決算ショックから早一週間が過ぎました。
2期連続の大幅減益決算予想を冷静に考えてみたいと思います。

売上 粗利率 販売在庫
17.4 146 26% 316
17.3 24 38% 354
17.2 57 39% 292
17.1 39 21% 306
16.4 31 29% 226
16.3 21 11% 163
16.2 2 63% 134
16.1 119 52% 88
15.4 69 37% 126
15.3 1 30% 120
15.2 91 22% 117
15.1 1 26% 167


2016年決算期(2期前)の第1Qの売上と粗利率が突出しています。
今思えばその反動が来ることを予想できたかも知れません。
今の持ち株でいえばM&Aキャピタルパートナーズが同じ匂いがします。レコフの案件が今期はブレイクしてますが、来期も同じように大型案件をもってくるとは考えないほうがいいかも。

2017年期の4Qが過去最高売上にもかかわらず、販売在庫も高推移で一見安泰に見えますが粗利率が2016年1Qの約半分なので、ここをどう見るかですね。会社の見解は仕入れの高騰と説明ありますが、自社ファンドへの売却なので少し安く売って利回りを良く見せる意図も感じられます。

相変わらず決算説明が秀逸です。(かなり主観ですが 笑)
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1467559

自社ファンドを中心とすることでフロー収益主体からフロー+ストック(ファンド管理フィー+物件管理費)へとビジネスモデルの転換を計ってるところは、かなり僕的には嬉しい展開です。

出口がファンドと決まっているので仕入れれば仕入れただけ儲かる、なので仕入れの社員を高水準で採用するから販売管理費の圧迫で今期は大幅減益、会社説明的には「過渡期」だとの説明。

28頁の今期・来期のストックオプションの行使条件がすごいです。
2018年または2019年に当期利益55億(30%行使)か当期利益65億(100%行使)で行使とのこと。今期予想が14億なので、すごい開きです。
65億で計算すると、EPS約367円で配当性向25%として92円。
配当利回り3.5%とすると2628円。
こうなると上方修正もすごいことになっているので、3000円オーバーも夢ではないとだんだん妄想が膨らんできました 笑。

夢のある銘柄というのは変わらないので、まだまだ夢をおっていきたいと思います。
懲りない投資家だなあと、我ながら馬鹿さ加減に少し自己嫌悪の毎日です。