新規投資先をこの2,3年のIPOした会社から見つけようと思い、東証の新規上場会社情報を眺めていました。
http://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html
そこで目に留まったのがエムケイシステム(クラウド銘柄を探していたので)。
http://www.mks.jp/company/

まるのんさんが投資をした後にすぽさんも投資をした銘柄です。
お二人が投資した当時は「(社会労務士の)市場小さすぎてそこまで成長しないのでは」
と思いスルーしてましたが、以下の理由で考え直しました。

■人手不足による生産性向上でIT化が遅れてる業界にチャンスがあるのでは。
※エムケイシステムの社会保険事務所のシェアが8%。パッケージソフトの競合企業は存在するがクラウドはエムケイシステムのみ。
■頻繁に制度変更があり、パッケージよりもクラウドが向いている
■データの連続性が強く、スイッチングコストが高い(バフェット的にいえば堀が深い)
■社労士の高齢化による世代交代(まるのんさんの記事より)
■一般企業への導入の可能性

2017年3月決算
売上 16億 

営利 4.14億
利益 2.59
粗利 10.3億
粗利率64%
ROE   24.9 %    
EPS    96.63円
配当金 19円     
配当性向19.7%  


今期予想
売上 20.15   △25.9%
営利 4.57億   △10.4%
利益 2.92億 △12.8%
EPS    107.89円 △11.6%
配当性向 19.8%(19.7%)
配当金        21円 △10%

終値   2100円(7月7日)
時価総額 56.9億
今期PER 19.46倍
配当利回り  1% 

配当性向も20%近くあり、成長局面にもかかわらず資金需要が低いのも魅力的です。
時価総額が低いので機関投資家も入ってこず、当面はPER15から25倍のレンジで推移すると予想してます。