しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

決算ラッシュはどきどきですね。これも株式投資の楽しさの一つかと。
エリアリンクは決算発表好調です。配当も33円から39円と増配も合わせて発表になりました。

売上88.5億(-20.3%) 進捗率52%
営利12.23億(-44.1%)    73%
利益  7.88億(-40.2%)    72% 
今期PER13.66倍(EPS88.9)
今期配当利回り3.2%(配当金39円)


 
日程進捗率から見て、上方修正は固いですね 笑。何か減損あるかも知れないですが。
トランクルームもこの1年で12%も増えています。
http://www.arealink.co.jp/images/news/937_989_1.pdf?20160731081904
稼働率も高水準で推移しているので、こういったストックビジネスは安心して見てられます。 

 

日銀に救われました。
ずっと我慢の日々ですね。

 月パフォーマンス     前月比0.43%(前月-10.68%)
2016年パフォーマンス      -9.26%(前月-9.64
%)

 
  平均取得 年初 7月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 137.99 132.04 144.27 5% 9% 34%
日本商業開発 1567 1782 1529 -2% -14% 26%
日本管理センター 1289 1460 1305 1% -11% 16%
外国株式インデックス 10786 21268 18917 75% -11% 5.8%
米国配当成長株 11594 11882 11411 -2% -4% 3.5%
M&Aキャピタル 1785 1835 2155 21% 17% 2.8%
日本駐車場開発 104 139 124 19% -11% 2.8%
FPG 783 956 1037 32% 8% 1.4%
エリアリンク 1240 1215 -2%   1.3%
レンディング・クラブ 13.49 11.05 4.62 -66% -58% 0.9%
レントラックス 777 808 677 -13% -16% 0.7%
クルーズ 2066 2940 1931 -7% -34% 0.6%
アメイズ 755 739 -2%   0.2%
      1.4%
ドル   120.48 103.47   -14% 2.5%
 ※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます。

■バークシャー・ハサウェイ
円高でパッとしないですが、年始来は株価で+9%なので満足してます。

■日本商業開発  今期PER6倍(EPS255.16) 今期配当利回り3.27%(配当金50円)
第一四半期の決算発表を楽しみに待ちたいと思います。不動産市況は絶好調なので、忍の一字かと 苦笑。

■日本管理センター今期PER17倍(EPS76.48) 今期配当利回り2.45%(配当金32円)
株価はかなり軟調ですね。ただPERから見ると妥当かと。去年の40倍は何だったんですかね。管理戸数の増加数が前期よりも減少しているのが気になりますが、売買に期待です。

■M&Aキャピタルパートナーズ 今期PER28倍(EPS76.46)
上方修正が発表されました。持株の上方修正は本当に嬉しいですね。決算発表の失望売り(固めの決算予想)で買って上方修正発表(毎年の常連)で売りというのも小遣い稼ぎにはありな投資かも。

■日本駐車場開発 今期PER33.7倍(EPS3.68) 今期配当利回り2.8%(配当金3.5円)
ここもあせらずじっくりですね。

■エリアリンク 今期PER13.66倍(EPS88.9)今期配当利回り3.2%(配当金39円)
33円から39円の増配の発表がありました。嬉しいですね!配当利回りも魅力的なので買い増しを検討したいです。

■FPG    今期PER11.72倍(EPS88.41) 今期配当利回り3.4%(配当金35.5円)
第3四半期の決算発表の進捗はなんのサプライズもなかったですね。

レンディング・クラブ
バッド情報続くなかでの横ばいの株価なので、気長に持ってます。

■レントラックス 今期PER14.26倍(EPS47.45) 今期配当利回り0.88%(配当金6円)
相変わらず月次の売上はいいので、どこかではまた株価見直しされるかと。8月10日の進捗率期待したいです。

■クルーズ 前期PER倍16.27倍(EPS118.62) 前期配当利回り0.77%(配当金15円) 
ポケモンGOの影響が短期的には心配ですが。

アメイズ  今期PER17倍(EPS43.55) 今期配当利回り2.7%(配当金20円)
株価買値近くまで戻りました。熊本での復興特需どうなんでしょうか。

月一回の振り返りは、本当にいいですね。

 

昨日は銀行のゴルフコンペに参加させていただきました。
外食関係の上場企業の社長さんと同組でした。国内は厳しく海外シフトとのこと。人口減にかなり危機感を持っていました。
シンクタンクのセミナーでも2020年までに京都府に匹敵する200万人減とのこと。想像以上に人口減は影響大きそうです。

優待を改悪したヴィレッジヴァンガードが暴落です。
チャート画像

業績関係なく優待利回りで買うリスクですね。業績が悪化しているのに優待で買われている銘柄は売りのチャンスかも知れません。

ポケモンGOの既存アプリ市場に与える影響を端的に書いてある秀逸ブログです。
昨日夕方近所を散歩していたら、結構たくさんの人がやってました。
スマホアプリ関係で大きく影響を受ける銘柄が出そうです。思惑で月曜から売り込まれるかもしれません。

思いつく大型銘柄の終値だけメモしておきます。
DeNA    2793円(-0.21%)
グリー       505円(-1.17%)
コロプラ          1950円(-4.88%)
ミクシー   3510円(-1.96%)

金曜段階で下げてますね。同じ位置ゲーのコロプラが影響大とのことでしょうか。
持株のクルーズが心配です 苦笑。











 

ブレグジット後の戻りは予想以上に早いですね。
橘玲さんのコラムが参考になります。
http://www.tachibana-akira.com/2016/07/7311
次はイタリアですかね。

日本管理センターの管理戸数です。
3ヶ月連続でしょぼいです。連動して株価もさせません。

年度 総数 前月純増数 前年度 前年比
2016 6 70909 312 787
5 70597 244 574
4 70353 451 1186
3 69902 1109 1411
2 68793 900 943
1 67893 1618 826
累計 4634 5727 81%

売買のほうは頻繁に物件案内のメールが来るので、そこに期待したいですね。
日本の不動産のほうは相変わらず過熱気味のようです。
 

持株で唯一絶好調のM&Aキャピタルパートナーズの大量保有者が判明しました。

 6080 M&Aキャピタルパートナーズ                 保有割合
提出者:インベスコ・アセット・マネジメント            5.00%

これが急騰の理由ですかね。

なちゅさんが日本商業開発について考察を書いてます。
http://ameblo.jp/mtr-cyberbranch/entry-12176969221.html

ホルダーですと、ついつい身内びいきのコメントに反応してしまいますね。
パフォーマンス悪化の主役ですが、1年後の決算に期待してのんびり持っていたいと思います。



 

商業開発からのグルメ券が届きました。
優待はどうなの?と思いつつ嬉しいですね。
年初来-20%くらいを覚悟してましたが、-10%であれば許容範囲です(強がってます 笑)。

6月パフォーマンス     前月比-11%(前月-6%)
2016年パフォーマンス      -10%(前月+1.16
%)


  平均取得 年初 6月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 137.99 132.04 142.12 3% 8% 34%
日本商業開発 1567 1782 1500 -4% -16% 25%
日本管理センター 1289 1460 1358 5% -7% 17%
外国株式インデックス 10786 21268 17345 61% -18% 5.4%
米国配当成長株 11594 11882 10593 -9% -11% 3.3%
M&Aキャピタル 1785 1835 2367 33% 29% 3.1%
日本駐車場開発 104 139 123 18% -12% 2.8%
エリアリンク 1240 1309 6%   1.4%
FPG 783 956 1043 33% 9% 1.4%
レンディング・クラブ 13.49 11.05 4.76 -65% -57% 0.9%
レントラックス 777 808 699 -10% -13% 0.8%
クルーズ 2066 2940 1981 -4% -33% 0.7%
アメイズ 755 691 -8%   0.2%
      1.4%
ドル   120.48 102   -15% 2.5%
 ※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます。

■バークシャー・ハサウェイ
円ベースで見るとマイナスかと思いますが、ここは安心して持ってます。

■日本商業開発  今期PER5.9倍(EPS255.16) 今期配当利回り3.3%(配当金50円)
この持株比率でなければ買い増ししたい水準です。フロービジネスで対前年ですごい決算の会社は以前のFPGもそうですが、固い予想が出て暴落という構図ですね。この経験は次に生かしていきます。

■日本管理センター今期PER17.7倍(EPS76.48) 今期配当利回り2.35%(配当金32円)
PER・配当利回りともに適正かと。投資用物件の異常な市場の過熱に売買での利益伸長が期待できるかと。

■M&Aキャピタルパートナーズ 今期PER38.6倍(EPS61.26)
同業のストライクもかなり順調ですね。PER40倍なのでさすがに割高だと思いますが、需要がかなり強いので、3000円前後まで勝負しようかと。

■日本駐車場開発 今期PER33.4倍(EPS3.68) 今期配当利回り2.8%(配当金3.5円)
PERは割高ですが、配当利回りで見ると妥当かと。ここは東南アジアが期待大ですね。

■エリアリンク 今期PER14.7倍(EPS88.9)今期配当利回り2.5%(配当金33円)
EUパニックでも追加購入しましたがまだ金額的には妥当なので、追加購入予定です。

■FPG    今期PER11.8倍(EPS88.43) 今期配当利回り3.4%(配当金35.5円)
ここもEUパニックで追加購入しましたが、まだ割安なのでどこかでは追加購入したいです。

レンディング・クラブ
スキャンダル続きますね、大底なのかもうダメなのか、ちょっと判断しかねるのでとりあえず様子見ですかね。持ってるのは意地ですね 笑。

■レントラックス 今期PER14.73倍(EPS47.45)今期配当利回り0.85%(配当金6円)
この配当・時価総額・伸び率であれば妥当かと。PER20倍超えたら売却ですかね。熱は冷めてます 笑。

■クルーズ 前期PER倍16.7倍(EPS118.62) 前期配当利回り0.75%(配当金15円) 
通販事業のテレビCMやるみたいですね。ここは宝くじ的のりですね。

アメイズ  今期PER15.8倍(EPS43.55) 今期配当利回り2.9%(配当金20円)
復興特需を期待して買いましたが、熊本以外の九州のホテルはよく考えればだめですね。エリアリンクのほうに強く魅かれているので、放置か売却の予定です。

ブランジスタの暴落(ブログ紹介時の半分)を見て売りをどこかで挑戦したいですね。






 

金曜日はパニックでしたね。
早朝離脱派が敗北宣言とのニュースを見て出社したので、のんきに株が下がっているのを見ても「反転せず残念」ぐらいにしか思ってなくて、EU離脱でのパニック売りと気付いてからは何か買わねばと思いFPGを985円とエリアリンクを124円で少しですが買い増ししました。

このツイッター見ると、離脱するのもしょうがないなと思いました。
http://netgeek.biz/archives/76287 
先進国を中心に離脱が続くかも知れません。
トランプ当選も全くないともいいきれなくなってきました。

保有している日本株は内需株ばかりなので、のんびり見守るくらいしかないですね。





 

ネタが無いのもありますがこれだけ下がると書く気がおきませんね、それではいけないのですが 苦笑。
メンタル鍛えないとダメですね。
最近急騰しているM&Aキャピタルパートナーズを先週ですが持株の3分の1を約2455円で売却しました。
PER40倍はないかと。
昨日上場した同業のストライクも初値つかずですね。その効果か戻りも早いです。今日も上がるようであれば少し売却しようかと。

エリアリンクも先週122円で少し追加購入しましたが、こちらは短期で急騰してます。買い集める前なので複雑です 苦笑。

日本管理センターの管理戸数、2ヶ月連続で対前年の増加戸数を大きく下回ってます。
その影響か株価もさえませんね。それでもPER19倍なので適正かと。


  年度 総数 前月純増数 前年度  前年比
2016 5 70597 244 574
4 70353 451 1186
3 69902 1109 1411
2 68793 900 943
1 67893 1618 826
累計 4322 4940 87%


先週は少しだけ残っていたAITを全て売却し、トランクルーム大手のエリアリンクを打診買いしました。
結局また不動産関連銘柄です。なんだかんだ好きなんでしょうね。
買った途端に下げたのはお約束ですが 苦笑。
何度かこのブログでも書かせていただいたトランクルームの将来性とエリアリンクの内容を見てです。

2015年12月決算
売上 171.73億(前年比-5.2%)
営利   26.57億(+18.9%)
利益   15.5億(+0.6%)

2016年12月決算予想
売上168.06億(-2.1%)
営利  16.75億(-36.9%)
利益  10.91億(-29.6%)
EPS  8.89円
配当 3.3円(配当性向37%)

終値122円(6月10日)で計算すると
PER 13.72倍
配当利回り 2.7%

今期見込みが減収減益なのは前期の決算に収益物件の販売が大きく寄与したとのことだそうです。
見た目悪いので、このPERかと思いますが、それでも日本商業開発の7倍よりは全然高いです。

決算動画は個人的にはすごく良かったです。
http://www.irwebcasting.com/20160215/5/a4198189d2/mov/main/index.html

日本商業開発が不動産のフロービジネスなので、エリアリンクがストックなのはバランスが取れていいかも知れません。(勝手にそう思いたいのかも知れません)
機関投資家・アナリスト向けの決算投資家向け資料がアップされていました。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=31076&code=3252

マイナス金利で利回り商品にもっともっと資金がつくと予想していますが、実際どうなんでしょうね。
気長に待っていたいと思います。








 

先日ある投資物件の提案がありました。
借地に置いたトランクルーム仕様のコンテナです。
場所はバラバラで関東・北陸・東海などなど。
一部上場企業の10年前後(物件の土地の契約により異なる)の約10%の利回り保証付きです。 

一部上場企業の保証付きとはいえ借地に置いたコンテナで土地が契約満了で終了するリスクもあるし、
そもそも郊外や地方でそんなにトランクルームのニーズがあるのか?と思って保留にしていましたら、あっという間に完売してました。トランクルームは地方とはいえなかなか適地物件が見つからないそうです。
コンテナだけの投資なので償却が取れるのも大きな利点だそうです。
そんないい物件が売り出しされた理由は、決算対策の益出しとのこと。

同じく借地にバーベキューをやっているところの権利だけ(運営はもとの所有者がやるとのこと)という案件もありました。これも上場企業が一部買ったとのこと。

土地建物の所有と運営の分離は星野リゾートはじめよく聞きますが、借地での上物だけの所有と運営を分けて投資商品にしているのは、新たな市場なのか時代の仇花なのか、どっちなのでしょうか。

以前ブログにも書きましたがトランクルーム(ストレージ)市場は面白いかもしれません。
http://shin1111.blog.jp/archives/1035482569.html

 

AITを909円で一部売却し、FPGを1234円で少し買い増ししました。
FPGは5月の組成が昨対で大きく伸びていたので。

友人のFBで四季報で過去5年間で株価10倍の記事が紹介されていたので、紹介させていただきます。
http://shikiho.jp/tk/news/articles/0/120136

上位10銘柄を紹介させていただきます。
※2011年5月25日~2016年5月25日

ディップ       68.4倍
シノケングループ   36.3倍
アイサンテクノロジー   36倍
クスリのアオキ    24倍
MonotaRo       23.7倍
クリエイト・レストラン    23.6倍
ファインデックス     23.2倍
JAC Rec       22.7倍
ドーン         20.8倍
フューチャーVC     20.5倍


凄い!5年持ち続けた人は案外少ないんでしょうね。
人材業界が2社ランクインしているので、業界から探すのも大事だとあらためて思いました。




 

かろうじて年間では+なので、よしとしないとですね。

5月パフォーマンス     前月比
-6%(前月-3.07%)
2016年パフォーマンス    +1.16%(前月+7.12
%)

5月末
  平均取得 年初 5月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 137.99 132.04 140.54 2% 6% 32%
日本商業開発 1567 1782 1814 16% 2% 27%
日本管理センター 1289 1460 1693 31% 16% 19%
外国株式インデックス 10786 21268 19645 82% -8% 5%
M&Aキャピタル 1785 1835 2175 22% 19% 3.8%
米国配当成長株 11594 11882 11569 0% -3% 3.2%
日本駐車場開発 104 139 131 26% -6% 3.0%
レンディング・クラブ 13.49 11.05 4.76 -65% -57% 0.9%
レントラックス 777 808 784 1% -3% 0.75%
FPG 471 956 1231 161% 29% 0.75%
クルーズ 2066 2940 2135 3% -27% 0.6%
AIT 1124 1174 909 -19% -23% 0.5%
アメイズ 755 717 -5%   0.2%
      0.6%
ドル   120.48 111.27   -8% 2.4%

■日本商業開発    今期PER7.1倍(EPS255.16) 今期配当利回り2.76%(配当金50円)
特別利益は出資先の自社株買いによる逆のれん代でしたね。いいM&Aをしたと前向きに考えるようにします 笑。減益予想は攻めの投資なので、株価が割高になるか不動産市況にかげりが見られない限り保有しようと思ってます。

■バークシャー・ハサウェイ
アップル株の保有が話題になりましたね。IBMの2の舞にならなければいいのですが。

■日本管理センター 今期PER22倍(EPS76.48) 今期配当利回り1.9%(配当金32円)
適正な価格だと思います。配当高いので下落のリスクはそこまでないかと。

■M&Aキャピタルパートナーズ 今期PER35.5倍(EPS61.26)
前回はあまり期待できないと書きましたが先月は急騰しましたね。PERが危険水準に近いですが上方修正を期待して、持ち続けます。

■日本駐車場開発 今期PER35.6倍(EPS3.68) 今期配当利回り2.7%(配当金3.5円)
ここもじりじり上がってきました。スキー事業が不安定ですが駐車場事業の海外に期待です。

レンディング・クラブ
持株の一番の問題児です。不祥事に次ぐ不祥事で、まだ出るかという感じでした。ソーシャルレンディングの未来は明るいと思っているので、気長に待ちます。

■レントラックス 今期PER16.52倍(EPS47.45)今期配当利回り0.76%(配当金6円)
決算もよく配当も始めました。PERで見ると割安です。

■FPG    今期PER14倍(EPS88.43) 今期配当利回り2.9%(配当金35.5円)
株価は順調です。PER・配当利回りから見てもまだ割安ですね。5月の募集も前年を大きく上回っているので上方修正もありそうですね。追加投資も要検討かもですね。

■クルーズ  前期PER18倍(EPS118.62) 前期配当利回り0.7%(配当金15円) 
決算もパッとしなかったですね。ゲームのブレイクとECの急成長に期待します。

■AIT    今期PER15.8倍(EPS57.56) 今期配当利回り3.3%(配当金30円)
売却を考えていますので、特に感想はないです。

アメイズ  
今期PER16.46倍(EPS43.55) 今期配当利回り2.8%(配当金20円)
打診買いの段階で終わってしまってます。次の決算で復興需要があったのか確認してからにするか、悩ましいです。

この振り返りは大事ですね。銘柄増えたらしんどいですが。

LINE上場決まりましたね。それを当て込んで以前NAVERを過去仕込んでましたが待ちきれず売ってしまいましたが。1兆円期待から6千億なので株価もどうなんでしょう。













 

少しブログを書くのが間あいてしまいました。
ネタがなかったこともありますが、持株の下落がモチベーションダウンにつながってるかと 苦笑。
こういうことではだめですよね。

日本駐車場開発が第3Qの決算を発表しましたので、メモしておきます。

売上 140.66億(前期比+2.9%)(進捗率79%)
営利  19.58億(-23.4%)(98%)
利益  13.16億(-58.9%)(106%)
配当利回り 2.8%(5月27日終値124円 配当金3.5円)


1月に下方修正出した上での通期達成なので、慎重にいっているかと思いますががぜん期待が高まります。
子会社の日本スキー場開発も発表ありましので、合わせてメモしておきます。

売上 51.27億(-5.8%)(94%)
営利  6.22億(-51.3%)(622%)
利益  2.82億(ー66.1%)(1.64億赤字予想)

大幅上方修正か!と思いましたが第4Qはスキーもグリーンも売上がほとんどないようなのでぬか喜びでしたね。よって親会社の日本駐車場開発も上方修正は無さそうです。

参考までに去年のスキー場事業の数字をメモしておきます。

27年第3Q 売上54.42億 営利12.79億
27年通期   売上58.82億 営利  9.05億

リリースで那須ハイランドパークを1円で三菱地所から買収とありました。
新卒のときの内定者拘束旅行(年がばれますね)で連れていったもらったところです。ウインターとそれ以外でどうバランスを取って売上が上がるのかも今後の課題ですね。その時は社名も変わるのかな。


 

長らく岩の心電図だったM&Alキャピタルパートナーズが急に噴出しました。
下記記事がきっかけかと思いますが。
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201605190204  

東海東京調査センターでは、事業承継案件が得意で、調剤薬局を中心に小売業の仲介に重点を置いていると指摘。会社側は16年9月期を経常減益と予想しているものの、下期に会社計画では織り込まれていなかった大型案件の成約が見込めるため、前期比16%増の17億7000万円と予想。
レーティング「アウトパフォーム」、目標株価2460円でカバレッジを開始している。

先日決算でおおごけした日本商業開発も、このM&Aキャピタルパートナーズも今期予想が増収減益(商業開発
は営業利益が減収)予想です。

将来の収益のために投資を前倒ししたい!という経営者の株価下落も辞さないという意志のあらわれかと。
記憶の新しいところでは一時有名ブロガーの方が投資をしたことで話題になったエニグモさんも、テレビCMで勝負をするとのことで減益予想をだして、実際に大きな投資をされました。結果はCM効果なく惨敗でしたが。

最近未上場のベンチャーがCMをかなりやっています。
ラクスル、SANSAN、freee
個人的にはBtoBのサービスがCMの露出と業績が連動するとはあまり思いませんが、次々やってきますね。

大きな収益を取るために目先の増益を捨てて投資をすることは、僕のように長く投資をする株主としては
むしろ歓迎です。(短期的には下落でダメージありますが)
あくまでもそれはCMのような水ものではなく、M&Aキャピタルパートナーズの人材や日本商業開発の販売用不動産のようにある程度効果が読めるものに限ります。

理想は「この会社勝負かけてくるな」と思ったら、決算発表後の暴落時に仕込むのがいいんでしょうね。
そんなに器用に投資できるかは、かなり難易度高いですが。
 

レントラックスの決算メモを書いておきます。

売上   63.13億(+74.2%)
営利   4.8億(+71.7%)
利益   3.07億(+72%)
EPS 38.88円


70%増はサイズが小さいとはいえ、すごいです。

今期予想
売上 78.78億(+29.2%)
営利   5.78億(+20.4%)
利益   3.66億(+19.2%)
EPS 47.45円
PER 18.44倍(終値875円)
配当利回り 0.7%(配当6円 配当性向12.6%)

レントラックスは初配当です。
成長企業の配当は賛否両論あります。バンコクに一緒にいったメンバーに無配当・成長企業の社長も一緒にいてこの議論になったときに
「機関投資家は成長企業の配当は評価しない。成長意欲がないと見られる」とのこと。

成長率にもよると思います。40%も50%もあれば無配でもいいですが20%ぐらいであれば出すべきかと。現に日本管理センターのように30%近い成長で配当性向40%という会社もあります。

配当にこだわり出したのもシーゲル博士の「株式投資」の影響が大きいです。
http://shin1111.blog.jp/archives/1026969025.html
(以前ブログに書きました)

バフェットのバークシャー・ハサウェイはPBR1.2倍を切ったら自社株買いをすると公言しています。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-01-07/O0KF1K6JIJUP01
あれだけ高配当の企業を保有していれば原資の心配はありません。究極のディフェンス株だと思います。ちなみにバークシャー・ハサウェイは無配です。




 

レンディング・クラブ、日本商業開発の下げが止まりません。
日本商業開発は大幅仕入れに伴う金利負担の増加による大幅減益予想なので、個人的にはあまり心配していません。配当も増配でしたので。レンディング・クラブはあまりのは暴落ぶりに呆然としている感じです 苦笑。

クルーズの決算をメモしておきます。

売上 277億(+33%)
営利 24.8億(+4.5%)
利益 15.28億(+11.7%)
EPS 118.62円
PER 19.35倍(終値2296円)
配当利回り 0.65%


来期予想はありません。

注目すべきは
■社員が最高540人から381人に大きく減らして中での過去最高売上。
■EC145億ゲーム130億とECがゲームを逆転
の二つでしょうか。
構造転換が大きく進んでいるようです。
ここは社長に惚れて買っているので、気長に持っていたいと思います。

今朝深夜便でバンコクから帰ってきました。3年ぶりでしたが高層ビルがあきらかに増えていて建設中の高層ビルも結構ありました。東南アジアでは一番有望だと思ってます。
たまたまランチでタンザニアのビジネスマンの方と隣合わせたのですが、安全でビジネス環境がいいことを強調していました。地価もすごく上がっているそうです。



 

日本商業開発は今日は反転して始まっています。
昨日のIRが効いたのでしょうか。

日本管理センターの第1Qの決算が出ましたのでメモしておきます。

売上  99.22億(+22.8%) 進捗率25%
営利          6.12億(+66.1%)    29%
利益       3.88億(+64%)       28%
今期PER   22.46倍(昨日終値1718円 EPS76.48)

販売用不動産が売れたからみたいですね。これで在庫は0です。

期待のイーベスト事業は6226万前年比+66%なので、順調です。
毎日数件物件案内のメール来るので、楽しみです。



 

期待の日本商業開発の来期予想がまさかの営業利益の大幅減益 泣。
連日のレンディング・クラブの暴落とダブルパンチです。
昨日車がまさかのパンク(いつの間にか釘を踏んでいました)でレンディング・クラブと続いたので、嫌な流れがきてるなあとは一瞬思ったのですが日本管理センターのサプライズも同時にあったので、いい流れになるかと思いましたが甘かったですね。
エナフンさんではないですが、流れはあるんですかね。

そこまで悲観する内容でも個人的にはなかったのですが、市場の反応は予想以上でした。
いつものように気長に待ちます 笑。

売上  173.78億(+6.9%)
営利   59.55億(+67.9%)
利益   36.05億(+93.5%)
配当      45円(+50.0%)
EPS    203.09円(+90.9%)

来期予想


売上  259億(+49%)
営利  36.9億(-3
8%
利益   44億(+22%)
配当   50円(+11%)
EPS  255.16円(+25.6%)

本日終値1887円で計算すると
今期PER7.39倍
配当利回り 2.6%

利益が高いのは何なのでしょうか?
営利を実効税率40%として計算すると利益22億になるので、PERは15倍と見ることもできます。
配当利回りで見るとこの辺は底値ではないかと楽観視してますが、短期的にはもっと下げありそうですね。

販売用不動産が226億(+79%)が前期よりも大きく積みましているので、上方修正を期待したいところです。

日本商業開発はまだ買値を上回ってますが、レンディングクラブは買値の3分の1になってしまってます。
高PERの株に手を出さないことが、大事だとあらためて思いました。

明日から海外出張なので、少し頭冷やして今後の戦略を練ってきます。





 

前回ブログに書いたベンチャーのイベントで日本の捕鯨文化をひどく非難したドキュメンタリーに憤慨して、真の姿を中立的な立場でつくった映画「ふたつのクジラの物語」(邦題仮)の佐々木芽生監督がそのフロンティア精神で、受賞をしていました。

監督が紹介されるなかで実績に現代アートのコレクターのドキュメンタリーのくだりがあり、早速昨日観ました。
なんでも鑑定団のスピンアウトの「極上!お宝サロン」は超お気に入り番組です。

ハーブ&ドロシー [DVD]
クリスト&ジャンヌ=クロード
ポニーキャニオン
2012-05-16

ハーブ&ドロシー2 ~ふたりからの贈り物~ [DVD]
ハーバート&ドロシー・ボーゲル
紀伊國屋書店
2014-06-28


素晴らしい映画でした。
元郵便局員のけして裕福でない夫婦が年十年間も駆け出しの作家の元にいってひたすら作品を購入し続け、
一枚も売らず世界的なコレクターになる話です。一枚も売らないので生活は裕福ではありません。最後は惜しげもなく美術館に寄贈してしまいます。

駆け出しのアーティストをひたすら応援し続ける、これは上場直後の会社をひたすら応援することとすごく重なりました。
PF1位の日本商業開発は結果的にですが公募から持ち続けています。途中買い増し・売却・買い増ししているので買値は変わってますが、公募(商業開発は公募から長く低迷してました)から見れば3,40倍にはなっているでしょう。

バフェットのような出来上がった会社を買うのもいいですが、まだ未完成のこれからの会社を見つけて応援するのも株式投資の醍醐味だとこの映画を通してあらためて気付かされました。

この1,2年でIPO した株をいろいろ調べて、少し買ってみようと思います。







 

おかげさまでブログが今日で一周年となりました。
本当にありがとうございます。

立ち上げた当初は自分ぐらいしか読者いませんでしたが、ゆーゆーさんに相互リンクをお願いしてから有名な個人投資家のブロガーの方にもリンクをしていただきました。
そのおかけで個人投資家パフォーマンスランキングの管理人さんにも入れていただき、今では毎日100人以上の方が見に来ていただけるようになりました。本当にありがとうございます。

よくコメントをいただくsakiさん MSさんにも深く感謝です。
コメントいただかなければ頻度がもっと少なかったと思います。

この数字が多いのか少ないのかはわかりませんが、個人投資家の方に少しでも参考になることが書ければ幸いです。何より書いてる自分が一番勉強になりました。

GWに読んで考えさせられた本を紹介させていただきます。
何人かのブロガーの方が紹介していて、バフェットが株主総会で配ったことで有名な
オークツリー(運用資産800億ドル以上)会長兼創業者の書籍です。



最初から最後までリクスとリターンの話です。
かなり示唆の富んだ素晴らしい本で、少し抜粋して紹介させていただきます。

オークツリーの理想とするパフォーマンスは相場が良いときは平均的なパフォーマンスで十分。
相場が悪いときには市場を上回るパフォーマンスをあげることだ。


下げ相場の時こそ投資家の真の実力がわかるということです。アベノミクスでブログを書いている個人投資家さんたちの高いパフォーマンスについつい熱くなって短期投資やトレンド投資をしたくなりますが、地道に今後もやっていきたいと思います。

最良の土台となるのは本質的価値である。本質的価値を構成するのは帳簿上の現金、有形資産の価値、
その企業あるいは資産の現金を生み出す能力、そしてこれらの要素が増大する余地である。
最も確実に利益を上げる方法は、本質的価値を下回る価格で買うことである。

持株の日本管理センターは本質的価値の高い企業だと思いますが、去年の8月中盤のようにPER42倍で買ったらパフォーマンスは上がらないですよね。その3ヵ月後にはPER19倍(それでもいいPER)と半分以下に落ちてます。高PERはリスクが高いことを身をもって経験しました。

景気サイクルと市場サイクルは上下動を繰り返す。

ブログを始めた前後だったかあるブロガーの方が「最近は割安な株がなかなか見つからない」と書いていました。その後チャイナショックが起きました。年始に持株の1年のPERの最高と最低を調べましたが、たった1年でもすごい上下動です。
http://shin1111.blog.jp/archives/1048820009.html

最後にバフェットの言葉を付記しておきます。

金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。
【ルール1】絶対にお金を損しないこと。
【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。








 

↑このページのトップヘ