生涯投資家
村上 世彰
文藝春秋
2017-06-21


 面白かったです。
言動・行動でかなり誤解を受けるキャラクターだとは思いますが、ポリシーをもって投資をしていたことはこの本を読んであらためて思いました。

東京スタイルの高野社長のくだり(大株主に会おうともしないし会っても敵対的な態度)は上場企業の風上にもおけないひどい態度だと、思わず憤慨しました 笑

ほとんど株式を持たない生え抜きのサラリーマン経営者が株主を軽視するのはガバナンスがない環境ではむしろあたり前で(そうするインセンティブが全くない)、村上さんの主張するガバナンスも大事ですが、経営陣が株主と近いポジションとなる米国型の仕組みのほうが行き過ぎはあるにせよ良い仕組みだと思います。

あらためて自分の持ち株を見るとバークシャーを筆頭にオーナー経営者ばかりでした。

村上さんのお父さんの教えである「株は上がったら買う、下がったら売る」は新高根投資法にも通じる格言だと思います。
日本商業開発の投資を考えると2000円を超えたあたりから投資を始めるのが正しいでしょうね。わかってても出来ないですが 苦笑。