しんちゃんの投資備忘録

投資が何よりも大好きです。投資対象は上場株式、不動産(国内・海外)、未公開株、クラウドファウンディング、中古商品などなど。 投資に関しての雑感、情報を中心に日々興味あることも合わせて書いていこうと思ってます。

前から行ってみたかったCESに初めてきました。
写真はパナソニックのブースです。

IMG_0342
車の展示が多く、家電ショーならぬモーターショーのようでした。
車の家電化が加速すると、半導体の需要は凄いことになりそうです。

この時期ラスベガスのホテルはバカ高く、普段は2万円ぐらの客室がこの時期は7万円ぐらになります。あんまり高いのでAIRBで一軒屋を借りました。写真はお借りした家の鍵の写真です。
日本も民泊が解禁されたらこういったキーがかなり売れそうですね。

IMG_0300
せっかくラスベガスに行ったので、ついでにアマゾンに1000億円で買収された靴の通販のザッポスに会社見学をしてきました。
IMG_0332

アマゾンとは全く接点がないそうです。ある意味ベゾスからすると多様性の象徴としてなんですかね。

海外に行く度に日本が遅れていることを痛感します。日本株よりも海外株のほうが超お宝株はたくさん眠ってそうですね。


今年もよろしくお願いします。
毎年恒例の持ち株の高値安値を調べてみました。

バークシャー・ハサウェイ(12月決算)
最安値 最高値 変化率
2016 2 123.55 12 167.25 35%
2017 1 158.61 12 200.50 26%
年始に最安値つけて年末に最高値と理想的な形ですね。
基本老後の資産防衛の意味合い強いので、気長に見守りたいと思います。

※EPSは株価直近の今期予想を入れてます。
日本商業開発(3月決算)
最安値 PER EPS 最高値 PER EPS 変化率
2016 1 1363 6.69 203.86 4 2239 8.77 255.16 64%
2017 4 1591 19.94 79.78 2 2089 8.19 255.16 31%
今年は振れ幅意外と小さかったですね。あの驚愕の決算前に最安値をつけているので、投資家は警戒してたということですね。決算前に買った自分の愚かさをあらためて認識しました 苦笑。

M&Aキャピタルパートナーズ(9月決算)
最安値 PER EPS 最高値 PER EPS 変化率
2016 2 1448 23.63 61.26 12 3070 34.14 89.93 112%
2017 1 3075 34.19 89.93 10 7950 47.96 165.76 159%
バークシャーと同じく年始に最安値で年末にかけて最高値と理想的です。PER的にもM&Aセンターとの比較でみると適正ですね。

日本M&Aセンター
最安値 PER EPS 最高値 PER EPS 変化率
2016 2 2150 38.92 55.24 6 3565 52.93 67.35 66%
2017 1 3185 47.29 67.35 10 5740 67.83 84.62 80%
最高値の67倍はちょっと行き過ぎですね。

エムケイシステム(3月決算)
最安値 PER EPS 最高値 PER EPS 変化率
2016 2 1029 13.57 75.80 1 2110 27.84 75.80 105%
2017 4 1490 13.81 107.89 12 2569 23.81 107.89 72%
すぽさんは割安と評価してますね。来期決算予想によってはPER30倍以上も確かにありえますね。第3Qの決算を見て追加投資を検討してみようと思います。

今年は大きな調整あるかも知れません。
新銘柄の発掘も2つくらいはしたいですね。

今年もよろしくお願いします。



12月パフォーマンス     前月比3.14%(前月2.11%)
2017年パフォーマンス 
8.59%(2016年11.37%

この絶好調の相場でお恥ずかしい限りです。前半の数字を考えれば良しとしないといけないですね。
超大型株のバークシャーに救われました。このブログを始めて3年連続で10%前後と、今さらですがバフェットの長期での20%の偉大さが身にしみます。

平均取得 年初 12月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 140.29 163 199.12 42% 22% 47%
日本商業開発 1593 2004 1722 8% -14% 27%
エムケイシステム 2059 2313 12% 9%
M&Aキャピタル 1785 3200 7370 313% 130% 4%
日本M&Aセンター 3216 3250 5370 67% 65% 2%
日本管理センター 537 1301 1637 205% 26% 0.9%
FPG 471 1009 1369 191% 36% 0.8%
クルーズ 3525 2749 2480 -30% -10% 0.2%
日本駐車場開発 138 166 192 39% 16% 0.1%
8.7%
ドル 116.72 112.8 -3% 0.3%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます。
■バークシャー・ハサウェイ    前期PER26.4倍 前期PBR1.6倍
今年はこの超大型株に救われました。本来はディフェンシブの意味で保有してましたが、そのあたりがバブルの様相なのかも知れません。

■日本商業開発  PER21.58倍(79.78) 配当利回り3.2%(55)
年初来-14%では 泣。まさかの大幅減益予想ではありましたが、冷静に考えれば予期できていたでしょう。
経験値を上げてもらったという意味では感謝かと 苦笑。来年5月の決算発表が来期の利回りのひとつの大きな山場ですね。

■エムケイシステム PER21.44倍(107.89)配当利回り0.91%(21)
今期一番新規で投資した銘柄です。買っても買っても下がるので、本来であれば仕込み中の下落が大歓迎のはずですがその辺がメンタル含めまだまだですね。

■M&Aキャピタルパートナーズ PER44.46倍(165.76)
今期2.3倍と一番のパフォーマンスでした。持ち株比率低いので貢献度は小さいですが、テンバガー狙えそうなのでしっかり持ち続けようと思います。

■日本M&Aセンター PER38.18倍(140.63) 配当利回り0.63%(34)
M&Aキャピタルと株価はいい勝負でしたが、ここにきて差がついてきました。M&A業界の未来は明るいので、この2銘柄の株価のデッドレースを来年も見守っていければと。

下記4銘柄はNISA枠でのみの保有です。
■日本管理
センター PER17.88倍(EPS91.52) 配当利回り2.26%(37)
■FPG    PER11.96倍(EPS114.45) 配当利回り3.6%(49.25)
■クルーズ 前期PER9.21倍(前期269.05) 前期配当利回り0.6%(前期15)
■日本駐車場開発 PER34.04倍(EPS5.64) 配当利回り1.95%(3.75)
2014年に投資した銘柄が来年末で5年満期です。売らなくてはいけないのかと思って調べてみたら、口座変更できるみたいで移した時の時価が取得価格になるようです。
自分のメモリーとしてNISAで購入した株は、口座変更後もよっぽど業績悪くない限りは保有し続けようと思います。





11月パフォーマンス   2.11%
年間パフォーマンス     .13
先月はクルーズおよびもともと短期目的だったパークシャーテクノロジーをNISA分のみ残して全て売却しました。
商業開発の低迷でしょぼい成績ですが、気長に頑張りたいと思います。

11月末
平均取得 年初 11月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 140.29 163 193.01 38% 18% 46%
日本商業開発 1593 2004 1657 4% -17% 26%
エムケイシステム 2059 2281 11% 9%
M&Aキャピタル 1785 3200 7040 294% 120% 4%
日本M&Aセンター 3216 3250 5610 74% 73% 2%
日本管理センター 537 1301 1519 183% 17% 0.9%
FPG 471 1009 1383 194% 37% 0.8%
クルーズ 3525 2749 2491 -29% -9% 0.2%
日本駐車場開発 138 166 165 20% -1% 0.1%
12%
ドル 116.72 112.13 -4% 0%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます

■バークシャー・ハサウェイ    前期PER25.1倍 前期PBR1.5倍
相次ぐハリケーンの襲来で保険事業がかなり足をひっぱりましたが、年初来18%アップと株価は驚くほど順調です。減税の法案次第ではまだまだ伸びしろあるかと 笑。
こちらに最近買い増ししたリストがでています。このサイトはおすすめです。
https://www.stockclip.net/notes/1969

■日本商業開発  PER20.77倍(79.78) 配当利回り3.3%(55)
販売のリリースで大きいのが2件、第3Qは期待したいところです。地主リートの資金集めも順調で何よりです。

■エムケイシステム PER21.14倍(107.89)配当利回り0.92%(21)
上方修正待ちですね。株価もいい感じです。

■M&Aキャピタルパートナーズ PER42.47倍(165.76)
■日本M&Aセンター PER39.89倍(140.63) 配当利回り0.6%(34)
M&Aキャピタルの暴騰ぶりがすごいです。PERもM&Aセンター超えましたね。株価の大きな調整あれば買い増ししたい2銘柄です。

下記4銘柄はNISA枠でのみの保有です。
■日本管理
センター PER16.59倍(EPS91.52) 配当利回り2.43%(37)
■FPG    PER12.08倍(EPS114.45) 配当利回り3.56%(49.25)
■クルーズ 前期PER9.25倍(前期269.05) 前期配当利回り0.6%(前期15)
■日本駐車場開発 PER29.25倍(EPS5.64) 配当利回り2.27%(3.75)
クルーズが売却後の上げ、毎度のことで泣けますね 苦笑。

NISA分抜いての主力株が5銘柄となり、銘柄数としては理想かも知れません。 




IMG_0212
写真は三井不動産も参画しているニューヨークのハドソン川沿いの再開発の工事現場です。
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2017/0901/index.html
ニューヨークは大企業がハドソン川沿いにどんどん移転しているそうです。
日本でいえば新宿・渋谷から港・中央にというイメージでしょうか。

対岸のニュージャージー州もその流れ(フェリーで10分くらい)とトランプ大統領イバンカさんの娘婿のクシュナさんが中心となってどんどん開発が進んでいました。もともと大手ディベロッパーの御曹司だそうです。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/03/post-7267.php

最近もテレビでカナダのトロントやオーストラリアのシドニーで家賃が高騰して大問題になっているとのニュースがありましたが、NYも同じでどんどん家賃が上がっていて周辺にまで波及しているそうです。
不動産価格の高騰だけであればバブルの懸念も感じますが、家賃の高騰となると実需を伴うのでまだまだ予断を許さないかと。労働の都市化はいくらネット社会といっても当面関係なさそうです。

米国の住宅不動産の投資のポイントは学校区だそうです。教育にいとめをつけないのは万国共通ですね。
12月の会計検査院の会議でどんな改正案が出てくるか、海外不動産投資を検討している方はきがきではないですね。
https://www.kenbiya.com/column/zei/25/




12月のIMG_0214





クルーズ第2Q決算です。
売上 118.33億  -25%

営利   4.31億  -71%
利益   2.20億  -79%

ショップリスト事業
売上  101億  +9%
利益    5億  +31%

昨日全株(NISAのみ継続)売却しました。
https://crooz.co.jp/wp-content/uploads/2017/11/6d0759e181383bb380c5de683d050e40-2.pdf
理由は
・ショップリスト事業の成長率鈍化および大型投資
・アピールポイントの違和感(オフィスコスト削減・新規事業・M&A)

ショップリスト事業の収益性と新規事業の立ち上げにかなり時間と資金がかかりそうですね。

このブログを始めてから一番損した銘柄ですね。
ついつい今までは損失を確定するのが苦手で塩漬けする傾向にあったのですが、含み損をみるたびに精神衛生的にもよくないですし、決算読んでわくわくする銘柄のみ保有し続けたいと思います。
この教訓を次に生かしていきたいですね。



先日のパークシャーテクノロジーの決算と昨日のクルーズの決算を見て両銘柄とも決算翌日(クルーズは本日)持ち株を全株(クルーズのみNISA分は除く)売却しました。
おってブログで決算発表考察を書いておきます。

ポートフォリオ2位の日本商業開発第2Qの決算。
在庫に対する販売率4%なので第4Qの地主リートへのブレイクの序章と期待したいところです 笑

           前期比    進捗率
売上 54.36億 
-43%   17%
経常 
ー2.46億(20.2億 )    
利益 
-2.02億(41.5億) 
EPS 78.37円
PER 20.77倍(11月14日終値1628円)

販売用不動産 465億 +149億 前期比+26%  
負債     491億 +122億    +25%
販売管理費  14.8億 +1.47億     +10%


売上 販売在庫 販売率 粗利率
18.2Q 19 465 4% 50%
18.1Q 34 368 9% 23%
17.4Q 146 316 46% 26%
17.3Q 24 354 41% 38%
17.2Q 57 292 8% 39%
17.1Q 39 306 19% 21%
16.4Q 31 226 17% 29%
16.3Q 21 163 19% 11%
16.2Q 2 134 16% 63%
16.1Q 119 88 2% 52%

こんなニュースもありました。
フィデリティ、
日本商業開発を 1.15%保有減(→ 3.85%)




         前年比  進捗率
売上 9.24億  +71%  46%
営利 2.02億  +28%  44%
利益 1.30億  +21%  44%

単独の社労夢事業の数字
売上 6.57億  +22%
営利 2.17億  +36%

第1Qの進捗率がかなり悪かったので少し心配しましたが、一気に取り返しましたね。
下期偏重とのことなので、そうなると上方修正も必至ですね 笑。

買い増し検討しようかな。



10月パフォーマンス   3.41%
年間パフォーマンス    2.79

この大相場に情けない限りですが、やっとプラスなので素直に喜びたいと自分に言い聞かせてます 笑。
最近投資熱も冷めぎみで買いたい銘柄も出てこないですが、勝負する銘柄がふってくるまではのんびり行こうかと思います。

10月末
平均取得 年初 10月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 140.29 163 186.94 33% 15% 43%
日本商業開発 1593 2004 1670 5% -17% 25%
エムケイシステム 2059 2143 4% 8%
クルーズ 3209 2749 2546 -21% -7% 4%
M&Aキャピタル 1785 3200 5930 232% 85% 3%
日本M&Aセンター 3216 3250 5410 68% 66% 2%
パークシャーテクノロジー 7364 12750 73% 1.7%
日本管理センター 537 1301 1525 184% 17% 0.9%
FPG 471 1009 1310 178% 30% 0.7%
日本駐車場開発 138 166 166 20% 0% 0.1%
10.6%
ドル 116.72 113.96 -2.4% 0.0%

※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます

■バークシャー・ハサウェイ    前期PER21.1倍 前期PBR1.5倍
買い損ねたエヌビディアと登録銘柄として並べてるので、株価並ばれ絶賛引き離されてるのを見て毎日複雑な心境です 苦笑。トランプ減税の恩恵が大きな銘柄なので上げているんでしょうね。

■日本商業開発  PER20.93倍(79.78) 配当利回り3.29%(55)

今期のA級戦犯です。11月の上期決算も期待せず見守る予定です。世界的にも不動産高なのと都市部の底堅さが引き続き堅調そうなので気長に好決算を待ってます。

■エムケイシステム PER19.86倍(107.89)配当利回り0.98%(21)
じりじり上げてきました。上期決算が11月8日ですが下期偏重の予算組みなのであまり期待できないですね。

■クルーズ 前期PER9.46倍(前期269.05) 前期配当利回り0.59%(前期15)
今期のB級戦犯です。唯一買値を下回っているので余計気になります 苦笑。11月13日に上期決算発表のようです。
絶好調のZOZOタウンとの勢いの差は否めないですが小渕社長の手腕に期待したいところです。

■M&Aキャピタルパートナーズ PER35.77倍(165.76)
■日本M&Aセンター PER65倍(63.93) 配当利回り0.63%(34)
この2銘柄の株価のデッドヒートはM&Aキャピタルがここにきて勢いついてきましたね。M&Aキャピタルの来期決算予想も想像どおり増収減益でしたが思いのほか微減だったのが好感されたのかも知れません。どちらにしても業界としては絶好調なので両銘柄とも上方修正必至かと。両銘柄あわせて比率5%なのは本当に痛かったですね。

■パークシャーテクノロジー PER593倍(21.47)
時価総額1580億はすでにチューリップバブルを超えているかと 笑。11月中旬の決算発表までは一進一退ですね。全部持ち越すか半分売るか悩ましいところです。もともとゲーム感覚で買った株ですし投下資金もそれほどでもないので決算待ちしようかと思案中です。

下記3銘柄はNISA枠でのみの保有です。
■日本管理
センター PER16.66倍(EPS91.52) 配当利回り2.42%(37)
■FPG    PER11.44倍(EPS114.45) 配当利回り3.28%(43円)
■日本駐車場開発 PER29.43倍(EPS5.64) 配当利回り2.26%(3.75円)
FPGは好決算および高配当続きますが、本当に株価は動かないですね。不動産・保険と新規事業もじょじょに結果がついてきているので景気連動株としてはまた面白い相場が始まるかも知れないですね。



レコフのM&Aの反動でやっぱり減益予想でしたね。
個人的には減益幅小さく上方修正の常連なので、月曜はそんなに下げないのではと希望的観測を持ってます 笑。

売上 83.37億(+222%)
営利 36.56億(+196%)
利益    26.03 億(+268%)
EPS 178,69円(+230%)    

今期予想
売上 86.67億(+4.0%)
営利 38.75億(+6.0%)
利益 25.76億(ー1.0%)
EPS165.76円(ー7.3%)

終値 5780円(2017年10月27日)
PER 34.88倍(今期予想)

M&A市場はまだまだ序の口だと思っているのでとんでもない大企業になる可能性もあるし、まだ見ぬすごい企業が出てくる可能性もあると期待してます。

ブログの更新が持ち株の決算発表が少ないと滞りがちなので、旅行やレストランなどの記事で頻度をあげようかと思いましたが、投資ブログとしては不適切かと悩み中です 笑。
今週末は水戸にバスケットボールb2の茨城ロボッツの試合を見てきました。初めてのバスケット観戦でしたが日本でもかなり流行りそうだと思いました、


9月パフォーマンス   0.30%
年間パフォーマンス  ー0.53
平均取得 年初 9月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 140.29 163 183.32 31% 12% 44%
日本商業開発 1593 2004 1719 8% -14% 27%
エムケイシステム 2059 2087 1% 8%
クルーズ 3209 2749 2360 -26% -14% 4%
M&Aキャピタル 1785 3200 5590 213% 75% 3%
日本M&Aセンター 3216 3250 5500 71% 69% 2.3%
パークシャーテクノロジー 7364 9350 27% 1.3%
日本管理センター 537 1301 1537 186% 18% 0.9%
FPG 471 1009 1249 165% 24% 0.7%
日本駐車場開発 138 166 166 20% 0% 0.1%
9%
ドル 116.72 112.71 -3% 0.02%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます

■バークシャー・ハサウェイ    前期PER20.7倍 前期PBR1.5倍

トランプ大統領の減税の恩恵大きいので、円安と合わせてまだまだ上値あるかなと。
■日本商業開発  PER21.54倍(79.78) 配当利回り3.2%(55)
今年のA級戦犯ですが、来春まで夢見てます。
■エムケイシステム PER19.34倍(107.89)配当利回り1%(21)
下げてもびびって買えず、日経ヴェリタス効果かその後じりじり上がってしまいました。
■クルーズ 前期PER8.77倍(前期269.05) 前期配当利回り0.64%(前期15)
タワー投資顧問が先月に続いて買い増ししてます。 
1.01%保有増(→14.83%)
■M&Aキャピタルパートナーズ PER36.75倍(140.63)
■日本M&Aセンター PER65倍(84.62) 配当利回り0.62%(34)
2社とも順調です。基本セットで長く保有する予定です。
■パークシャーテクノロジー PER435倍(21.47)
第3Qですでに通期達成しているので、上方修正必至かと。来期予想期待で15000円も夢ではないかと。
初日の5000円割れでびびって買えなかったのがつくづく悔やまれます 苦笑。

下記3銘柄はNISA枠でのみの保有です。
■日本管理
センター PER16.8倍(EPS91.52) 配当利回り2.4%(37)
■FPG    PER12.28倍(EPS101.66) 配当利回り2.97%(37.15円)
■日本駐車場開発 PER29.78倍(EPS5.64) 配当利回り2.23%(3.75円)

パークシャーテクノロジーはたらればですが初値で買う気満々でしたが、5000円割れの板見てびびってしまって
初日にいけず2日目にいったのは本当に悔やまれます。エヌビディアしかり売買は板見ずに指値で
ほうっておくのが一番だとつくづく思った先月でした。

今年もあと3ヶ月、のんびり頑張りたいと思います。


最近は持ち株の決算発表もなく、ブログ更新ごぶさたになってました。
M&AセンターとM&Aキャピタルの株価も一進一退とすごいデットヒートになってきました。

その2社の比較をした良記事があったので共有させていただきます。

中小企業向けM&A仲介専業会社を比較(日本M&Aセンター・ストライク・M&Aキャピタルパートナーズ)

M&A業界は今の10倍以上の市場になるのは間違いないですね。

いっとき熱くなって投資をしていたエムケイシステムのレポートもあったので合わせて紹介させていただきます。
http://column.ifis.co.jp/wp-content/uploads/2017/08/3910170825.pdf
日経ヴェリタスの記事が効いてるのか、最近じりじり上がってきましたね。

公募でもらったAIベンチャーのパークシャー(このブログの運用金とは別で)を本日場で少し買いました(ブログの運用金で)。
僕としては多分初めての短期投資です。どうなることやら 苦笑。

8月パフォーマンス   0.39%
年間パフォーマンス  ー0.76

平均取得 年初 8月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 140.29 163 181.16 29% 11.1% 42%
日本商業開発 1593 2004 1702 7% -15.1% 26%
エムケイシステム 2059 1920 -7% 7.0%
クルーズ 3209 2749 2340 -27% -14.9% 4%
M&Aキャピタル 1785 3200 5170 190% 61.6% 3%
日本M&Aセンター 3216 3250 5090 58% 56.6% 2%
日本管理センター 537 1301 1574 193% 21.0% 0.9%
FPG 471 1009 1213 158% 20.2% 0.7%
日本駐車場開発 138 166 166 20% 0.0% 0.1%
13%
ドル 116.72 110.56 -5.3% 0.02%

■バークシャー・ハサウェイ    前期PER20.4倍 前期PBR1.5倍
バークシャーに救われた月間でした。

■日本商業開発  PER21.33倍(79.78) 配当利回り3.23%(55)
株価は一進一退ですね。本決算発表まで気長に待ちます。

■エムケイシステム PER17.8倍(107.89)配当利回り1.1(21)
もう少し下がれば買い増し検討したいです。

■クルーズ 前期PER8.69倍(前期269.05) 前期配当利回り0.64%(前期15)
タワー投資顧問が舞い増ししてますね。
2138 クルーズ    保有割合 提出者:タワー投資顧問                               12.80%(+1.08%)

■M&Aキャピタルパートナーズ PER36.76倍(140.63)
■日本M&Aセンター PER60.15倍(84.62) 配当利回り0.67%(34)
この2社の株価が急接近です。M&A業界相変わらず絶好調です。

下記3銘柄はNISA枠でのみの保有です。
■日本管理
センター PER17.2倍(EPS91.52) 配当利回り2.35%(37)
■FPG    PER11.93倍(EPS101.66) 配当利回り3.06%(37.15円)
■日本駐車場開発 PER29.43倍(EPS5.64) 配当利回り2.26%(3.75円)

先日マレーシアに行ってきました。


IMG_0061
IMG_0062

3年前に買った物件が完成とのことで見にいってきました。
写真は上が実物で下が街区全体の模型です。

マレーシア通貨のリンギット安(原油安の影響だそうです)で今のところ儲けは全くないですが、
ほとんどファイナンスで購入したので売却しないのであればリンギット安はまあそこまで悪くないなと自分に言い聞かせてます 苦笑。

去年から噂のある海外不動産を使った節税が、どうやら規制が入るようです。
https://www.kenbiya.com/column/zei/25/
海外不動産での節税スキームは下記が参考になります。
http://www.foreland-realty.com/?page_id=1175752
検討されている方は今年がラストチャンスかも知れませんね。

米国は日本のようにがんがん建て替えることはなく、古い建物をひたすらリノベーションして使い続けます。あれだけ家賃が急騰しているシリコンバレーでも建築現場はほとんどありませんでした。
シドニーも家賃急騰ですごいことになっているそうです。
http://jp.reuters.com/article/homeless-idJPKCN0W907P

先日も港区のタワーマンションに住んでる友人が8%の家賃値上げを言われて困ってるとのことでした。港区のタワマンの賃貸物件は少し過熱しているようです。

東証RIET指数
東証REIT指数

直近結構下げてますが、反転するかも知れません。
日本商業開発のホルダーとしては利回りの低下は大歓迎です 笑。









生涯投資家
村上 世彰
文藝春秋
2017-06-21


 面白かったです。
言動・行動でかなり誤解を受けるキャラクターだとは思いますが、ポリシーをもって投資をしていたことはこの本を読んであらためて思いました。

東京スタイルの高野社長のくだり(大株主に会おうともしないし会っても敵対的な態度)は上場企業の風上にもおけないひどい態度だと、思わず憤慨しました 笑

ほとんど株式を持たない生え抜きのサラリーマン経営者が株主を軽視するのはガバナンスがない環境ではむしろあたり前で(そうするインセンティブが全くない)、村上さんの主張するガバナンスも大事ですが、経営陣が株主と近いポジションとなる米国型の仕組みのほうが行き過ぎはあるにせよ良い仕組みだと思います。

あらためて自分の持ち株を見るとバークシャーを筆頭にオーナー経営者ばかりでした。

村上さんのお父さんの教えである「株は上がったら買う、下がったら売る」は新高根投資法にも通じる格言だと思います。
日本商業開発の投資を考えると2000円を超えたあたりから投資を始めるのが正しいでしょうね。わかってても出来ないですが 苦笑。




日本商業開発第1Q
         前期比  進捗率
売上 34.66億 -11%  11%
経常  2.75億 -4.2%      13%
利益  1.83億 -93.8% 13%


全くサプライズの無い決算でした。4Q偏重とのことなので、気長に待ちたいと思います。

販売用不動産 368億 +52億 前期比+16%
負債     411億 +42億    +11%
販売管理費  6.79億 +0.52億   +8%

販売用不動産の仕入れも順調です。底地ビジネス市場も決算説明書を見るとかなり広がりを
見せています。
予想減益要因である採用も販売管理費の伸びを見てみると順調のようです。

松山凄いですね!朝早く起きてテレビに釘付けです。
明日が待ち遠しいですね。


昨日は下落率JASDAQ1位でしたね。今年は日本商業開発といい流れが悪いようです。
買い損ねたエヌビディアも急騰しているし、ふんだりけったりですね。

売上 61.59億  -21%
営利  2.93億  -62%
利益  1.74億  -68%

ショップリスト事業
売上  52.4億  +16%
利益   2.6億  +72%
インターネットコンテンツ(ゲーム)事業
売上   8.2億  ー75%
利益   1.6億  ー75% 

ゲーム事業の数字が譲渡あったとはいえ、ここまで悪いと厳しいですね。
ショップリストは高い成長ではありますが、いかんせんサイズがまだ小さいので決算へのインパクトが。

エムケイシステムや日本商業開発の時もそうですが、持ち株をひいき目に見てしまい決算前に仕込まねばという下心満載で痛い目に見ているので、決算後に短信をチェックして買う癖を身につけておくようにしたいと思います。

クルーズはざっくりですが通期利益10億とすると、昨日の時価総額が293億なのでまだまだ買える水準ではないですね。




クルーズ大暴落でしたね。買い増ししてなくてよかったです 苦笑。
決算見てどの辺だったら買いか検討してみます。
エムケイシステムは思いのほか下がらなかったですね。
少し買い増ししました。

エムケイシステム第1Q決算
前年比は前期が単独で今期が連結なので短信には表記なかったので、前期の単独の数字を参考に付記しておきます。
          前年比  進捗率
売上 3.95億  +50%  19%
営利 0.45億  -37%  10%
利益 0.33億  -30%  11%

単独の社労夢事業の数字
売上 3.16億  +20%
営利 0.92億  +30%

CUBE事業がマイナス4780万あるので、連結では前年割れしてます。

受託の部分が下期偏重とあり通期の変更がないので、進捗率と前年比で当面株価軟調かと
思いますが、気長に見て行きたいと思います。






7月パフォーマンス 2.5%
年間パフォーマンス    ー1.01

やっと年初来まで戻してきました。この好調相場で恥ずかしい限りです 苦笑。

平均取得 年初 7月末 取得来 年初来 比率
バークシャー・ハサウェイ 140.29 163 174.94 25% 7.3% 41%
日本商業開発 1593 2004 1720 8% -14.2% 27%
エムケイシステム 2087 2027 -3% 6.4%
クルーズ 3209 2749 2875 -10% 4.6% 5%
M&Aキャピタル 1785 3200 5020 181% 56.9% 3%
日本M&Aセンター 3216 3250 4425 38% 36.2% 2%
日本管理センター 537 1301 1473 174% 13.2% 0.9%
FPG 471 1009 1249 165% 23.8% 0.7%
日本駐車場開発 138 166 165 20% -0.6% 0.1%
15%
ドル 116.72 110.57 -5.3% 0.02%
※米国株はパフォーマンスは円計算ですが、騰落率はドルベースで計算してます

■バークシャー・ハサウェイ    前期PER19倍 前期PBR1.5倍
トランプ相場でつけた最高値に近づいてきました。

■日本商業開発  PER21.55倍(79.78) 配当利回り3.2%(55)
じりじり上がってきました。8月10日の第1Qの発表、期待せずに見守りたいと思います。

■エムケイシステム PER18.78倍(107.89)配当利回り1.03(21)
少しづつ買い増して持ち株3位まできました。今週金曜日に第1Qの発表があります。
発表後の株価を見て、追加購入を検討しようかと思います。これだけ人手不足だと少しでも省力化につながる投資は加速すると思うんですけどね。

■クルーズ 前期PER10.68倍(前期269.05) 前期配当利回り0.52%(前期15)
こちらも8月4日に第1Qの発表があります。ZOZOの超絶決算に続いて欲しいところです。
SHOPLISTとメルカリの対談集です。ホルダーは必見です。
https://industry-co-creation.com/digest/20052

■M&Aキャピタルパートナーズ PER35.7倍(140.63)
第3Qの決算発表で急落しましたね。Q毎に営利が下がっているのでレコフの相乗効果が見込めないとの判断でしょうか。同業と比べて上方修正した場合のPERはかなり魅力的だと思うのですが。ZOZOではないですがM&A業界はこれからさらなる市場拡大に行くと思うので、売却しようかと画策していましたが、当面保有することにしました。

■日本M&Aセンター PER52.29倍(84.62) 配当利回り0.76%(34)
前期に続き半期の上方修正なので、通期も必至かと。○○ショックが来れば真っ先に買い増ししたい銘柄です。

下記3銘柄はNISA枠でのみの保有です。
■日本管理
センター PER16.09倍(EPS91.52) 配当利回り2.59%(37)
管理戸数の伸びが大幅鈍化の中での株価続伸、不思議です。
■FPG    PER12.28倍(EPS101.66) 配当利回り2.97%(37.15円)
上方修正した関係なのか、こちらもじりじり上がってきました。
■日本駐車場開発 PER29.25倍(EPS5.64) 配当利回り2.27%(3.75円)




M&Aキャピタルパートナーズ第3Q              
売上66.44億   進捗率85%
営利30.74億      97%
経常30.31                          97%
利益20.99億      104%
終値(7月28日)5380円 今期PER38倍(今期EPS140.63)


Q単体推移をメモしておきます。
1Q 営利1284  利益899
2Q   1046    659
3Q   744     541

上方修正は必至かと思いますが、毎Q数字が下がっているのが気になりますね。
株価もその辺織り込んでの同業より低いPERなのかも知れません。

↑このページのトップヘ