12月パフォーマンス     前月比3.14%(前月2.11%)
2017年パフォーマンス 
8.59%(2016年11.37%

この絶好調の相場でお恥ずかしい限りです。前半の数字を考えれば良しとしないといけないですね。
超大型株のバークシャーに救われました。このブログを始めて3年連続で10%前後と、今さらですがバフェットの長期での20%の偉大さが身にしみます。

平均取得 年初 12月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 140.29 163 199.12 42% 22% 47%
日本商業開発 1593 2004 1722 8% -14% 27%
エムケイシステム 2059 2313 12% 9%
M&Aキャピタル 1785 3200 7370 313% 130% 4%
日本M&Aセンター 3216 3250 5370 67% 65% 2%
日本管理センター 537 1301 1637 205% 26% 0.9%
FPG 471 1009 1369 191% 36% 0.8%
クルーズ 3525 2749 2480 -30% -10% 0.2%
日本駐車場開発 138 166 192 39% 16% 0.1%
8.7%
ドル 116.72 112.8 -3% 0.3%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます。
■バークシャー・ハサウェイ    前期PER26.4倍 前期PBR1.6倍
今年はこの超大型株に救われました。本来はディフェンシブの意味で保有してましたが、そのあたりがバブルの様相なのかも知れません。

■日本商業開発  PER21.58倍(79.78) 配当利回り3.2%(55)
年初来-14%では 泣。まさかの大幅減益予想ではありましたが、冷静に考えれば予期できていたでしょう。
経験値を上げてもらったという意味では感謝かと 苦笑。来年5月の決算発表が来期の利回りのひとつの大きな山場ですね。

■エムケイシステム PER21.44倍(107.89)配当利回り0.91%(21)
今期一番新規で投資した銘柄です。買っても買っても下がるので、本来であれば仕込み中の下落が大歓迎のはずですがその辺がメンタル含めまだまだですね。

■M&Aキャピタルパートナーズ PER44.46倍(165.76)
今期2.3倍と一番のパフォーマンスでした。持ち株比率低いので貢献度は小さいですが、テンバガー狙えそうなのでしっかり持ち続けようと思います。

■日本M&Aセンター PER38.18倍(140.63) 配当利回り0.63%(34)
M&Aキャピタルと株価はいい勝負でしたが、ここにきて差がついてきました。M&A業界の未来は明るいので、この2銘柄の株価のデッドレースを来年も見守っていければと。

下記4銘柄はNISA枠でのみの保有です。
■日本管理
センター PER17.88倍(EPS91.52) 配当利回り2.26%(37)
■FPG    PER11.96倍(EPS114.45) 配当利回り3.6%(49.25)
■クルーズ 前期PER9.21倍(前期269.05) 前期配当利回り0.6%(前期15)
■日本駐車場開発 PER34.04倍(EPS5.64) 配当利回り1.95%(3.75)
2014年に投資した銘柄が来年末で5年満期です。売らなくてはいけないのかと思って調べてみたら、口座変更できるみたいで移した時の時価が取得価格になるようです。
自分のメモリーとしてNISAで購入した株は、口座変更後もよっぽど業績悪くない限りは保有し続けようと思います。