しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

日本管理センターの管理戸数11月が発表になりました。
http://pdf.irpocket.com/C3276/DZbR/KKnZ/mszQ.pdf

年度 総数 前月純増数 前年度 前年比
2016 11 72724 441 296
10 72283 263 958
9 72020 540 380
8 71480 472 729
7 71008 99 813
6 70909 312 787
5 70597 244 574
4 70353 451 1186
3 69902 1109 1411
2 68793 900 943
1 67893 1618 826
2015 累計 6449 8903 72%
目標 12000

あと一月なので、目標の12000戸および去年の実績を上まわるのは困難かと。
動画でも武藤社長がふれてますが、市況がいいのでサブリースには向かい風のようです。
その分売買のイーベストが順調なので、事業ポートフォリオとしては補完関係になっていいのかも知れません。

年末に向けて、今年の総括と来年の指針をいろいろ考えていきたいと思います。


 

日本駐車場開発 第1Qの決算です。

売上   50.18億 前年比△41.4%  進捗率22%  

営利      7.34億    △303.7%     22%
利益      6.88億    △152.3%     33%
今期EPS   6.22円
今期PER  25.24 倍  (12月2日終値157円)
配当利回り   2.39% (今期配当金3.75円)

絶好調です。
利益の進捗よく上方修正が出てもおかしくないですが出ないところをみると、減損か大きな投資でも控えているのかと身構えてしまいます 笑。

買収した那須ハイランドパークがいきなり営利5.6億!スキー事業の赤字(-3.3億)を補って余りある業績です。
これで夏と冬のバランスが取れてきました。






11月パフォーマンス     前月比8.61%(前月5.52%)
2016年パフォーマンス   
     7.09%(前月-1.33
%)

  平均取得 年初 11月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 137.99 132.04 157.44 14% 19% 34%
日本商業開発 1567 1782 1925 23% 8% 27%
日本管理センター 1273 1460 1379 8% -6% 16%
エリアリンク 1190 1394 17%   4%
日本駐車場開発 104 139 164 58% 18% 3%
M&Aキャピタル 1785 1835 3055 71% 66% 2.5%
外国株式インデックス 10786 21268 20331 88% -4% 2.4%
FPG 813 956 913 12% -4% 1.5%
米国配当成長株 11594 11882 11780 2% -1% 1.5%
レンディング・クラブ 13.49 11.05 5.66 -58% -49% 1%
クルーズ 2066 2940 2511 22% -15% 0.7%
レントラックス 777 808 727 -6% -10% 0.6%
COOKPAD 998 1026   0.5%
アメイズ 755 835 11%   0.2%
      2.4%
ドル   120.48 112.74   -6% 2.3%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます。

苦節1年。やっと年間PFがプラスに戻りました。トランプさまさまです 笑。
月末に外国株式インデックスと米国配当成長株を半分売却しました。

■バークシャー・ハサウェイ    前期PER16.7倍 前期PBR1。4倍
http://www.morningstar.co.jp/frstock_us/stock.html?symbol=BRK.B
円安もあいまってやっと貢献してくれました。アナリストレポートを見ると170ドルが適正と書いてあるので、期待したいところです 笑。

■日本商業開発  今期PER7.54倍(EPS255.16) 今期配当利回り2.6%(配当金50円)

ファンドへの順調な売却で株価も順調です。それなりの不動産投資家が売りにまわってるとの情報がちょこちょこ入ってきているのと、金利の先高感もあるので少し調整売りは検討したいです。

■日本管理センター今期PER18倍(EPS76.48) 今期配当利回り2.3%(配当金32円)
特にコメントはないです。

■エリアリンク 今期PER15.68倍(EPS88.9)今期配当利回り2.8%(配当金39円)
買い増しする前に少し上がってしまいました。痛し痒しです。

■日本駐車場開発 今期PER44倍(EPS3.72) 今期配当利回り2.13%(配当金3.5円)
じりじり上がってますが利回り的にも危険水準かと。持株比率低いので売るほどではないですが。

■M&Aキャピタルパートナーズ 今期PER29倍(EPS105.1)
先月も少し売りました。PER的にはまだまだだと思いますが、業界1位のM&Aセンターのほうが配当もありどこかで入れ替えたいと考えてます。

■FPG    今期PER9.83倍(EPS92.87) 今期配当利回り4.06%(配当金37.15円)
利回り的にもまだまだ割安なのと、オフィスの小口分譲は専業のボルテックス(未上場)が絶好調なので個人的にはまだまだ成長の伸びしろはあるかと。

レンディング・クラブ
今年もそこそこ売却益出てるのでこの銘柄の損をあてるか、悩ましいところです。金利高はソーシャルレンディングには追い風だと思うので、もう少し考えたいと思います。

■クルーズ 前期PER21倍(EPS118.62) 前期配当利回り0.6%(配当金15円)
タワー投資顧問効果でじりじり上がってます。業態転換暖かく見守りたいです。

■レントラックス 今期PER15.32倍(EPS47.45) 今期配当利回り0.82%(配当金6円)
含み損で売るのもしゃくなので(苦笑) 買値上回ったら速攻売ろうかと。

■COOKPAD 前期PER27倍(EPS37.53) 前期配当利回り0.97%(配当金10円)
買い増ししようと思ってましたが、熱冷め気味です 笑。

アメイズ  
今期PER14.52倍(EPS57.5) 今期配当利回り2.4%(配当金20円)
震災の影響は良くも悪くもなさそうです。含み益状態なので売ろうかな。


本屋に立ち読みしたマネー雑誌(確かZAI?)で紹介されてた銘柄です。

PER2.94倍!にびっくりして少し調べてみました。
http://www.jasset.co.jp/
ドンキホーテのグループ会社。もとは不動産オークションサイトのジアースだったようです。
当時は美輪明宏さんのCMがかなり話題になってました。 

ドンキグループの入居物件をひたすら買って、管理運営している会社のようです。
ドンキの低迷ベンチャー買収からの業態転換 は以前sakiさんから教えてもらったアクリーティブを彷彿させます。

業績も順調なのに無配ですし、わざわざ上場しているグループ会社に物件を譲渡している意図がわからないのでちょっと簡単には手が出せない銘柄です。 

しかし円安がすごいスピードです。画像はこの10年の円・ドル推移です。

 

この情報かわかりませんが、クルーズが15%の大幅高でした。

2138 クルーズ                                          保有割合
 提出者:タワー投資顧問                                6.86%(+1.39%)


レントラックス2017年3月期第2Q決算
売上 36.81億 前年比△24.1%  進捗率46%  
営利    2.56億    △8.2%        44%
利益    1.63億    △17.3%      44%
PER 14.65倍      (今期EPS47.16 11月18日終値691円)
配当利回り   0.87% (今期配当金6円)

すぽさん効果むなしく株価軟調です。熱も冷めてしまったので買値上回れば売ろうかと考えてます。

今日から気温は冬のようです。
皆さん寒暖差激しいので体調管理気をつけてください。
 

PF2位の日本管理センター、順調です。
上方も下方もない面白くない決算と武藤社長がおっしゃっていましたが、今期もそんな感じですね。

売上 293.7億 前年比△14.5% 進捗率73.4%
営利 16.27億    △38.1%    76.8%
利益 10.55億    △37.8%    76.1%
本日11月14日終値1371円
PER17.9倍(今期EPS76.48円)
配当利回り2.3%(今期配当金32円)  

来期+30%利益成長を期待したいところです。
 

クルーズの第2Q決算です。

売上158.48億(前年比△33.9%)
営利   14.75億(   △107%)
利益 10.43億(     △248.2%) 

 
ゲーム・ECともに絶好調です。
絶好調のゲーム事業をボラティリティが高いとのことでマイネットに売却したことは、僕的には高評価です。
サイバーエージェントの藤田社長もゲーム事業の利益の依存に対してのヘッジとして、アベマTVへの投資加速とのコメントもありました。

SHOPLISTの強みがいまいちわかってないので、ZOZOのスタートトゥデイとどちらが今後優位なのかが見所かと。日本M&Aセンター VS M&Aキャピタルパートナーズでも思いましたが、成長市場において1位と2位はどちらが業績・株式パフォーマンスがいいのか、興味あるところです。

11月11日の終値をメモしておきます。
スタートトゥデイ 1673円 前期PER44.78倍(前期EPS37.36円※株式3分割なので調整)
クルーズ     2247円 前期PER18.94倍(前期EPS118.62円)

スタートトゥデイは配当も60円(配当性向40%)あり、日本M&Aセンターと同じく1位のほうが高PER・高配当性向です。

バフェット的には良い会社をそこそこの値段で買うといってるように、1位の銘柄がそこそこ下がったところで買ったほうがパフォーマンス的にはいいんでしょうね。

今日は初信用売買に時間があれば挑戦してみようと思います。
 続きを読む

M&Aキャピタルパートナーズが急騰したので、3135円(PER29.82倍)で持株の25%を売りました。
増資リスクがあるのと、日本M&Aセンター(48.73倍)へ乗り換えようと考えてるので。
同業のストライクもすごい急騰です。PER99倍!全くの同業なので理解に苦しみます。
空売りしたいぐらいです 笑。

COOKPADの第3Qの決算です。
売上 123.13億(+36%)   
営利  61.35億(+48.3%)
利益  37.11億(+49.8%)


トランプになって米国のネット株は不調ですが、日本もその波が来てるのでしょうか。

 

トランプ当選で暴落・円高かと思いきや、今のことろ逆でしたね。
短期の予想はしないことだとだとあらためて思いました。

決算短信    https://www.release.tdnet.info/inbs/140120161026421815.pdf
決算説明資料  https://www.release.tdnet.info/inbs/140120161110436698.pdf
売上  95.75億 ▲20.8%  進捗率40%
営利  17.14億 ▲69.2%     44%
利益     41.52億   △16.5%     94%


仕入れ状況も291億(契約ベースで360億)と(1年前134億)157億も増えてるので、順調です。
米国も上げているので、今日は多少あがると期待したいところです。








 

持株ほぼ全面高の中、今日も続落のFPGを852円で少し買い増ししました。
よく下がるな?と思っていたら 、業績予想に未達だったんですね。FPGホルダーの方のブログ見るまで気づきませんでした。恥ずかしい。
まあそれ自体は企業価値とは何ら関係ないと思っているのですが。(言い訳)
852円だと、今期見込みでPER9.17倍で配当利回りが4.36%とかなりの高利回りです。
NISAでの買値が471円なので配当利回り12.67%!たった2年での数字なので恐るべき成長力かと。

バークシャーもコカコーラの買値での利回りが東条さんのブログを読むと21%だそうです。
バークシャーのビジネスモデルは毎年入ってくる莫大な配当金をひたすら再投資(バークシャーは無配)するモデルだという人もいます。

FPGや日本管理センターのように資金をあまり使わずに増収増益で配当性向の高い銘柄を、今後も長く持っていれるよう鍛錬したいと思います。





 

予想利益+9.3%レベルではダメということでしょうね。そもそもPER10倍切ってるので
そのぐらい折込済みかと思っていましたが。
前期も予想利益+11.4%で結果+20.5%なので、M&Aキャピタル同様上方修正の常習犯かと楽観視してます 笑。

売上 188.94億(+23.4%)
営利 118.53億(+17.6%)
利益   76.44億(+20.5%)
EPS   84.05円(+24%)
配当  35.5円(+45%) 配当性向42.2%

今期予想
売上 212.34億(+12.4%)
営利  129.44億(+9.2%)
利益   83.53億(+9.3%)
EPS 92.87円(+10.5%)
配当 37.15円(+4.6%)  配当性向40%

終値892円
PER    9.6倍
配当利回り 4.16%

五輪の施設問題、報道がちゃんとなされていないと友人がfacebookでなげいていたので彼がつくった資料(一部)を紹介させていただきます。
http://www.toseikaikaku.metro.tokyo.jp/kaigi03/olympic/01_koukyushisetsu.pdf
小池知事へ渋い声でプレゼンしてます。
https://www.youtube.com/watch?v=XiUB5AoVuD0

昨日もM&Aキャピタルは絶好調ですね。今日は利益確定の売りで大きく反落するかと。
急騰は売り時が本当に難しいです。
ストライクとのPERの差が修正されることを祈るばかりです。
FPGは予想に反して下落でした。買い増ししようか思案中です。日本管理センターでは上手くいったので。

エリアリンク第3Q決算短信

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120161027422356.pdf


売上126.55億(-12.1%) 進捗率75%
営利   15.46億(-38.8%)    92%
利益     9.87億(-35.4%)        90% 
11月1日終値1223円
今期PER13.75倍(EPS88.9)
今期配当利回り3.18%(配当金39円)

進捗率高いですが、第4Qは3期連続で大きく落ち込んでいるので通期では発表通りという
感じです。
決算を受けて少し上がってます。 
決算発表のたびに買いたくなります。


 

10月パフォーマンス     前月比5.52%(前月4.67%)
2016年パフォーマンス   
  -1.33%(前月-6.49
%)

  平均取得 年初 9月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 137.99 132.04 144.3 5% 9% 30%
日本商業開発 1567 1782 1841 17% 3% 27%
日本管理センター 1273 1460 1406 10% -4% 17%
外国株式インデックス 10786 21268 18844 75% -11% 5%
エリアリンク 1190 1195 0.4%   4%
M&Aキャピタル 1785 1835 2579 44% 41% 2.93%
米国配当成長株 11594 11882 10705 -8% -10% 2.88%
日本駐車場開発 104 139 143 38% 3% 2.79%
FPG 813 956 920 13% -4% 1.52%
レンディング・クラブ 13.49 11.05 4.93 -63% -55% 0.9%
レントラックス 777 808 788 1% -2% 0.7%
クルーズ 2066 2940 2409 17% -18% 0.68%
COOKPAD     998
999
0.57%
アメイズ 755 827 10%   0.2%
      2.19%
ドル   120.48 104.72   -13% 2.21%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます。

何とか年初来近くまで戻してきました。あと2ヶ月でプラスになればと。

■バークシャー・ハサウェイ    前期PER13.9倍 前期PBR1。4倍
PER・PBRはモーニングスターから引っ張ってきました。
http://www.morningstar.co.jp/frstock_us/stock.html?symbol=BRK.B
この株はPBRがひとつの指標かと。PBR1.2倍以下で自社株買いをするといっているので。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-01-07/O0KF1K6JIJUP01

■日本商業開発  今期PER7.21倍(EPS255.16) 今期配当利回り2.7%(配当金50円)
多分来週発表される第2Qの決算が楽しみです。

■日本管理センター今期PER18.38倍(EPS76.48) 今期配当利回り2.27%(配当金32円)
来期EPSを20%アップとしてもPER15倍なので、妥当な価格かと。

■エリアリンク 今期PER13.44倍(EPS88.9)今期配当利回り3.26%(配当金39円)
第3Qの決算も順調でしたね。買い増しを検討したいです。

■M&Aキャピタルパートナーズ 今期PER24倍(EPS105.1)
昨日は噴きましたね!同業のM&Aセンター、ストライクの高PERから見れば割安かと 笑。

■FPG    今期PER9.9倍(EPS92.87) 今期配当利回り4%(配当金37.15円)
決算相変わらず固い予想でしたね。利回りも4%の大台にのったので今日の上げは必至かと。
なぜか昨日facebookでお友達ではありませんか?に何か見たことある名前だなと思ったら谷村社長が出てきました。決算発表前だったので期待してしまいました 笑。どういうアルゴリズムなのでしょうか?

レンディング・クラブ
前回の謎の急騰からの急落。一番の問題児です。損切りしたいのですがなかなか踏み切れずこれが僕の一番課題かと。
ハンファ生命が4。1%取得 結構話題にはことかかない銘柄です。
http://www.nna.jp/articles/show/1521719

■レントラックス 今期PER16.6倍(EPS47.45) 今期配当利回り0.76%(配当金6円)
すぽさん効果で含み益です。売却候補の一つではあります。

■クルーズ 前期PER20倍(EPS118.62) 前期配当利回り0.62%(配当金15円)
業態転換発表で一時急落しましたが、戻してきましたね。宝くじ気分で持ち続けたいと思います。第2のスタートゥデイになるか。

アメイズ  
今期PER14.38倍(EPS57.5) 今期配当利回り2.4%(配当金20円)
個人的には興味が冷めてしまっているので、ここも売却候補の一つです。

■COOKPAD 前期PER26倍(EPS37.53) 前期配当利回り1%(配当金10円)
株価動くようならもう少し買い増ししようかと。




 

決算予想、単独・連結ともに個人的にはサプライズでした。
前期はまさかの減益予想だったので 苦笑。

単独と連結の営利の差が2.51億なので、レコフの決算予想が案外高かったです。
減損しないことを祈るばかりです。

決算短信
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120161027423251.pdf
連結業績予想
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120161027423568.pdf

売上 37.55億(+31.9%)
営利   18.60億(+20%)
利益   10.81 億(+21.2%)
EPS 77.5円(+14.47%)    

今期予想
売上 40.34億(+7.4%)
営利 19.26億(+3.5%)
利益  12.88億(+19.1%)
EPS 89.93円(+16%)

今期連結決算予想
売上 59.41億(+58%)
営利   21.77億(+17%)
利益   15.06億(+39%)
EPS  105.1円(+35%)

終値 2182円(2016年10月28日)
PER 20.76倍(今期連結予想)

増資リスクもあるので、25~30倍かと。

クックパッド元社長の穐田さん、次は不動産でしたね。
オウチーノ要注目です。




M&Aキャピタル 株価大幅反落でした。がっかりです。
買収額30億はやりすぎでしたね。
意外と冷静な投資家が多いようです。結構機関投資家が入ってそうですね。
これを機会に半分売り抜けようという根性がいけませんでした 笑。

日本駐車場開発が京福電気鉄道の大量保有をしているとのこと。
http://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/article/detail/20161024-00036163-minkabuy-stocks-5079
京福電気鉄道のHP
http://www.keifuku.co.jp/

チャート画像

 時価総額 64億
PER   14.8倍
PBR   1.18倍

数字で見ると割安というわけではないですが、持ってる資産を詳細に見てみるといろいろお宝が眠っているのかも知れません。機会あれば調べてみたいです。



 

yoheiさんから見解を質問いただいたので、自分なりの考えを書いてみたいと思います。
コメントありがとうございます。書くモチベーションになります。

リリース
http://www.ma-cp.com/pdf_files/20161024150151344f8.pdf
http://www.ma-cp.com/pdf_files/20161024150107fbb79.pdf

前々回のブログで日本M&AセンターとM&Aキャピタルパートナーズの株価のパフォーマンスを調べてみましたが、業績はどうでしょうか。
                                  売上           営利
日本M&Aセンター      103億+31%    +51.1%
M&Aキャピタルパートナーズ    36億+21.8%  +26.4%

絶対額ならまだしも
伸び率までも規模の大きい日本M&Aセンターの圧勝です。
M&Aビジネスは売りの案件をいかに集めるかで、その売りの案件情報をコンスタントに持っているのが金融機関(銀行・証券)や税理士です。このネットワークがかなり強固なのが強みだと思います。

今回のM&Aの目的はレコフが持っている金融機関のネットワークとコンサルタント48名の確保かと。(業績はあまりパッとしないので)

レコフがコンサル40名(従業員のざっくり8掛けで計算)で13億なので一人あたり3250万
日本M&Aセンターが195名(第1Q)で5280万
M&Aキャピタルパートナーズが39名(第3Q)で9200万

多少誤差はあるかと思いますが、M&Aキャピタルパートナーズのほうが+70%も一人当たりの売上が高いのは意外でした。
新生M%Aキャピタルパートナーズは87名で日本M&Aセンターの半分近くにまでなります。

今回のディールが既存の株の買取と新株発行の合わせ技なのは、創業者が退職金や配当(大株主の法人は非課税)でがっつり取るスキームではないでしょうか。これあまりみないので、今後流行るかも知れません。

僕の見解としてはかなり期待できるかと思いつつもM&Aセンターの牙城を崩すのは相当難儀だとも思いますので、今回の買収で一時的に割高になると思われる(希望的観測 笑)M&Aキャピタルパートナーズの株を半分売ってM&A市場の未来は相当明るいので日本M&Aセンターに振り替えるのもありかなと考えてます。

大規模な増資も予想されるので、今週金曜の決算発表で行われる来期予想は案外強気のいい数字も期待できそうです。(希望的観測です 笑)





持株の凄いニュースが飛び込んできました。
M&Aキャピタルパートナーズ 同業のレコフ買収
http://www.ma-cp.com/pdf_files/20161024150107fbb79.pdf
どこまでいくか明日楽しみです。増資は必至かな 苦笑。

ウエルズ・ファーゴの不祥事のニュースを見た時に、アメックスの不祥事で暴落した株をバフェットが買って大儲けしたエピソードを思い出しました。
不祥事でBSは痛みましたが、稼ぐ力は変わらないとの判断でした。

最初はこのエピソードでウエルズ・ファーゴの投資を検討しましたが、企業文化にかかわる不正だとPCデポの二の舞の可能性もあり(また安値が恒常的との確定ではありませんが)、他に不祥事企業で株価が軟調な株がないかと考えクックパッドにいきつきました。

クックパッドのようなプラットフォームビジネスはもともと好きで、BtoB BtoCともにまだまだユーザーの伸びしろがあるしクロスセルの可能性も高いと考えます。
あとはこの本を読んで、ビッグデータとしての可能性も高いと思い、軽く打診買いしてみました。
昨日ツイッターで株主優待の改悪という情報が流れていて、今日は下がると思ったことも背中を押しました。

購入単価998円  前期EPS37.53円 PER26.6倍




いくつか持株のニュースがあったので、合わせて付記しておきます。

日本商業開発 ケネディクスリートに売却
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/nfmnews/15/101701846/

日本管理センター                                  保有割合
提出者:みずほ信託銀行                           8.19%(+2.11%)




 

ここ数日の株高で年始ぐらいまで戻してきました。まだ楽観できませんが 苦笑。

日本M&Aセンターの勢いはとどまるところを知らないですね。
圧巻の一言です。
すごい上方修正です。
https://www.nihon-ma.co.jp/ir/pdf/161017_information.pdf
ホルダーの方おめでとうございます。

M&A市場が盛り上がることで株価的に業界1位の大型株か、または値動きが軽い中小型株か前のブログの数字を検証してみたいと思います。
http://shin1111.blog.jp/archives/1038506547.html

2015年8月30日時点
日本M&Aセンター     2437.5円(2分割しているので調整してます) PER44倍 1949億
M&Aキャピタルパートナーズ  1954円                 PER32倍 258億

2016年10月21日終値
日本M&Aセンター     3315円  PER34倍 2682億
M&Aキャピタルパートナーズ  2216円  PER29倍    319億

日本M&Aセンター      +36%
M&Aキャピタルパートナーズ   +13%


この1年で見ると日本M&Aセンターの圧勝です。M&Aセンターは配当もありますし。
事業的にも強固な紹介ネットワークを築いているM&Aセンターのほうが磐石です。
ホームラン(10倍株)の可能性を考えると、このサイズの時価総額はなかなか手が出ないですね。
ビジネスの王道を考えると、1位が圧倒的に有利なんですが。
また何年後かに検証したいと思います。

TBS金曜ドラマの砂の塔すごく面白いです。
タワーマンションの上下のヒエラルキーが笑えます。私はほぼ最下層の住民なので上の階の方にそう見られているのかなと気になってしまいました 笑。

 
 

今日は茅ヶ崎に合法的に民泊ができるという触れ込みの海沿いの物件の建築予定地を見てきました。
134号線でかつ部屋によっては海が眺望できる、希少な土地でした。
案内してくれた方はネット代理店から大家業に転進して3.5億の投資(借り入れ含め)で現在家賃収入5千万円とのこと。

話してみると不動産をメインやっている方は、不動産ほど固くていい投資案件はないと確信をもっています。
株式投資がメインの人は、多分ほとんどの方が配当よりもキャピタルゲインなのではないでしょうか。

ウオーレンバフェットの投資の極意は、買値に対しての配当利回りだという方もいます。銘柄によっては数十%のものもあるでしょう。

持株の買値に対しての利回りを調べてみました。
不動産なみの10%もけっして夢ではないと思ってます。
※今期配当金 クルーズのみ前期 
日本商業開発    3.2%     
日本管理センター    2.5%
日本駐車場開発           3.6%
クルーズ       0.7%
レントラックス      0.8%
アメイズ        2.6%
FPG        4.4%
エリアリンク     3.3%

 

↑このページのトップヘ