しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

yoheiさんから見解を質問いただいたので、自分なりの考えを書いてみたいと思います。
コメントありがとうございます。書くモチベーションになります。

リリース
http://www.ma-cp.com/pdf_files/20161024150151344f8.pdf
http://www.ma-cp.com/pdf_files/20161024150107fbb79.pdf

前々回のブログで日本M&AセンターとM&Aキャピタルパートナーズの株価のパフォーマンスを調べてみましたが、業績はどうでしょうか。
                                  売上           営利
日本M&Aセンター      103億+31%    +51.1%
M&Aキャピタルパートナーズ    36億+21.8%  +26.4%

絶対額ならまだしも
伸び率までも規模の大きい日本M&Aセンターの圧勝です。
M&Aビジネスは売りの案件をいかに集めるかで、その売りの案件情報をコンスタントに持っているのが金融機関(銀行・証券)や税理士です。このネットワークがかなり強固なのが強みだと思います。

今回のM&Aの目的はレコフが持っている金融機関のネットワークとコンサルタント48名の確保かと。(業績はあまりパッとしないので)

レコフがコンサル40名(従業員のざっくり8掛けで計算)で13億なので一人あたり3250万
日本M&Aセンターが195名(第1Q)で5280万
M&Aキャピタルパートナーズが39名(第3Q)で9200万

多少誤差はあるかと思いますが、M&Aキャピタルパートナーズのほうが+70%も一人当たりの売上が高いのは意外でした。
新生M%Aキャピタルパートナーズは87名で日本M&Aセンターの半分近くにまでなります。

今回のディールが既存の株の買取と新株発行の合わせ技なのは、創業者が退職金や配当(大株主の法人は非課税)でがっつり取るスキームではないでしょうか。これあまりみないので、今後流行るかも知れません。

僕の見解としてはかなり期待できるかと思いつつもM&Aセンターの牙城を崩すのは相当難儀だとも思いますので、今回の買収で一時的に割高になると思われる(希望的観測 笑)M&Aキャピタルパートナーズの株を半分売ってM&A市場の未来は相当明るいので日本M&Aセンターに振り替えるのもありかなと考えてます。

大規模な増資も予想されるので、今週金曜の決算発表で行われる来期予想は案外強気のいい数字も期待できそうです。(希望的観測です 笑)





持株の凄いニュースが飛び込んできました。
M&Aキャピタルパートナーズ 同業のレコフ買収
http://www.ma-cp.com/pdf_files/20161024150107fbb79.pdf
どこまでいくか明日楽しみです。増資は必至かな 苦笑。

ウエルズ・ファーゴの不祥事のニュースを見た時に、アメックスの不祥事で暴落した株をバフェットが買って大儲けしたエピソードを思い出しました。
不祥事でBSは痛みましたが、稼ぐ力は変わらないとの判断でした。

最初はこのエピソードでウエルズ・ファーゴの投資を検討しましたが、企業文化にかかわる不正だとPCデポの二の舞の可能性もあり(また安値が恒常的との確定ではありませんが)、他に不祥事企業で株価が軟調な株がないかと考えクックパッドにいきつきました。

クックパッドのようなプラットフォームビジネスはもともと好きで、BtoB BtoCともにまだまだユーザーの伸びしろがあるしクロスセルの可能性も高いと考えます。
あとはこの本を読んで、ビッグデータとしての可能性も高いと思い、軽く打診買いしてみました。
昨日ツイッターで株主優待の改悪という情報が流れていて、今日は下がると思ったことも背中を押しました。

購入単価998円  前期EPS37.53円 PER26.6倍




いくつか持株のニュースがあったので、合わせて付記しておきます。

日本商業開発 ケネディクスリートに売却
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/nfmnews/15/101701846/

日本管理センター                                  保有割合
提出者:みずほ信託銀行                           8.19%(+2.11%)




 

ここ数日の株高で年始ぐらいまで戻してきました。まだ楽観できませんが 苦笑。

日本M&Aセンターの勢いはとどまるところを知らないですね。
圧巻の一言です。
すごい上方修正です。
https://www.nihon-ma.co.jp/ir/pdf/161017_information.pdf
ホルダーの方おめでとうございます。

M&A市場が盛り上がることで株価的に業界1位の大型株か、または値動きが軽い中小型株か前のブログの数字を検証してみたいと思います。
http://shin1111.blog.jp/archives/1038506547.html

2015年8月30日時点
日本M&Aセンター     2437.5円(2分割しているので調整してます) PER44倍 1949億
M&Aキャピタルパートナーズ  1954円                 PER32倍 258億

2016年10月21日終値
日本M&Aセンター     3315円  PER34倍 2682億
M&Aキャピタルパートナーズ  2216円  PER29倍    319億

日本M&Aセンター      +36%
M&Aキャピタルパートナーズ   +13%


この1年で見ると日本M&Aセンターの圧勝です。M&Aセンターは配当もありますし。
事業的にも強固な紹介ネットワークを築いているM&Aセンターのほうが磐石です。
ホームラン(10倍株)の可能性を考えると、このサイズの時価総額はなかなか手が出ないですね。
ビジネスの王道を考えると、1位が圧倒的に有利なんですが。
また何年後かに検証したいと思います。

TBS金曜ドラマの砂の塔すごく面白いです。
タワーマンションの上下のヒエラルキーが笑えます。私はほぼ最下層の住民なので上の階の方にそう見られているのかなと気になってしまいました 笑。

 
 

今日は茅ヶ崎に合法的に民泊ができるという触れ込みの海沿いの物件の建築予定地を見てきました。
134号線でかつ部屋によっては海が眺望できる、希少な土地でした。
案内してくれた方はネット代理店から大家業に転進して3.5億の投資(借り入れ含め)で現在家賃収入5千万円とのこと。

話してみると不動産をメインやっている方は、不動産ほど固くていい投資案件はないと確信をもっています。
株式投資がメインの人は、多分ほとんどの方が配当よりもキャピタルゲインなのではないでしょうか。

ウオーレンバフェットの投資の極意は、買値に対しての配当利回りだという方もいます。銘柄によっては数十%のものもあるでしょう。

持株の買値に対しての利回りを調べてみました。
不動産なみの10%もけっして夢ではないと思ってます。
※今期配当金 クルーズのみ前期 
日本商業開発    3.2%     
日本管理センター    2.5%
日本駐車場開発           3.6%
クルーズ       0.7%
レントラックス      0.8%
アメイズ        2.6%
FPG        4.4%
エリアリンク     3.3%

 

先日ある上場企業に訪問しました。比較的いろんな会社に訪問してますが内装および一人あたり面積が他社よりもかなりすごかったです。一人5坪!社員の環境は経営にとって優先事項なのは大賛成ですが、やりすぎではと思わず思ってしまいました。ちなみに社長室もすごかったです 苦笑。

その話を友人にしたら
「クルーズも凄いよね!」

確かに!スターウオーズのような入り口通路とかすごかったのを思い出しました。
そのクルーズが大きな経営判断をしましたね。

ゲーム事業をマイネットに売却してファッションECのショップリストに集中とのこと。
一部ゲーム事業は社長直轄の新会社で続けるようです。
リリース
http://crooz.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/e921698813d59eb9036ed55e16c8249f-1.pdf
http://crooz.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/ed14aec4acf34d4c7910b8155411ccf5.pdf
http://crooz.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/15cc704c061503bed2546e9e79c2863c.pdf
マイネット社
http://mynet.co.jp/

合わせてキュレーションサイトのM&Aも発表ありました。
MARBLE
http://topicks.jp/

投資家の反応は今のところイマイチです。
万人に受ける戦略がいいのかというのもありますので、個人的には楽しみにしたいと思います。

追記
あのタワー投資顧問が大株主として出てきました。
2138 クルーズ                                          保有割合
提出者:タワー投資顧問                                5.47%




日本管理センターの9月の管理戸数をメモしておきます。
久しぶりに前年を越えましたね。
こちらの経営は固くて安心です。
読者のたきさんから武藤社長が新刊を出されたことを教えてもらいました。



個人的にも不動産投資をしていますが、地方の不動産は自分で買うとなると懐疑的ですね。

年度 総数 前月純増数 前年度 前年比
2016 9 72020 540 380
8 71480 472 729
7 71008 99 813
6 70909 312 787
5 70597 244 574
4 70353 451 1186
3 69902 1109 1411
2 68793 900 943
1 67893 1618 826
累計 5745 7649 75%







 

熱はすっかり冷めてしまったアメイズ 笑 比較的好決算で今日4.6%も上がりました。
復興需要というよりは九州旅行に出た復興クーポンや引き続きのインバウンドのようです。

売上 91.06億 (前期比14.5%) 進捗率73%

営利 15.27 億      (25.8%)    80%
利益  6.54億              (9.3%)      75%
EPS   57.5円(今期予想)
PER  14.54倍(10月13日終値836円)
利回り   2.4 %(配当金20円)
時価総額127億

先週バンコクに行ってきました。
また一段と高層ビルが増えていて、こんな面白いビルもできていました。

20161009_065540

三井不動産が1100戸マンションを分譲して完売とのこと。
すごくおしゃれなマンションも35平米で1200万ぐらいなので買いかと思ったら、住居は空室だらけとのことで、不動産バブル崩壊も近そうです。暴落したら面白いかもしれません。






 

昨日エリアリンクを少し買い増ししました。

9月パフォーマンス     前月比4.67%(前月-2.07%)
2016年パフォーマンス   
  -6.49%(前月-10.63
%)

  平均取得 年初 9月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 137.99 132.04 143.59 4% 9% 31%
日本商業開発 1567 1782 1719 10% -4% 27%
日本管理センター 1273 1460 1266 -1% -13% 16%
外国株式インデックス 10786 21268 18510 72% -13% 5%
エリアリンク 1190 1111 -7%   3.5%
米国配当成長株 11594 11882 10832 -7% -9% 3%
日本駐車場開発 104 139 141 36% 1% 2.9%
M&Aキャピタル 1785 1835 2165 21% 18% 2.6%
FPG 813 956 931 15% -3% 1.15%
レンディング・クラブ 13.49 11.05 6.08 -55% -45% 1.13%
レントラックス 777 808 717 -8% -11% 0.71%
クルーズ 2066 2940 2269 10% -23% 0.68%
アメイズ 755 798 6%   0.2%
      2.9%
ドル   120.48 101.23   -16% 2.3%
 
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます。

■バークシャー・ハサウェイ
バフェットの永久保有銘柄ウエルズファーゴの不正の影響かと思いますが、軟調です。ウエルズファーゴを買おうか考えてます。今回の不正の暴落でバフェットは買い増しているんではないでしょうか、アメックスも不正の暴落で大きく買いましたエピソードもあったので。

■日本商業開発  今期PER6.73倍(EPS255.16) 今期配当利回り2.91%(配当金50円)
大型の販売実績のリリースで今期の利益も底堅いとの思惑からかここにきて好調です。

■日本管理センター今期PER16.55倍(EPS76.48) 今期配当利回り2.52%(配当金32円)
じりじり戻してはいますが、この辺の株価が落としどころのような気がします。

■エリアリンク 今期PER12.5倍(EPS88.9)今期配当利回り3.5%(配当金39円)
ここは逆にじりじり下げていますが、もっと下がるようであればさらなるナンピンを検討したいところです。

■M&Aキャピタルパートナーズ 今期PER28倍(EPS76.46)
同業のストライクが好決算だったので、業界の絶好調が伺えます。気長に2倍を狙いたいと思います。

■FPG    今期PER10.5倍(EPS88.41) 今期配当利回り3.8%(配当金35.5円)
日本商業開発と同じくこの成長でこのPER。いつか報われることを信じて持ち続けます。

レンディング・クラブ
謎の高騰後は膠着状態。どこかM&Aしてくれることを祈って持ち続けたいと思います。

■レントラックス 今期PER15倍(EPS47.45) 今期配当利回り0.83%(配当金6円)
まかさの人気投資家ブロガーすぽさん購入で、俄然人気化してくれました。レントラックスの議論には僕も参加しただけに感慨深いです。

■クルーズ 前期PER19倍(EPS118.62) 前期配当利回り0.66%(配当金15円)
ここもじりじり値を戻してきました。ショップリストにも期待したいところです。

アメイズ  今期PER18倍(EPS43.55) 今期配当利回り2.5%(配当金20円)
気がつけば買値を上回ってました、。熊本の影響が気になるところです。

今話題のきみの名はを家族で見てきました。映画館はほぼ若い人ばかりで少し浮いてた感も否めないですが、個人的にはすごく面白かったです。




 

ソフトバンクがみずほ銀行と組んでAIによるローン会社を設立しました。
これにからんだ東洋経済にでているソフトバンクが出資しているSoFi(ソ-ファイ)、面白ろそうですね。
http://toyokeizai.net/articles/-/136465


リクルートが最近発表したBtoB向けローンサービスも、飲食店向けPOSレジのエアレジで集めたビッグデータをAIで解析してスコアリングするモデルかと。

クラウド×ローンのレンディングクラブに投資して痛い目見たのですが、AI×ローンの会社には懲りずに投資したいです。

PS
先日上場企業のオーナーと話す機会がありました。個人資産管理会社で持ってる不動産をかなりの割合で売っていて、そのうちの物件のひとつは3年前に9%の利回りで買った物件を最近6%でリートに売ったとのこと。それだけで二桁億のキャピタルゲインだそうです。うらやましい!
銀座もピークからかなり落ちているみたいです。

金融緩和がさらにきてるなかでの、不動産市況の減速。持株にどういう影響があるのか悩ましいです。
経済減速する中で日本の金利上昇はないと予想しますが、引き続き注視はしていかないとですね。

 

7月に急減して心配しましたが、8月は復活しましたね。
ただし対前年で見ると、成長率は落ちています。
武藤社長の動画を見る限り、後半はもう少しペースが上がりそうです。

年度 総数 前月純増数 前年度 前年比
2016 8 71480 472 729
7 71008 99 813
6 70909 312 787
5 70597 244 574
4 70353 451 1186
3 69902 1109 1411
2 68793 900 943
1 67893 1618 826
累計 5205 7269 72%

地銀のアパートローンは警戒感でているので、イーベストも息切れしないことを
願ってます。 

先週は日本管理センター、エリアリンクを少し買い増ししました。
日本株かつ不動産株ばかりなので分散したいのですがなかなか自分好みの会社がなくて、悩ましいところです。

勝つ投資 負けない投資
片山晃
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2015-05-15



片山晃さんの本を読みました。
7年半で65万円を12億とまさに伝説の個人投資家です。ひふみ投信で有名なレオスキャピタルワークスにいたことでも有名な方です。

大株主の会社がこのサイトに出ていました。
株主プロ
http://www.kabupro.jp/edx/E31109.htm

投資先のチャートです。
チャーム・ケア・コーポレーション 大量保有報告2014年11月10日
チャート画像

日本ライフライン 2014年11月13日
チャート画像

パピレス 2015年8月19日
チャート画像

トリケミカル研究所 2016年3月29日
チャート画像

ヒロセ通商 2016年8月10日
チャート画像

どの銘柄も見事ですね!

この本で一番残ったのが共著者の不敗の投資家小松原周さんのパートです。
(111・112Pから抜粋)
学術上は、将来に稼ぐ現金、いわゆるキャッシュフローを、今の価格に割引いた時の価格が「理論価格」になります。過去の実績をバックテストして検証しても、非常に見事としかいいようがないのですが、この計算に基づいて算出された理論価格と実際の株価は、実はほとんどすれません。

同じことを橘玲さんも以前書籍で書いてました。株式の真理なんでしょうね。
そこにゆがみがあるのがこの書籍でもふれてますがフォロワーが少ない中小型株です。プロがいない中小型株はまさにブルーオーシャンかと。

PS
話題の君のの名は家族で見てきました。
面白かったです!
新海監督の他の作品も見てみようと思いました。





 

バフェット関係のブログを見て、ROEはあまり意識してないなと思い持株をチェックしてみました。
数字は前期決算短信からひろってきました。

          前期  前々期  自己資本比率  配当性向
日本商業開発    36%  35%    30%      21%   
日本管理センター    33%  30%    38%   41%
日本駐車場開発      19%  65%       31%      94%
M&Aキャピタル      34%  30%    34%   0%
FPG           48%  26%    23%      36%
エリアリンク      11%  12%    76%    31%
クルーズ        18%  21%    18%     12%
レントラックス       36%  67%      62%   0%
アメイズ       13%  34%    26%     36% 
持株で最高を黒太字、最低を赤太字にしてみました。

バランスがいいのは日本管理センターですね。来期見込みで見ると日本駐車場開発が群を抜いて
いいです。
その逆で一番だめなのがクルーズ。この指標が株価とどう連動するのか、どこかで検証したいです。 

日本駐車場開発および子会社の日本スキー場開発の決算が出たのでメモしておきます。
今冬は暖冬にならないことを祈ります 笑。

売上 181.39億(+6.7%)
営利   19.77億(-23.1%)
利益   12.55億(-64.5%)
EPS  3.72円(-64.7%)
配当  3.50円(+6%) 配当性向94.1%

今期予想
売上 230億(+26.8%)
営利   33億(+66.8%)
利益   21億(+67.3%)
EPS 6.22円(+56%)
配当 3.75円(+7%)  配当性向60.3%

終値130円
PER     21倍
配当利回り 2.88%


前期はスキー場開発が大幅減益でしたので、影響をもろに受けましたが今期は大復活の予想です。
PERも20倍と少し割高ぐらいになりました。
ここは配当性向がすごいです!前期94%で今期も60%。あまり資金を必要とせずに成長する株はいいですね!

日本スキー場開発
売上 55.84億(-5.1%)
営利  1.07億(-88.2%)
利益  -1.17億(前期7.06億)
EPS  -14.63円(前期89.66円)

今期予想
売上 70億(+25.3%)
営利 10.5億(+880%)
利益 6.8億
EPS 85円
PER 18倍 (終値1532円)








  

先月は資金を追加投入してエリアリンク・管理センターを買い増ししました。

8月パフォーマンス     前月比
-2.07
%(前月0.43%)
2016年パフォーマンス   
  -10.63%(前月-9.26%)

 
 
平均取得 年初 8月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 137.99 132.04 150.49 9% 14% 34%
日本商業開発 1567 1782 1624 4% -9% 26%
日本管理センター 1278 1460 1133 -11% -22% 14%
外国株式インデックス 10786 21268 18845 75% -11% 5.6%
米国配当成長株 11594 11882 11244 -3% -5% 3.3%
日本駐車場開発 104 139 130 25% -6% 2.8%
M&Aキャピタル 1785 1835 1984 11% 8% 2.5%
FPG 783 956 927 18% -3% 1.2%
エリアリンク 1240 1141 -8%   1.2%
レンディング・クラブ 13.49 11.05 5.41 -60% -51% 1.0%
クルーズ 2066 2940 2150 4% -27% 0.67%
レントラックス 777 808 584 -25% -28% 0.60%
アメイズ 755 741 -2%   0.2%
      3.9%
ドル   120.48 103.13   -14% 2.4%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます。

■バークシャー・ハサウェイ
年初来で+14%(ドルベース)と持株で一番順調です。円高なのでパフォーマンスへの寄与はないですが、円ドルのバランスのために買い増しはどこかで検討したいです。

■日本商業開発  今期PER6.36倍(EPS255.16) 今期配当利回り3.07%(配当金50円)
第1Qの決算はパッとしなかったですが新たなファンドの組成で仕入れの出口が確定したので、期待したいところです。持株比率が高いので買い増しはしませんが、追加購入したいレベルの価格です。

■日本管理センター今期PER14.81倍(EPS76.48) 今期配当利回り2.82%(配当金32円)
今回の元凶です 苦笑。PER15倍は買った当時(4年ぐらい前)と同じなのと武藤社長の説明を聞いて少し買い増ししました。買値11円下がりました。もう少し買い増し予定です。
管理センターのホルダーの方は必見です!
http://www.irwebcasting.com/20160823/1/f079f5833c/mov/main/index.html
管理戸数の急減も「イーベストへのシフト」「オーナーが強気でサブリースの価格が高止まりだったので」
とのこと。ここにきて景気の先行き不安でオーナーも弱気になってきたのでまた管理物件の営業は攻めにいくそうです。不動産はいろいろ情報集めると弱含みですね。

■日本駐車場開発 今期PER35倍(EPS3.68) 今期配当利回り2.7%(配当金3.5円)
PERで見ると危険水準です。売る気はないですが。

■M&Aキャピタルパートナーズ 今期PER26倍(EPS76.46)
急騰後の急落。レントラックスやFPGの教訓で少し売っておきましたが、買い戻しの予定がないので実際どうなのかは数年後に答え合わせかと。エナフンさんはこういった売買に否定的です。バフェットもやらないのでどうなんでしょうかね。戒めの意味でエナフンさんの記事をリンクしておきます。
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-12175437425.html
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-12175765085.html

■FPG    今期PER10.48倍(EPS88.41) 今期配当利回り3.8%(配当金35.5円)
ここもパッとしないですが、配当利回りから見ると下値ではあるかと。

■エリアリンク 今期PER12.83倍(EPS88.9)今期配当利回り3.4%(配当金39円)

もう少し買い増し予定です。

レンディング・クラブ
謎の急騰です。これだけ悪材料のなか何があったのでしょうか。年初来・買値から見たら頭痛いですがフィンテックの将来を信じてとりあえず持ち続けます。

■クルーズ 前期PER18倍(EPS118.62) 前期配当利回り0.7%(配当金15円) 
さえないです。持株比率下位企業は宝くじ的な感覚ですね。

■レントラックス 今期PER12.3倍(EPS47.45) 今期配当利回り1%(配当金6円)
ついにPER12倍まで下がってきました。人気無いですね。ここもとりあえず放置です。

アメイズ  今期PER17倍(EPS43.55) 今期配当利回り2.7%(配当金20円)
レントラックスに次いで興味を失ってます 笑。

 

リクルートの新規事業は個人的には面白いと思いました。
http://www.recruit.jp/ir/ir_news/20160824_16870.html
中小企業融資 × AI
リクルートの持ってるDBと組み合わせると、すごいことになりそうな予感が。

個人投資家に人気のPCデポがご承知のようにツイッターの炎上で暴落しました。
売り方があおった面も多分にあると思います。お金がからむと人のエゴが思いっきりでますね。

この過程の中で人気投資家ブロガーのすぽさんが、全株を売却しました。
個人的に賞賛させていただきます。
これがいつも出来なくて、損失を拡大させてしまいます。
持株のレンディングクラブも不祥事が出た段階で売っていればここまで損失が大きくなることはありませんでした。

どうして急落局面での売りに大きな抵抗があるのでしょうか。
「失敗を認めたくない」
「人と同じ行動を取りたくない」
「すぐに反転するのでは」
などなどいろんな思いが交錯します。

こういったことがあると必要以上に売られて、復活するのに結構長い時間がかかるように思います。

PCデポもけっして本質的なビジネスモデルが崩壊したとは思えないので、どこで反転するのか経験としてウオッチしていきたいと思います。

不祥事は一度撤退

次はできるように精進したいと思います。






 

オリンピックは始まって見ると、盛り上がりますね。
早朝の錦織選手の試合も汗握る展開で面白かったです。

売上 18.88億 前年比+26.7% 進捗率 24%
営利  1.34億    +11.3%       23%
利益  0.86億    +26.1%               23%
今期EPS 47.45円
今期PER 13.8倍 8月12日終値656円
今期配当利回り  0.9%(6円)
 
株価さえないです。
売上が20%成長しているので、 気長に我慢です。

決算の営利を見て下げを覚悟しましたが、爆騰でしたね。
利益の進捗が高かったからでしょうか。
エリアリンクを買い増ししました。現金も底をついたので、資金追加投入しました。

売上 38.93億(前期比-67.4%)  進捗率 15%
営利    1.75億     (-97%)       4.7%
利益 29.66億           (-21.5%)       67%
EPS   251.78円(今期予想)
PER  6.27倍(8月12日終値1580円)
利回り     3.16%(配当金50円)
時価総額 265.63億
販売用不動産   305億(前期1Q88億 前Q226億)

営利の進捗が4.7%なのに利益の進捗が67%は、何か期待してしまいますね 笑。
販売用不動産もハイペースで積みあがってます。
今回のビッグニュースは地主私募リートの設立でしょうか。5年で1000億を目指すとのこと。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1394735
資金集まれば。販売用不動産が一気に掃けますね。
エリアリンクの社長は市況が頭打ちとの見方をしていますので、手放しでは喜べないです。
http://www.irwebcasting.com/20160802/6/ca0c953617/mov/main/index.html
地主私募リートの物件契約が下期なので、年内はあまり期待せずじっと我慢です。

PS
娘がポケモンGOを始めたら、自宅だけで15匹つかまえたとのこと。凄いことのような気がしますがどうなんでしょうか。






 

FPGを少し追加購入しました。買った後だだ下がりでしたが 苦笑。
日経新聞の業績ニュースを見ると、輸出企業を中心に業績悪化ばかり並べてますね。
内需企業はどうなんでしょうか。

クルーズの決算、前期の4Qから決算上向きで今期は期待大です。
決算予想を出していないので進捗率は前期決算を100として計算してます。

売上 77.99億(+52.8%) 進捗率28%
営利   7.75億(+381.7%)     31%  
利益   5.41億(+522.3%)     35%
PER 前期PER倍16.36倍(EPS118.62) 終値1941円


アパレルECのショップリストが絶好調のようです。
ゲームの戦略で「ホームラン狙い」は笑えますね。
http://crooz.co.jp/wp-content/uploads/2016/08/331fc635673b11fcb177d0afd298ffa9.pdf

前四半期も利益6.3億なので、通期で20億と皮算用するとPER12,3倍まで下がる計算になります。

日本商業開発でこんな記事見つけました。
仕込み好調のようです。ここもずっと我慢です。

南青山で建設中の結婚式場の底地、日本商業開発が取得


 

昨日の下げもきつかったですね。
FPGもあっという間の900円割れです。
PER10倍なのに、進捗率75%ではだめなんですね。

         前年比    進捗率
売上146.9億(+21%)    (75.8%)
営利 94.7億(+10.5%)   (75.5%)
利益 61.7億(+11.8%)   (76.8%)
組成    3191億(+55.6%)  (88.7%)
販売      815億(+16.9%)  (73.1%)
PER   10倍
(EPS88.41) 終値886円
配当利回り 4%
(配当金35.5円) 

配当利回り4%で今月権利確定なので、追加行こうか検討中です。
なちゅさんも余剰資金はFPGで運用しているそうです。
http://ameblo.jp/mtr-cyberbranch/entry-12186372775.html

持ってる銘柄ほぼどれも自分が考える企業価値よりも安いので、ちょっと売却候補ないので
資金追加投入ですかね。

 

エリアリンクを追加購入しました。
FPGの下げはきついですね。
上方修正を発表したM&Aキャピタルパートナーズの第3Qの決算です。

売上22.06億(+6.7%)  進捗率60%
営利10.14億(ー10.4%)     56%
利益  5.9億 (-3.3%)      55%
成約数  40件(+17.6%)
コンサル数 39名(+30%)
今期PER29倍 (今期EPS76.46円) (終値2236円)


PER的には妥当ですね。
市況良ければ35倍は期待できるところですが 笑。

外食産業のように出店すれば(M&Aの場合はコンサル増やせば)売上が比例して上がるのがいつまで続くかが、読みどころですね。
先日上場した同業のストライクも星野や東京で話題の大手町フィナンシャルシティグランキューブに移転です。業界的には絶好調です。
 

↑このページのトップヘ