しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

2017年08月

先日マレーシアに行ってきました。


IMG_0061
IMG_0062

3年前に買った物件が完成とのことで見にいってきました。
写真は上が実物で下が街区全体の模型です。

マレーシア通貨のリンギット安(原油安の影響だそうです)で今のところ儲けは全くないですが、
ほとんどファイナンスで購入したので売却しないのであればリンギット安はまあそこまで悪くないなと自分に言い聞かせてます 苦笑。

去年から噂のある海外不動産を使った節税が、どうやら規制が入るようです。
https://www.kenbiya.com/column/zei/25/
海外不動産での節税スキームは下記が参考になります。
http://www.foreland-realty.com/?page_id=1175752
検討されている方は今年がラストチャンスかも知れませんね。

米国は日本のようにがんがん建て替えることはなく、古い建物をひたすらリノベーションして使い続けます。あれだけ家賃が急騰しているシリコンバレーでも建築現場はほとんどありませんでした。
シドニーも家賃急騰ですごいことになっているそうです。
http://jp.reuters.com/article/homeless-idJPKCN0W907P

先日も港区のタワーマンションに住んでる友人が8%の家賃値上げを言われて困ってるとのことでした。港区のタワマンの賃貸物件は少し過熱しているようです。

東証RIET指数
東証REIT指数

直近結構下げてますが、反転するかも知れません。
日本商業開発のホルダーとしては利回りの低下は大歓迎です 笑。









生涯投資家
村上 世彰
文藝春秋
2017-06-21


 面白かったです。
言動・行動でかなり誤解を受けるキャラクターだとは思いますが、ポリシーをもって投資をしていたことはこの本を読んであらためて思いました。

東京スタイルの高野社長のくだり(大株主に会おうともしないし会っても敵対的な態度)は上場企業の風上にもおけないひどい態度だと、思わず憤慨しました 笑

ほとんど株式を持たない生え抜きのサラリーマン経営者が株主を軽視するのはガバナンスがない環境ではむしろあたり前で(そうするインセンティブが全くない)、村上さんの主張するガバナンスも大事ですが、経営陣が株主と近いポジションとなる米国型の仕組みのほうが行き過ぎはあるにせよ良い仕組みだと思います。

あらためて自分の持ち株を見るとバークシャーを筆頭にオーナー経営者ばかりでした。

村上さんのお父さんの教えである「株は上がったら買う、下がったら売る」は新高根投資法にも通じる格言だと思います。
日本商業開発の投資を考えると2000円を超えたあたりから投資を始めるのが正しいでしょうね。わかってても出来ないですが 苦笑。




日本商業開発第1Q
         前期比  進捗率
売上 34.66億 -11%  11%
経常  2.75億 -4.2%      13%
利益  1.83億 -93.8% 13%


全くサプライズの無い決算でした。4Q偏重とのことなので、気長に待ちたいと思います。

販売用不動産 368億 +52億 前期比+16%
負債     411億 +42億    +11%
販売管理費  6.79億 +0.52億   +8%

販売用不動産の仕入れも順調です。底地ビジネス市場も決算説明書を見るとかなり広がりを
見せています。
予想減益要因である採用も販売管理費の伸びを見てみると順調のようです。

松山凄いですね!朝早く起きてテレビに釘付けです。
明日が待ち遠しいですね。


昨日は下落率JASDAQ1位でしたね。今年は日本商業開発といい流れが悪いようです。
買い損ねたエヌビディアも急騰しているし、ふんだりけったりですね。

売上 61.59億  -21%
営利  2.93億  -62%
利益  1.74億  -68%

ショップリスト事業
売上  52.4億  +16%
利益   2.6億  +72%
インターネットコンテンツ(ゲーム)事業
売上   8.2億  ー75%
利益   1.6億  ー75% 

ゲーム事業の数字が譲渡あったとはいえ、ここまで悪いと厳しいですね。
ショップリストは高い成長ではありますが、いかんせんサイズがまだ小さいので決算へのインパクトが。

エムケイシステムや日本商業開発の時もそうですが、持ち株をひいき目に見てしまい決算前に仕込まねばという下心満載で痛い目に見ているので、決算後に短信をチェックして買う癖を身につけておくようにしたいと思います。

クルーズはざっくりですが通期利益10億とすると、昨日の時価総額が293億なのでまだまだ買える水準ではないですね。




クルーズ大暴落でしたね。買い増ししてなくてよかったです 苦笑。
決算見てどの辺だったら買いか検討してみます。
エムケイシステムは思いのほか下がらなかったですね。
少し買い増ししました。

エムケイシステム第1Q決算
前年比は前期が単独で今期が連結なので短信には表記なかったので、前期の単独の数字を参考に付記しておきます。
          前年比  進捗率
売上 3.95億  +50%  19%
営利 0.45億  -37%  10%
利益 0.33億  -30%  11%

単独の社労夢事業の数字
売上 3.16億  +20%
営利 0.92億  +30%

CUBE事業がマイナス4780万あるので、連結では前年割れしてます。

受託の部分が下期偏重とあり通期の変更がないので、進捗率と前年比で当面株価軟調かと
思いますが、気長に見て行きたいと思います。






7月パフォーマンス 2.5%
年間パフォーマンス    ー1.01

やっと年初来まで戻してきました。この好調相場で恥ずかしい限りです 苦笑。

平均取得 年初 7月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 140.29 163 174.94 25% 7.3% 41%
日本商業開発 1593 2004 1720 8% -14.2% 27%
エムケイシステム 2087 2027 -3% 6.4%
クルーズ 3209 2749 2875 -10% 4.6% 5%
M&Aキャピタル 1785 3200 5020 181% 56.9% 3%
日本M&Aセンター 3216 3250 4425 38% 36.2% 2%
日本管理センター 537 1301 1473 174% 13.2% 0.9%
FPG 471 1009 1249 165% 23.8% 0.7%
日本駐車場開発 138 166 165 20% -0.6% 0.1%
15%
ドル 116.72 110.57 -5.3% 0.02%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます

■バークシャー・ハサウェイ    前期PER19倍 前期PBR1.5倍
トランプ相場でつけた最高値に近づいてきました。

■日本商業開発  PER21.55倍(79.78) 配当利回り3.2%(55)
じりじり上がってきました。8月10日の第1Qの発表、期待せずに見守りたいと思います。

■エムケイシステム PER18.78倍(107.89)配当利回り1.03(21)
少しづつ買い増して持ち株3位まできました。今週金曜日に第1Qの発表があります。
発表後の株価を見て、追加購入を検討しようかと思います。これだけ人手不足だと少しでも省力化につながる投資は加速すると思うんですけどね。

■クルーズ 前期PER10.68倍(前期269.05) 前期配当利回り0.52%(前期15)
こちらも8月4日に第1Qの発表があります。ZOZOの超絶決算に続いて欲しいところです。
SHOPLISTとメルカリの対談集です。ホルダーは必見です。
https://industry-co-creation.com/digest/20052

■M&Aキャピタルパートナーズ PER35.7倍(140.63)
第3Qの決算発表で急落しましたね。Q毎に営利が下がっているのでレコフの相乗効果が見込めないとの判断でしょうか。同業と比べて上方修正した場合のPERはかなり魅力的だと思うのですが。ZOZOではないですがM&A業界はこれからさらなる市場拡大に行くと思うので、売却しようかと画策していましたが、当面保有することにしました。

■日本M&Aセンター PER52.29倍(84.62) 配当利回り0.76%(34)
前期に続き半期の上方修正なので、通期も必至かと。○○ショックが来れば真っ先に買い増ししたい銘柄です。

下記3銘柄はNISA枠でのみの保有です。
■日本管理
センター PER16.09倍(EPS91.52) 配当利回り2.59%(37)
管理戸数の伸びが大幅鈍化の中での株価続伸、不思議です。
■FPG    PER12.28倍(EPS101.66) 配当利回り2.97%(37.15円)
上方修正した関係なのか、こちらもじりじり上がってきました。
■日本駐車場開発 PER29.25倍(EPS5.64) 配当利回り2.27%(3.75円)




↑このページのトップヘ