なかなかここ1,2年は上場株の投資熱がもどってこなくて、ブログの更新も滞りがちでした。
その分スタートアップ株には数社伸びしろのある企業に投資できたので、これらがIPOするのを楽しみにしたいと思います。

毎月パフォーマンスを計算することで、きっちり振り返りができるのはよかったと思っています。
年間パフォーマンスのおさらいです。
2018年     -12.19%
2017年  +8.59%
2016年  +11.37%
2015年  +11.70%

主な持ち株の年間最高値と最安値です。
バークシャー・ハサウェイ(12月決算)
最安値 最高値
2016 123.55 2 167.25 12
2017 158.61 1 200.50 12
2018 184.75 6 224.07 10
安定して下値が上がってます。12月は瞬間的にPBR1.2倍までいきましたが、今期決算を考えると来年は200ドルが最安値ではないですかね。

日本商業開発(3月決算)
最安値 最高値
2016 1363 4 2239 4
2017 1591 1 2089 2
2018 1327 12 2024 8
こちらは逆に最高値が順調に切り下がってます 苦笑。配当55円を毎年もらっているので救われてますが。早く次の主力銘柄を見つけて乗り換えたいところです。5月の決算前後がひとつの山ですかね。

M&Aキャピタルパートナーズ(9月決算)
最安値 最高値
2016 1448 2 3070 12
2017 3075 1 7950 10
2018 3110 12 10880 6
この銘柄が一番ジェットコースターでしたね。日本管理センターの2370円(2015.8)から全く復活できてないのを彷彿とさせますね。
この銘柄の業績推移を見ると、ビジネスモデルの旬の速さにもう少し対応しないとなかなかパフォーマンスが出ないなとあらためで気づかされます。

日本M&Aセンター(3月決算)
最安値 最高値
2016 1029 2 2110 1
2017 1490 4 2569 12
2018 2029 12 3830 4
PERで見るとM&Aキャピタルにダブルスコア(42倍VS22倍)です。参入ラッシュにどこまで耐えられるかが見ものです。

エムケイシステム(3月決算)
最安値 最高値
2016 514 2 1055 1
2017 745 4 1283 4
2018 361 12 1397 2
重田さん頼みです 笑。今年どこかでSAAS企業の見直しがあるのではというのと買収される可能性を感じてます。