しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

2017年05月

決算ショックから早一週間が過ぎました。
2期連続の大幅減益決算予想を冷静に考えてみたいと思います。

売上 粗利率 販売在庫
17.4 146 26% 316
17.3 24 38% 354
17.2 57 39% 292
17.1 39 21% 306
16.4 31 29% 226
16.3 21 11% 163
16.2 2 63% 134
16.1 119 52% 88
15.4 69 37% 126
15.3 1 30% 120
15.2 91 22% 117
15.1 1 26% 167


2016年決算期(2期前)の第1Qの売上と粗利率が突出しています。
今思えばその反動が来ることを予想できたかも知れません。
今の持ち株でいえばM&Aキャピタルパートナーズが同じ匂いがします。レコフの案件が今期はブレイクしてますが、来期も同じように大型案件をもってくるとは考えないほうがいいかも。

2017年期の4Qが過去最高売上にもかかわらず、販売在庫も高推移で一見安泰に見えますが粗利率が2016年1Qの約半分なので、ここをどう見るかですね。会社の見解は仕入れの高騰と説明ありますが、自社ファンドへの売却なので少し安く売って利回りを良く見せる意図も感じられます。

相変わらず決算説明が秀逸です。(かなり主観ですが 笑)
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1467559

自社ファンドを中心とすることでフロー収益主体からフロー+ストック(ファンド管理フィー+物件管理費)へとビジネスモデルの転換を計ってるところは、かなり僕的には嬉しい展開です。

出口がファンドと決まっているので仕入れれば仕入れただけ儲かる、なので仕入れの社員を高水準で採用するから販売管理費の圧迫で今期は大幅減益、会社説明的には「過渡期」だとの説明。

28頁の今期・来期のストックオプションの行使条件がすごいです。
2018年または2019年に当期利益55億(30%行使)か当期利益65億(100%行使)で行使とのこと。今期予想が14億なので、すごい開きです。
65億で計算すると、EPS約367円で配当性向25%として92円。
配当利回り3.5%とすると2628円。
こうなると上方修正もすごいことになっているので、3000円オーバーも夢ではないとだんだん妄想が膨らんできました 笑。

夢のある銘柄というのは変わらないので、まだまだ夢をおっていきたいと思います。
懲りない投資家だなあと、我ながら馬鹿さ加減に少し自己嫌悪の毎日です。











売上  285億   2.6%
営利        21億   △15.1%
利益          32億   111%
粗利   86億  △17% 
粗利率  30%  前年37%
ROE  30.8%   前年18.5%
EPS  269.05円   110%
配当金       15円  前年15円
配当性向  5.6%      前年11.8% 

ゲームの譲渡益がおもいっきりあって、通常のPERで判断してもしょうがないので
セグメントの状況をメモしておきます。

コマース事業
売上 190億 31%
利益 5.4億  45%
ゲーム事業
売上  91億 △30%
利益  16億 △24%


ゲーム事業を横ばいとしてPER11倍(ガンホー、ミクシィ来期11倍)と見ると
16億×11倍=176億
今日の終値2980円時価総額385億とすると、コマースの事業価値が
385億 ー176億=209億
209億 ÷ 5.4億 =約39倍

この計算式で行くと今の株価は少し割高かと。
年末から来年頭に投入予定のゲームが当たればまた違った展開になるし、コマースは30から40%成長を維持できれば、株価期待できるかと。
新規事業は当たればラッキーぐらいに見ておきます。

M&A業界の成長性に賭けてM&Aキャピタルと日本M&Aセンターに投資したのは今のところ功を奏していますので、ファッションECの成長性に賭けてクルーズにどこまで賭けるか(ZOZOと両方いくという選択肢も)思案のしどころです。

株価もだいぶこなれてきたので、少しづつ買いまして行こうかと。

もっと落ちると思った日本商業開発は不思議と小幅ながら続伸ですね。
みんなの株式で「買い予想数上昇5位」とのこと。
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201705160414

案外人気あったことに、不思議な感じです。








昨日の東証一部下落率2位でしたね。ストップ安もあるかもと思っていたので、そう思えばましかと 
(苦笑)
配当が据え置きだったので、そこが下支えしましたね。
来期予想を見たときは一瞬目を疑いました 笑。

売上266.14億  53.1%(前年比の表記試行錯誤ですが、決算短信にならいます)
経常 51.81億 △ 7.9%(不動産は金利負担大きいので営利より経常がいいかと)
利益 64.37億     78.5%
粗利 77.10億        3.8%
粗利率 28.9% 前年42.7%
販売在庫316億 前年226億 90億増加
ROE     44.2 %    前年36%
EPS    366.84   75.4%
配当金55円     22.2%
配当性向15%  前年21.5% 


今期予想
売上311億 16.9%
経常 20億△61.4%
利益 14億 78.3%
終値(5月11日)1622円 
時価総額289億
今期一株あたり利益79.78円 
今期PER20倍(一気に高PER株の仲間入りですね)
配当金55円
配当利回り3.39% 
配当性向 68.9%

配当据え置きは株価対策としては正解かと思いますが、もっと下げたところで大きく自社株買いをするという選択もあったかと。
配当利回りは4%前後の1400円前後までは下落余地ありそうですね。

IBM一点投資の東条さんが今回のバフェット騒動で半分売却してグーグルを買うという決断をされましたが、今回のを受けて僕もどうするかブログで分析記事を書きながらじっくり考えていきたいと思います。
最近投資を増やしたクルーズも決算を受けて大幅下落とふんだりけったりですが、こういうときこそ思考を深めていい経験値にしていければと自分に言い聞かせてます 苦笑。



 

        前年比   進捗率
売上50.83億 117%  26%
営利 6.70億    106%       30%
利益 4.30億    102%  32%
粗利14.58億 113% 
粗利率 28.68%(前年29.73%)

5月1日終値1509円
今期EPS110.31円
今期PER13.68倍
配当金40円
配当利回り2.65%  


ストレージのセグメント利益が前年比3.5%増とほぼ横ばいなのが気になりますが、全体的には
順調ですかね。
ポートフォリオの不動産セクターを30%以下に調整したいので、何を売るか悩ましいところです。
 

GWいかがおすごしでしょうか。
子供の受験で出かけられないので仕方なくゴルフばかりしています。

日本M&Aセンター2016年3月決算
売上190.69億 129%
営利 90.46億 129%
利益 61.74億 128%
粗利120.90億 128%
粗利率 63%  前年64%
ROE    37.6%   前年32%

今期予想
売上213.90億 122%
営利100.00億 110%
利益 67.63億 109%
終値(5月2日)3910円 
時価総額3164億
今期一株あたり利益84.62円 
今期PER46倍
配当金34円
配当利回り0.87% 
配当性向40%

このサイズですごい決算です。
決算説明書に7期連続で上方修正と誇示されていますので、今期も期待大ですね。

成約件数も524件とM&Aキャピタルパートナーズを圧倒してます。
このビジネスはネットワークが肝なので、実績は紹介者ネットワークにもそれなりの手数料を払っているということなので今後のビジネスにもかなり有利に働くと思われます。

日本M&AセンターとM&Aキャピタルパートナーズのどちらがパフォーマンスがいいのか、定期的に調べてみるつもりです。

上場来高値をひたすら更新し続ける、暴騰も暴落もせずたんたんと上がっていくのがなんとも頼もしい限りです。



上方修正出ての暴落でしたね。もっと高いのを予想していたのでしょうか。

         前年比   進捗率
売上48.65億(311%) 63% 
営利23.30億(314%) 74%
利益15.58億(362%) 77% 

 
レコフ統合効果ですごい決算です。
成約件数も順調です。
手数料1億以上 9件(前期2件)うちレコフ1件
   1億未満 46件(26件)     9件

レコフ分を除いても順調な成長です。

今期一株利益予想140.63円 
今期PER33倍(5月1日終値4685円)
時価総額673億

進捗率を見るともう一発上方修正あるかと思いますが、売り方はそう見てないということでしょうか。
日本M&Aセンターの45倍から見てもかなり割安かと。
一度売ったのを買い戻して(日本管理センター・FPG)今のところろくなことがないので静観
しますが(苦笑)。

増資を予想してましたが、外しましたね。
流動資産90億 負債59億で純流動資産が31億。
M&Aをやらないのであれば。充分すぎる資産ではあります。






 

↑このページのトップヘ