しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

2016年05月

少しブログを書くのが間あいてしまいました。
ネタがなかったこともありますが、持株の下落がモチベーションダウンにつながってるかと 苦笑。
こういうことではだめですよね。

日本駐車場開発が第3Qの決算を発表しましたので、メモしておきます。

売上 140.66億(前期比+2.9%)(進捗率79%)
営利  19.58億(-23.4%)(98%)
利益  13.16億(-58.9%)(106%)
配当利回り 2.8%(5月27日終値124円 配当金3.5円)


1月に下方修正出した上での通期達成なので、慎重にいっているかと思いますががぜん期待が高まります。
子会社の日本スキー場開発も発表ありましので、合わせてメモしておきます。

売上 51.27億(-5.8%)(94%)
営利  6.22億(-51.3%)(622%)
利益  2.82億(ー66.1%)(1.64億赤字予想)

大幅上方修正か!と思いましたが第4Qはスキーもグリーンも売上がほとんどないようなのでぬか喜びでしたね。よって親会社の日本駐車場開発も上方修正は無さそうです。

参考までに去年のスキー場事業の数字をメモしておきます。

27年第3Q 売上54.42億 営利12.79億
27年通期   売上58.82億 営利  9.05億

リリースで那須ハイランドパークを1円で三菱地所から買収とありました。
新卒のときの内定者拘束旅行(年がばれますね)で連れていったもらったところです。ウインターとそれ以外でどうバランスを取って売上が上がるのかも今後の課題ですね。その時は社名も変わるのかな。


 

長らく岩の心電図だったM&Alキャピタルパートナーズが急に噴出しました。
下記記事がきっかけかと思いますが。
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201605190204  

東海東京調査センターでは、事業承継案件が得意で、調剤薬局を中心に小売業の仲介に重点を置いていると指摘。会社側は16年9月期を経常減益と予想しているものの、下期に会社計画では織り込まれていなかった大型案件の成約が見込めるため、前期比16%増の17億7000万円と予想。
レーティング「アウトパフォーム」、目標株価2460円でカバレッジを開始している。

先日決算でおおごけした日本商業開発も、このM&Aキャピタルパートナーズも今期予想が増収減益(商業開発
は営業利益が減収)予想です。

将来の収益のために投資を前倒ししたい!という経営者の株価下落も辞さないという意志のあらわれかと。
記憶の新しいところでは一時有名ブロガーの方が投資をしたことで話題になったエニグモさんも、テレビCMで勝負をするとのことで減益予想をだして、実際に大きな投資をされました。結果はCM効果なく惨敗でしたが。

最近未上場のベンチャーがCMをかなりやっています。
ラクスル、SANSAN、freee
個人的にはBtoBのサービスがCMの露出と業績が連動するとはあまり思いませんが、次々やってきますね。

大きな収益を取るために目先の増益を捨てて投資をすることは、僕のように長く投資をする株主としては
むしろ歓迎です。(短期的には下落でダメージありますが)
あくまでもそれはCMのような水ものではなく、M&Aキャピタルパートナーズの人材や日本商業開発の販売用不動産のようにある程度効果が読めるものに限ります。

理想は「この会社勝負かけてくるな」と思ったら、決算発表後の暴落時に仕込むのがいいんでしょうね。
そんなに器用に投資できるかは、かなり難易度高いですが。
 

レントラックスの決算メモを書いておきます。

売上   63.13億(+74.2%)
営利   4.8億(+71.7%)
利益   3.07億(+72%)
EPS 38.88円


70%増はサイズが小さいとはいえ、すごいです。

今期予想
売上 78.78億(+29.2%)
営利   5.78億(+20.4%)
利益   3.66億(+19.2%)
EPS 47.45円
PER 18.44倍(終値875円)
配当利回り 0.7%(配当6円 配当性向12.6%)

レントラックスは初配当です。
成長企業の配当は賛否両論あります。バンコクに一緒にいったメンバーに無配当・成長企業の社長も一緒にいてこの議論になったときに
「機関投資家は成長企業の配当は評価しない。成長意欲がないと見られる」とのこと。

成長率にもよると思います。40%も50%もあれば無配でもいいですが20%ぐらいであれば出すべきかと。現に日本管理センターのように30%近い成長で配当性向40%という会社もあります。

配当にこだわり出したのもシーゲル博士の「株式投資」の影響が大きいです。
http://shin1111.blog.jp/archives/1026969025.html
(以前ブログに書きました)

バフェットのバークシャー・ハサウェイはPBR1.2倍を切ったら自社株買いをすると公言しています。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-01-07/O0KF1K6JIJUP01
あれだけ高配当の企業を保有していれば原資の心配はありません。究極のディフェンス株だと思います。ちなみにバークシャー・ハサウェイは無配です。




 

レンディング・クラブ、日本商業開発の下げが止まりません。
日本商業開発は大幅仕入れに伴う金利負担の増加による大幅減益予想なので、個人的にはあまり心配していません。配当も増配でしたので。レンディング・クラブはあまりのは暴落ぶりに呆然としている感じです 苦笑。

クルーズの決算をメモしておきます。

売上 277億(+33%)
営利 24.8億(+4.5%)
利益 15.28億(+11.7%)
EPS 118.62円
PER 19.35倍(終値2296円)
配当利回り 0.65%


来期予想はありません。

注目すべきは
■社員が最高540人から381人に大きく減らして中での過去最高売上。
■EC145億ゲーム130億とECがゲームを逆転
の二つでしょうか。
構造転換が大きく進んでいるようです。
ここは社長に惚れて買っているので、気長に持っていたいと思います。

今朝深夜便でバンコクから帰ってきました。3年ぶりでしたが高層ビルがあきらかに増えていて建設中の高層ビルも結構ありました。東南アジアでは一番有望だと思ってます。
たまたまランチでタンザニアのビジネスマンの方と隣合わせたのですが、安全でビジネス環境がいいことを強調していました。地価もすごく上がっているそうです。



 

日本商業開発は今日は反転して始まっています。
昨日のIRが効いたのでしょうか。

日本管理センターの第1Qの決算が出ましたのでメモしておきます。

売上  99.22億(+22.8%) 進捗率25%
営利          6.12億(+66.1%)    29%
利益       3.88億(+64%)       28%
今期PER   22.46倍(昨日終値1718円 EPS76.48)

販売用不動産が売れたからみたいですね。これで在庫は0です。

期待のイーベスト事業は6226万前年比+66%なので、順調です。
毎日数件物件案内のメール来るので、楽しみです。



 

期待の日本商業開発の来期予想がまさかの営業利益の大幅減益 泣。
連日のレンディング・クラブの暴落とダブルパンチです。
昨日車がまさかのパンク(いつの間にか釘を踏んでいました)でレンディング・クラブと続いたので、嫌な流れがきてるなあとは一瞬思ったのですが日本管理センターのサプライズも同時にあったので、いい流れになるかと思いましたが甘かったですね。
エナフンさんではないですが、流れはあるんですかね。

そこまで悲観する内容でも個人的にはなかったのですが、市場の反応は予想以上でした。
いつものように気長に待ちます 笑。

売上  173.78億(+6.9%)
営利   59.55億(+67.9%)
利益   36.05億(+93.5%)
配当      45円(+50.0%)
EPS    203.09円(+90.9%)

来期予想


売上  259億(+49%)
営利  36.9億(-3
8%
利益   44億(+22%)
配当   50円(+11%)
EPS  255.16円(+25.6%)

本日終値1887円で計算すると
今期PER7.39倍
配当利回り 2.6%

利益が高いのは何なのでしょうか?
営利を実効税率40%として計算すると利益22億になるので、PERは15倍と見ることもできます。
配当利回りで見るとこの辺は底値ではないかと楽観視してますが、短期的にはもっと下げありそうですね。

販売用不動産が226億(+79%)が前期よりも大きく積みましているので、上方修正を期待したいところです。

日本商業開発はまだ買値を上回ってますが、レンディングクラブは買値の3分の1になってしまってます。
高PERの株に手を出さないことが、大事だとあらためて思いました。

明日から海外出張なので、少し頭冷やして今後の戦略を練ってきます。





 

前回ブログに書いたベンチャーのイベントで日本の捕鯨文化をひどく非難したドキュメンタリーに憤慨して、真の姿を中立的な立場でつくった映画「ふたつのクジラの物語」(邦題仮)の佐々木芽生監督がそのフロンティア精神で、受賞をしていました。

監督が紹介されるなかで実績に現代アートのコレクターのドキュメンタリーのくだりがあり、早速昨日観ました。
なんでも鑑定団のスピンアウトの「極上!お宝サロン」は超お気に入り番組です。

ハーブ&ドロシー [DVD]
クリスト&ジャンヌ=クロード
ポニーキャニオン
2012-05-16

ハーブ&ドロシー2 ~ふたりからの贈り物~ [DVD]
ハーバート&ドロシー・ボーゲル
紀伊國屋書店
2014-06-28


素晴らしい映画でした。
元郵便局員のけして裕福でない夫婦が年十年間も駆け出しの作家の元にいってひたすら作品を購入し続け、
一枚も売らず世界的なコレクターになる話です。一枚も売らないので生活は裕福ではありません。最後は惜しげもなく美術館に寄贈してしまいます。

駆け出しのアーティストをひたすら応援し続ける、これは上場直後の会社をひたすら応援することとすごく重なりました。
PF1位の日本商業開発は結果的にですが公募から持ち続けています。途中買い増し・売却・買い増ししているので買値は変わってますが、公募(商業開発は公募から長く低迷してました)から見れば3,40倍にはなっているでしょう。

バフェットのような出来上がった会社を買うのもいいですが、まだ未完成のこれからの会社を見つけて応援するのも株式投資の醍醐味だとこの映画を通してあらためて気付かされました。

この1,2年でIPO した株をいろいろ調べて、少し買ってみようと思います。







 

おかげさまでブログが今日で一周年となりました。
本当にありがとうございます。

立ち上げた当初は自分ぐらいしか読者いませんでしたが、ゆーゆーさんに相互リンクをお願いしてから有名な個人投資家のブロガーの方にもリンクをしていただきました。
そのおかけで個人投資家パフォーマンスランキングの管理人さんにも入れていただき、今では毎日100人以上の方が見に来ていただけるようになりました。本当にありがとうございます。

よくコメントをいただくsakiさん MSさんにも深く感謝です。
コメントいただかなければ頻度がもっと少なかったと思います。

この数字が多いのか少ないのかはわかりませんが、個人投資家の方に少しでも参考になることが書ければ幸いです。何より書いてる自分が一番勉強になりました。

GWに読んで考えさせられた本を紹介させていただきます。
何人かのブロガーの方が紹介していて、バフェットが株主総会で配ったことで有名な
オークツリー(運用資産800億ドル以上)会長兼創業者の書籍です。



最初から最後までリクスとリターンの話です。
かなり示唆の富んだ素晴らしい本で、少し抜粋して紹介させていただきます。

オークツリーの理想とするパフォーマンスは相場が良いときは平均的なパフォーマンスで十分。
相場が悪いときには市場を上回るパフォーマンスをあげることだ。


下げ相場の時こそ投資家の真の実力がわかるということです。アベノミクスでブログを書いている個人投資家さんたちの高いパフォーマンスについつい熱くなって短期投資やトレンド投資をしたくなりますが、地道に今後もやっていきたいと思います。

最良の土台となるのは本質的価値である。本質的価値を構成するのは帳簿上の現金、有形資産の価値、
その企業あるいは資産の現金を生み出す能力、そしてこれらの要素が増大する余地である。
最も確実に利益を上げる方法は、本質的価値を下回る価格で買うことである。

持株の日本管理センターは本質的価値の高い企業だと思いますが、去年の8月中盤のようにPER42倍で買ったらパフォーマンスは上がらないですよね。その3ヵ月後にはPER19倍(それでもいいPER)と半分以下に落ちてます。高PERはリスクが高いことを身をもって経験しました。

景気サイクルと市場サイクルは上下動を繰り返す。

ブログを始めた前後だったかあるブロガーの方が「最近は割安な株がなかなか見つからない」と書いていました。その後チャイナショックが起きました。年始に持株の1年のPERの最高と最低を調べましたが、たった1年でもすごい上下動です。
http://shin1111.blog.jp/archives/1048820009.html

最後にバフェットの言葉を付記しておきます。

金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。
【ルール1】絶対にお金を損しないこと。
【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。








 

株式投資で年収1000万を稼ぐサラリーマンさんにブログを紹介していただきました。
ありがとうございます!すごく嬉しいです!
http://nensyu10000man.seesaa.net/article/437341714.html?reload=2016-05-04T05:51:53

GW直前にベンチャーのイベントに参加してきました。
その時に聞いた話のメモを転記しておきます。

■フィンテック
ブロックチェーンとはHTMLレベルの技術で銀行のシステムがつくれる。今の銀行とセキュリティレベルでも数十億かかっていたのが、極論数十万でできる。
米国ではすでにこの技術を使って、手数料無料の証券会社も出てきた。
新興国の中央銀行からも引き合いが来ている。
ブロックチェーンとは記録認証の革命的なシステム。改ざんできないという強みがいかせるところとしては「勘定」「タイムカード」「稟議書」「不動産取引」などなどたくさんの応用が可能。
金融庁のお偉いさんも来ていて、下記コメント。
銀行がクラウドを使ってはいけないとは言っていない。推奨もしていないが。
ビットコインを通貨として認めるとはいっていない。あれば日経の罪。

■シリコンバレー、イスラエル、北欧のスタートアップ
一番びっくりしたのがイスラエル。政治家の半分が起業家およびVC出身者とのこと。首相もボストン・コンサルティング出身。ビジネスマインドが驚くほど高い。
人口800万でベンチャーに投入される資金は6000億と日本の5倍。
教育熱心な国で、幼稚園からプログラミング・物理を教えている。
アップル・フェイスブック・インテルで米国以外で初のR&Dはイスラエル。
北欧も5年前までは、起業するベンチャーにいくというと、親があまりいい顔をしなかった。
今は逆でむしろ応援してくれる。起業家へのリスペクトは日本30%北欧50%米国70%。
シリコンバレーの資金流入がここに来て急激に下がっている。
スタンフォードの前学長は元起業家。
最近は宇宙・創薬に資金が集まっている。ちなみにイスラエルは脳。

ブロックチェーンがすごいことになりそうです。
ネットが出てきてウォルマートを 超えるアマゾンが出てきたように、ブロックチェーンですごい金融機関が出てくると思うと、わくわくしますね。

「AI」「ビッグデータ」「ブロックチェーン」などの大きな技術革新が出てきてますが、そういった技術をサポートするソリューション系の会社よりもそれを使ってビジネスをする会社にすごく興味があります。

ビッグデータを使ってビジネスをしている上場企業はないかなと思っていたらバロンズで以下の会社の記事が出ていました。

イノベーロン・ホールディングス(INOV)
独自の医療データを病院・医師に提供している。似た症状の患者のデータも保有し、処置方法も提供できる。
売上5億ドル 利益1.5億ドル キャッシュ5億ドル

ヤフーファイナンスを見ると、株価16.78ドルでPER37倍です。
高PERの米国株はレンディングクラブ(今日も大暴落 泣)で痛いめ見てますが、かなりそそられます 笑。

GWは軽井沢の星野やに来てますが、雰囲気がよく超おすすめです!
今日は雨なので、一日読書と温泉になりそうです。





FBで主要ネット系上場企業時価総額がシェアされていて155社のランキングをながめていると、意外な企業が上位にあり、びっくりしました。

40位 ブランジスタ 806億
http://www.brangista.com/ir/


 チャート画像

チャートを見るとすごい急騰です。
以前保有していたネクシィーズの子会社で電子書籍をやってることぐらいしか知識がなく、
業績を調べてみると

今期売上28億 営利5億

近藤社長のブログを見ると、
http://ameblo.jp/kondotakami/entry-12152180071.html
時価総額900億から20億まで下がり、2社合計で過去最高値の900億を超えたと書いてありました。
ネクシィーズ単体でも約220億あります。ブランジスタの持株比率が約半分あるので、その観点から見れば超割安です。

チャート画像

「代理店事業はもうやりません」
過去の事業の変遷から見ると、大きな構造改革をしていました。

時価総額1000億とは営業利益で100億クラスの会社なので個人的にはバブルの匂いを感じますが、近藤社長の経営方針には共感します。

テーマ株(電子書籍)で流通量の少ない株は値動きが魅力的ですね。
売りが下手なので、手が出ないですが。






 

前回も取り上げたZAIの記事。
http://shin1111.blog.jp/archives/1054142574.html
今回も勉強になります。
http://diamond.jp/articles/-/89966
利益よりも設備投資が大きい企業は総じて株価が低迷しています。

理想はこのブログで何度も書いてますが、高配当・成長株のような成長資金をあまり必要としない会社ですね。
地でいっている日本商業開発がPER11倍なのは解せないですが、FPGも長らく低PERだったのでどこかで日が当たるかと 笑。


















↑このページのトップヘ