売上  285億   2.6%
営利        21億   △15.1%
利益          32億   111%
粗利   86億  △17% 
粗利率  30%  前年37%
ROE  30.8%   前年18.5%
EPS  269.05円   110%
配当金       15円  前年15円
配当性向  5.6%      前年11.8% 

ゲームの譲渡益がおもいっきりあって、通常のPERで判断してもしょうがないので
セグメントの状況をメモしておきます。

コマース事業
売上 190億 31%
利益 5.4億  45%
ゲーム事業
売上  91億 △30%
利益  16億 △24%


ゲーム事業を横ばいとしてPER11倍(ガンホー、ミクシィ来期11倍)と見ると
16億×11倍=176億
今日の終値2980円時価総額385億とすると、コマースの事業価値が
385億 ー176億=209億
209億 ÷ 5.4億 =約39倍

この計算式で行くと今の株価は少し割高かと。
年末から来年頭に投入予定のゲームが当たればまた違った展開になるし、コマースは30から40%成長を維持できれば、株価期待できるかと。
新規事業は当たればラッキーぐらいに見ておきます。

M&A業界の成長性に賭けてM&Aキャピタルと日本M&Aセンターに投資したのは今のところ功を奏していますので、ファッションECの成長性に賭けてクルーズにどこまで賭けるか(ZOZOと両方いくという選択肢も)思案のしどころです。

株価もだいぶこなれてきたので、少しづつ買いまして行こうかと。

もっと落ちると思った日本商業開発は不思議と小幅ながら続伸ですね。
みんなの株式で「買い予想数上昇5位」とのこと。
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201705160414

案外人気あったことに、不思議な感じです。