2月度パフォーマンス     前月末比7.28 (前月-7.05%
2016年度パフォーマンス       -0.29% (前月-7.05%

1月のパフォーマンス、外国株の計算を間違えていて総合も2%ほどずれていました。
申し訳ありません。
日本株・外国株で分けて計算するのをやめて統合することにしました。
何とか戻したので、ほっとしています。

  年初 1月末 2月末 前月比 年初来 取得価格 比率
バークシャー・ハサウェイ 132.04 129.77 134.17 3.39% 1.6% 137.99 31.6%
日本商業開発 1782 1605 1795 11.84% 0.7% 1567 27.4%
日本管理センター 1460 1323 1767 33.56% 21.0% 1289 19.7%
外国株式インデックス 21268 19368 18553 -4.21% -12.8% 10786 5.2%
米国配当成長株 11882 11175 11062 -1.01% -6.9% 11594 3.1%
M&Aキャピタル 1835 1606 1716 6.85% -6.5% 1785 3.1%
日本駐車場開発 139 121 120 -0.83% -13.7% 104 2.5%
レンディング・クラブ 11.05 7.38 8.73 18.29% -21.0% 13.49 1.8%
AIT 1174 1079 937 -13.16% -20.2% 1124 1.1%
レントラックス 808 719 711 -1.11% -12.0% 777 0.7%
クルーズ 2940 2548 2230 -12.48% -24.1% 2066 0.7%
FPG 956 948 1014 6.96% 6.1% 471 0.6%
ドル 120.48 120.3 112.98 -6.08% -6.2% 0.4%
            2.2%

■バークシャー・ハサウェイ
先日発表された決算のニュースを見ると純資産+6%営業利益+21%と好決算だったようで、順調に上げています。かなり円高なので円計算だとマイナスですが。(パフォーマンスは円ベースで計算しています)
IBM株が上値のしこりですね。

■日本商業開発
やっと年初来に戻しました。買値平均も何とか上回ってきました。マイナス金利で不動産株は期待大です。
5月の決算発表が楽しみです。

■日本管理センター
この株の急騰で救われました。去年8月の買戻し1756円を少し上回りました。長かったです。急落を想定して平常時は15%くらい現金を持つべきですね。特に日本管理センターのように高PER株の比率が高いときは。

■外国株インデックス 米国配当成長株
銀行のお付き合いで買った2本のファンドですが、円高でひどいパフォーマンスです。売って日本商業開発に乗り換えたいですが・・・・。

■M&Aキャピタルパートナーズ
高PER株なので、上下激しいです。上方修正期待したいところです。

■日本駐車場開発
暖冬により子会社のスキー場開発の業績悪化で株価もさえません。あの決算でも配当利回りが高いので下値は固いようです。

■レンディング・クラブ
決算発表前に大暴落して買値の半分以下までいってしまったのでひどい決算が出るのかと覚悟してましたが、
売上+72%で赤字額も大幅縮小で株価も急速に戻してきました。決算前の暴落はなんだったのでしょうか。
高PER株(レンディング・クラブは赤字ですが)を仕込む時は、急落時の仕込みも想定して買わないとダメですね。追加投資して買値を下げておきたいです。

■AIT エーアイティー 
中国不安からかじりじり下げています。比率低いので当面は静観です。

■クルーズ
ゲーム業界の自粛で大幅下げです。しかしボラティリティの高い株です。大化け夢見て気長に持ってます。

■FPG
NISAでのみ持ってる株です。販売は順調ですが組成がそこまでではないので、組成噴いたときに大きく仕込もうと思ってます。