパフォーマンスが高いという、両方のいいとこ取りの株が最強の株なんでしょうね。
http://shin1111.blog.jp/archives/1026969025.html
明光ネットワークジャパンは配当再投資していれば、もっと高いパフォーマンスということかと。

「資金効率の高い成長銘柄」

探しに今後も邁進していきたいと思います。

今日は雨で予定していたゴルフが中止なので、何しようか模索中です 苦笑。



FBのタイムラインで知ったのですが内藤忍さんが本などで推奨しているワイン投資のVINNAT(ヴァンネット)が行政処分になったようです。
http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp032000323.html

定期的にこの手の事件は起きますね。
(こちらのサイトから抜粋させていただきました)
・2000年 : エンジェルファンドネットワークの融資仲介詐欺 / 被害額103億円
・2000年 : 法の華三法行の霊感商法事件 / 被害額950億円

・2002年 : ジー・オーグループの通信販売事件 / 被害額478億円
・2006年 : 近未来通信のIP電話基地局投資事件 / 被害額400億円
・2007年 : エル・アンド・ジー(円天)の疑似電子マネー事件 / 被害額2,260億円
・2007年 : 平成電電の出資金事件 / 被害額500億円
・2008年 : ワールドオーシャンファームのエビ養殖事件 / 被害額849億円
・2010年 : 岡本倶楽部(岡本ホテル)のホテル会員権事件 / 被害額300億円
・2011年 : 年金たまご(ライフ・アップ)のねずみ講事件 / 被害額110億円
・2011年 : 安愚楽牧場の和牛預託商法事件 / 被害額4,207億円  

エンジェルネットワーク、近未来通信、平成電電、安愚楽牧場あたりはかなり大々的に広告をうっていたので覚えている方も多いのではないでしょうか。記憶に新しいところでは米国医療レセプトのMRI社もあります。
内藤忍さんは利用されたのでしょう。ワインの造詣が深かったのと紹介料(多分もらってます)に眼がくらんだのでだまされたんだと思います。ヴァンネットが確信犯的に内藤忍さんに近づいたのではないでしょうか。

事実として高利回りの金融商品は存在します。
そういった商品はその金融会社のお得意さん(いわゆる富裕層)が手に入れるので、一般の人は買えません。今であれば日本のIPO銘柄がそれにあたるでしょう。あまり知られていませんが某大手ネット証券は対面部隊を持っていて、自社の割り当てのIPO銘柄をある一部の顧客に優先的に回しています。
瞬間蒸発する高利回り商品を広告をしてまで売ることが、そもそもありえないということだと思います。

人気投資ブロガーの吊られた男さんは今回のワインファンドを以前から怪しいとよんでましたね。さすがです。
http://www.tsurao.com/archives/1779476.html

広瀬さんのブログに書いてある
「通勤電車の中吊りに、ある投資対象の特集が出たら、売り」
http://markethack.net/archives/51992716.html
というのは僕も身を持って体験しました。4年前にスリランカ未公開株ファンドに投資したのですが(わざわざスリランカまで行きました 苦笑)その後メディアで取り上げられることが多くこれはすごい事になると喜んでいましたが、その後は惨憺たる結果でした。同じくブラジルも6,7年前に広告をかなりやってました。触れ込みは「ワールドカップ・オリンピックですごいことに」でした。ブラジルもひどいことになっています。

金融業界は売り込みたい国(商品)があると、メディアを使って相当仕込んできます。広瀬さんのいうようにメディアで話題になったら売りですね。















 

シルバーウイークいかがおすごしでしょうか。
5日のうち2日ゴルフを入れてしまったので、全力で家族サービスしてます 笑。

先日書いたAppBankのIPO 梅木さんのブログを見ると公募時推定PER19倍と、かなり低いですね。
http://thestartup.jp/?p=15247
野村もgumiの二の舞は踏むまいと必至でしょうね。これだけ公募価格抑えられても売り出しが多数あるということは押して計るべしで、このIPOを強行する理由を裏読みしてしまいます。

広瀬さんのブログでLC(レンディングクラブ)がいい按配で下がってることが紹介されてます。
http://markethack.net/archives/51981717.html
最高値から半分以下です。

クラウドワークスの資料38ページを見ていたら面白い金融ベンチャーの紹介が出てました。
http://contents.xjstorage.jp/xcontents/AS80447/3be612b0/6893/4aa8/9d8d/749ad3e976ae/20150813163103337s.pdf
ネットに流通する情報を与信にして融資するKabbage

 こんな記事もありました。
http://jp.techcrunch.com/2012/02/16/20120215ups-partners-with-and-backs-online-merchant-lender-kabbage-will-provide-data-for-underwriting/
これはまさに融資革命の先端を行く会社ですね。

ネットによる金融革命(主にローン)のひとつは信用履歴の多様化です。給与・クレジットカード・ローン以外で信用を計る指標を持つところが、21世紀の貸付金融の主役になると思います。



 

今日から山形・函館の出張予定でしたが、山形新幹線が大雨でストップ中で自宅で足止めされてます。


ウォーレンバフェット、IBMこの暴落で買い増ししてますね。
http://jp.reuters.com/article/2015/09/08/buffett-ibm-q-idJPKCN0R82G520150908
前回のリーマンショックのときもウォーレンバフェットが動き出した直後にさらに下がりましたが、その後はご存知のようにV字回復してます。
この雰囲気で冷静に企業価値を見て買えるかが、長期的投資の成功要因だと自分に言い聞かせてます 笑。


最近友人がAirbnbでそれなりに儲かってるとのことなので、いろいろ話を聞いてみました。

人気は浅草とのことで、HPを見てみると結構物件が出てます。
 https://www.airbnb.jp/s/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B5%85%E8%8D%89%E6%A9%8B%E9%A7%85?checkin=&guests=&source=bb&ss_id=7phqw7jd
予約も見てみるとかなりの高稼働です。(予約リクエストをクリックするとわかります。
https://www.airbnb.jp/rooms/5022907?s=NpmY

今旬は京都だそうです。

儲かるのはファミリータイプとのことで、東京のホテルはビジネス仕様が多く4人ファミリーだと2部屋借りることになります。そうなると2万×2部屋の4万ほとかかります。
それを2DKないし2LDKを借りて4ベッドルーム にし、2万円で貸します。
稼働率70%とすると売上が2万×14日=28万円

原価が家賃14万だとすると、なんと倍の利回り。イニシャルのコスト(礼金・家具・不動産手数料などなど)が別途かかるので、全部儲けとはなりませんが、 かなりの収益性です。

専門のメンテナンス業者まであります。宿泊希望者のやりとりやサイトへの告知などほぼ全部やってくれるそうです。
https://www.mistersuite.com/ 
売上の15~20%が相場のようです。

ただ当然いい話ばかりでもなく法的にもグレーですし、住民トラブルも起きています。
http://blogos.com/blogger/flats/article/

このブログのネタにとりあえず一つ実験でやってみようと思い、外人が出入りしても良さそうな浅草近辺・六本木と2物件申し込みしましたが、タッチの差でだめでした。ライバルは思いのほか多そうです。

アパホテルが3万円になるほどのホテル不足の時代です。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/221102/083100055/?rt=nocnt

観光国家日本のためにも規制緩和すべき法律だと思います。
いざ始めたら、このブログでも経過報告しようと思います。











今日も地合い悪いですね。
管理センター少し買い戻ししました。

先日ワールドビジネスサテライトで、クラシックカーの投資についてやっていました。

20150818_054132
 
画像のようにこの10年で469%です。
番組ではトヨタ2000GTが1億円で落札されていました。

友人が最近古いベンツなどに日本車のエンジンを積み替えて販売するビジネスを始めたといっていたので、案外いけるかも知れませんね。ビンテージものとしては価値なさそうですが。

オークションのサザビーズがクラシックカーのオークション会社に出資してますね。
http://jp.blouinartinfo.com/news/story/1105080/sazabizurmokusiyonzuno25woqu-de-rmsazabizudan-sheng


個人的にはコインの221%が気になります。



以前この本を読んで、コイン投資に興味をもったことがありました。

マイナンバーの金融口座の適用が始まれば、間違いなくタンス預金が急増すると読んでます。
現金で持つよりも、

・世界的にマーケットがあり
・インフレに強く
・場所を取らない

アンティークコインは、結構流行るのではと思ってます。

ちょっと視点は変わりますが、ビットコインも面白いかなと思っていて、近々少しこのブログのネタにもなるので買ってみようと思ってます。






 

ギリシャショックでポートフォリオ全面安中です。(午前10時)
その中レントラックスは大幅高ですね。終値まで持つとは思えませんが。

ここは我慢のしどころですね。

ヤフオクウオッチというサイトが面白くて、ときどきチェックしてます。
高額落札で面白いものを紹介してます。
http://yahooauctionwatch.livedoor.biz/

その中でお宝の可能性の高い真空管が出品されているとのこと。
http://yahooauctionwatch.livedoor.biz/archives/52252269.html

結局196万で落札されましたね。
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d167088072

ヤフオクで落札相場調べて見ると
http://closedsearch.auctions.yahoo.co.jp/closedsearch?ei=UTF-8&va=&auccat=2084046926&slider=0&tab_ex=commerce&s1=cbids&o1=d
 結構高値つくのあるんですね。

196万で買ってばらして売るといくらになるか非常に興味あります。
リサイクルで儲かるのも、こういう遺品整理で大量にお宝を処分したいというケースでしょうね。

こういうのにのってくる友人がいるので、
引き取り場所が宮崎でなかったら、勝負したかも 笑

 

急遽7月頭に沖縄出張が決まり、チケットを予約したら9万円!
今回の熊本・鹿児島出張がホテル代込みで3.3万円なので、価格差にびっくり。
競争のない市場は本当に美味しいですね。
消費者としては微妙ですが。

以前ソーシャルレンディングにはまり、いろいろ投資をしていました。

マネオ
https://www.maneo.jp/

今は法人向けに特化していますが、当初は困ってる個人を助ける意味合いが強かったです。
一番最初の投資で子どもの学費と子どもが生まれたので車を買い替えたいというのと2つ投資をしたら、いきなり子どもの車を買い替えたいというのが一番最初の支払いから未払い。

後に創業者(今は辞めてます)にお会いしたら「詐欺集団に大規模にやられた」とのこと。そういうことがあって貸し倒れがゼロだった法人に特化する今の形になったとのこと。今でも投資続けてますが確かに貸し倒れはゼロです。

最近は上場企業と組んで、横展開しています。
以下メルマガからの抜粋

●「LCレンディング」というサイトが立ち上がりますhttp://www.lclending.co.jp/)。

上場企業である、株式会社ロジコム(ジャスダック 8938)の子会社とて、
株式会社LCレンディングが設立されまた(私は社外取締役です)。

maneo及びUBIグループは、
これまでにも様々な収益不動産物件の取引を通じてロジコムさんと
くお付き合いをさせてもらっています

ロジコムさんは、maneoの資金調達力を見て、
こうた資金調達機能を自社グループ内に取り込みたいと要望された。

そこで、「LCレンディング」とて新たな
ソーシャル(クラウド)レンディング事業が始まることになったのです

システムやその他は、maneoマーケット(第二種金融商品取引業者)がサポートます
つまり、「LCレンディング」Powered by maneoマーケット、というわけです


7月からはLCレンディングの投資家登録ができるようになる予定です

http://www.lclending.co.jp/

その前に一度、↑このページをご覧いただければ幸いです

ロジコムグループさんは、商業不動産に強い会社です

LCレンディングを活用て、ロジコムグループさんに、
多いに、大いに、不動産の世界で活躍て頂きたいと願っています

ロジコムさんのIRも必見ですよ~!!
http://www.logicom.jp/

目敏い投資家はIR見るだろうな~。見ちゃうだろうな~^^。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

その後 ロジコム社の株価急騰してますね。
メルマガが6月2日配信なので、この情報ですかね。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8938.T&d=1m

その他にも下記に投資をしています。
AQUSH(アクシュ)
https://www.aqush.jp/
ミュージックセキュリティーズ
http://www.musicsecurities.com/

アクシュはちょっと仕組みが複雑なので、個人的には投資しずらいですね。
ミュージックセキュリティーズはカンブリア宮殿を見て、理念に共感をして投資してみました。

海外では最近IPOしたレンディングクラブ(LC)が有名ですよね。
http://markethack.net/archives/51947065.html
上場後株価は低迷してますね。最初の評価が高すぎた典型ですね。
http://finance.yahoo.com/echarts?s=LC+Interactive#{"allowChartStacking":true}






 

昨日のFPGの下げは、前回の2Q決算発表なみの下げでしたね。
今日もNYが下げているので、全体的に僕のポートフォリオもマイナスですが。

sakiさんからもコメントにありましたが、日経の節税スキームの報告義務化の報道がオペリも入っていたので連想売りでしょうね。

ただオペリはまだ認知度も低く商品自体は常に品薄なので短期的に業績に影響を受けることはないですが、 こういった報道がされているということは財務省の意向として節税商品の規制強化は間違いないでしょうね。
FPGは売り時が本当に難しくなってきますね。

先日は京都の古い町屋をリノベーションしてホテルとして一棟貸しする投資家説明会に参加してきました。
隣の席にすこし前にカンブリア宮殿に出てた社長もいらっしゃいました。

インバウンド市場で一番恩恵があるのがホテルだと思っていて、ジャパンホテルリートもかなり上がっています。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8985.T&d=1y 

意外とホテル銘柄って少ないんですよね。ぱっと思いつくのはこのあたりでしょうか。
共立メンテナンス・アメイズ・常和ホールディング・帝国ホテル・藤田観光・電鉄系

アパホテルなんて業績すごいでしょうね。未上場なので買えませんが。

イメージは下記のような感じです。
http://www.machiya-inn.net/

以前は1・2月は京都は閑散期でしたが今は中国人の旧正月需要で1年を通して、高稼働だそうです。
そもそも京都は高いビルが建てられないので、大きな供給が無いもの魅力的ですね。

古い町並みを残すことにも意義がありますし、稼動70%で利回り二桁狙えるとのことなので投資商品としても魅力的ですよね。
完成は来年8月なので、投資を実際にしてましたらこのブログでも紹介しようと思います。




 

↑このページのトップヘ