バフェットが妻の財産運用でS&P500を推奨したことはニュースでも結構出てたので、知ってる方も多いと思います。

妻への相続のための信託で「現金の10%を政府短期債で、残り90%はS&P500のインデックスファンドで運用するよう指示しました(超低コスト投信で知られるバンガード社の投信を勧めます)。こうした方針をとることにより、高額な手数料をとる運用者を抱えている他の投資家よりも、長期では優れた結果を残せると確信します」 

バフェット研究家の東条さんはメルマガ(ブログでは読めない良記事多くおすすめです)でバークシャーとS&P500どちらがパフォーマンスがいいか分析してますが、S&P500よりも高いパフォーマンスを上げているのが配当貴族指数だそうです。以下のブログでバークシャーと配当貴族指数を比べていてすごく勉強になりますので、よろしければ。

バフェットvs配当貴族指数!リターンが高いのはどっち?
http://hiromethod.com/sp-500-dividend-aristocrats-vs-berkshire-hathaway

アクティブがインデックスに負けるのは運用コストが高いからで、最高の運用者(バフェット)をほぼゼロで配当再投資も自動的にやってくれるバークシャーハサウエイ(BRKB)が最高のファンドだとあらためて確信しました。
投資未経験者に長期運用を相談された時は、いつもBRKBを勧めています。