メルカリ噴きましたね。
公募でお持ちの方おめでとうございます。

大手証券会社を辞めてシンガポールでAI×ヘッジファンドを立ち上げた友人と数年ぶりに会って聞いた話では大手ヘッジファンドで成績がいいのは、ほぼほぼAIで運用しているファンドだそうです。
友人は為替トレーダーですが、数年前から仲間うちでなかなか勝てないのはAIの影響だと話題になってたそうです。
株式トレーダーがゴールドマンで600人から2人に減ったというニュースもありました。
https://gigazine.net/news/20170208-goldman-sachs-automation/
金融こそ膨大なデータを読み解くのでAIとの相性は抜群みたいです。

そんなときに大手証券会社の営業マンからこんなファンドの売り込みがありました。
GSグローバル・ビッグデータ投資戦略
https://fund2.smbcnikko.co.jp/smbc_nikko_fund/qsearch.exe?F=detail_kokunai1&KEY1=35312172
ファンドの規模が大きいため管理報酬大きくて、通常のファンドでは高く買えないデータを買えるのが強みだそうです。
クレジットカードのデータ(どこの店でどのくらい売れたか)も米国では売られているそうで、そういったデータを購入して運用しているとのこと。

これが本当だとすると、BtoC関連の銘柄は確実にAIにやられますね 笑。
パフォーマンスも悪くないようです。

チャート画像

銘柄発掘を楽しみとしている身としては、AIごときに負けたくないですね 笑。