今年もよろしくお願いします。
毎年恒例の持ち株の高値安値を調べてみました。

バークシャー・ハサウェイ(12月決算)
最安値 最高値 変化率
2016 2 123.55 12 167.25 35%
2017 1 158.61 12 200.50 26%
年始に最安値つけて年末に最高値と理想的な形ですね。
基本老後の資産防衛の意味合い強いので、気長に見守りたいと思います。

※EPSは株価直近の今期予想を入れてます。
日本商業開発(3月決算)
最安値 PER EPS 最高値 PER EPS 変化率
2016 1 1363 6.69 203.86 4 2239 8.77 255.16 64%
2017 4 1591 19.94 79.78 2 2089 8.19 255.16 31%
今年は振れ幅意外と小さかったですね。あの驚愕の決算前に最安値をつけているので、投資家は警戒してたということですね。決算前に買った自分の愚かさをあらためて認識しました 苦笑。

M&Aキャピタルパートナーズ(9月決算)
最安値 PER EPS 最高値 PER EPS 変化率
2016 2 1448 23.63 61.26 12 3070 34.14 89.93 112%
2017 1 3075 34.19 89.93 10 7950 47.96 165.76 159%
バークシャーと同じく年始に最安値で年末にかけて最高値と理想的です。PER的にもM&Aセンターとの比較でみると適正ですね。

日本M&Aセンター
最安値 PER EPS 最高値 PER EPS 変化率
2016 2 2150 38.92 55.24 6 3565 52.93 67.35 66%
2017 1 3185 47.29 67.35 10 5740 67.83 84.62 80%
最高値の67倍はちょっと行き過ぎですね。

エムケイシステム(3月決算)
最安値 PER EPS 最高値 PER EPS 変化率
2016 2 1029 13.57 75.80 1 2110 27.84 75.80 105%
2017 4 1490 13.81 107.89 12 2569 23.81 107.89 72%
すぽさんは割安と評価してますね。来期決算予想によってはPER30倍以上も確かにありえますね。第3Qの決算を見て追加投資を検討してみようと思います。

今年は大きな調整あるかも知れません。
新銘柄の発掘も2つくらいはしたいですね。

今年もよろしくお願いします。