しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

2018年08月

          前期比   進捗率
売上 176.35億 +408
%  54%
経常  21.56億 +683%     66%
利益  15.33億 +734  71%
EPS 120.63円
PER 14.88倍(8月13日終値1796円)

販売用不動産 388億 ー22億  
負債合計   397億 ー13億  

超絶決算出ましたね。第4Qの地主リートの販売余力残しての決算だけに、どこまで上方修正するのか
期待大だっただけに (泣)
昨日は一日外出で、終値みたときは目を疑いました (笑)
2000円は一瞬いったんですね。
トルコショックにしては下落幅大きいので、売り方が強いんでしょうね。

この株は本当に楽しませてくれますね。


 

          前年比  進捗率
売上  4.15億 +5.1%  18%
営利  0.08億 -50.1%  2%
利益 -0.56億 
株価(8月9日)675円 PER17倍(EPS39.05)     


社労夢事業
売上 3.50億  +10%
営利 0.69億  + 8%
CUBE事業
売上  0.65億  
-17
営利 
-0.61億 前年-0.47

第1Qの決算を受けて、絶賛暴落中です 苦笑。
バフェット、イーロンマスクともに四半期決算による短期志向が、経営に悪い影響を与えると
いっていますが、すごく共感します。
この銘柄も進捗率が悪いだけでこんなに下がるので、経営者としてはつらいところです。

BtoBクラウドサービスは、売上の鈍化が見られない限り持っていれば報われると考えてます。




売上 164.6億 前年比  ー4.0% 進捗率69%
営利     97.0億       ー14.4%         65%
利益     65.7億          ー18.5%           63%
本日8月3日 終値1168円
PER倍10.21(今期EPS114.4円)
配当利回り4.2%(今期配当金49.25円) 

PER、配当利回りともにかなり割安だと思うのですが、株価はずっと軟調です。
クロスセル商品である保険、不動産、M&Aがどこまでスケールするかで、評価大きく変わりそうですね。

昨日から札幌に来てますが、涼しくていいですね。
夏休みだからでしょうが、繁華街はすごい人です。

売上59.64億 -8.2%  進捗率22%
営利25.81億 -28.7%    20%
利益20.40億 -24.0%    24%
終値(8月2日)2996円 PER56倍(EPS52.78)

上期はもともとの発表通り前年割れでした。
思った以上に悪かったのか、株価かなり軟調です。それでもPER56倍なので相変わらず強いですが。

パフォーマンスがさえないと、なかなか元気でないですね。
バフェットのように絶好の買い場と思えるように、精進しないとですね。

7月パフォーマンス   2.29%
年間パフォーマンス   -0.73% 

年初来が2銘柄以外全てマイナスという、かなり最悪のポートフォリオとなってしまいました。
かなり自信喪失です 苦笑。

平均取得 年初 7月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 140.29 199.06 197.87 41% -1% 49%
日本商業開発 1593 1722 1854 16% 8% 29%
エムケイシステム 1030 1157 810 -21% -30% 7%
M&Aキャピタル 1785 7370 7050 295% -4% 4%
日本M&Aセンター 1608 2685 2976 85% 11% 3%
FPG 981 1369 1354 38% -1% 2%
日本管理センター 537 1637 1333 148% -19% 1%
クルーズ 3525 2480 2059 -42% -17% 0.2%
日本駐車場開発 138 192 177 28% -8% 0.1%
5%
ドル 112.8 111.16 -1% 0.3%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます。

■バークシャー・ハサウェイ    前期PER12.4倍(EPS18.22)前期PBR1.4倍
株主還元の思惑でやっと年初ぐらいに戻しました。アナリストレポートなどを見ると割安との判断が散見されるので、期待して見守りたいです。

■日本商業開発  PER15倍(120.91) 配当利回り2.96%(55)
年初来8%なのでけっしていい数字ではないですが、マイナスがオンパレードのなか救われました。

■M&Aキャピタルパートナーズ PER42倍(165.76)
決算発表を受けて大暴落ですね。M&Aセンターも前年割れだったので、その影響ももろに受けた感じです。
PERで見ると今が適正かと。

■エムケイシステム PER20.7倍(39.05)前期配当利回り0.99%(8)
少し戻しましたね。1000円までは道のり長そうですね。M&A(売り手として)を期待したいところです。

■日本M&Aセンター PER56倍(52.78) 配当利回り0.73%(22)
こちらも決算受けてかなり下がりました。それでもPER56倍なのでまだまだかと。スモールM&A市場は間違いなくこれからの市場なので、気長に持っていたいと思います。

■FPG    PER11.8倍(EPS114.4) 配当利回り3.6%(49.25)
こちらも決算はサプライズなく、当面の株価はあまり期待できないです。

下記4銘柄はNISA枠でのみの保有です。
■日本管理
センター 今期PER12,7倍(EPS104.78) 今期配当利回り3.15%(42)
■クルーズ 前期PER23倍(前期8.78) 
■日本駐車場開発 PER31倍(EPS5.64) 配当利回り2.1%(3.75)

どの銘柄も買い増ししたいぐらい、底値圏にあると思ってます。
ただPFにIT銘柄がエムケイシステムしかないので、クラウド関連の銘柄を追加したいですね。


↑このページのトップヘ